Jリーグ第7節ホーム名古屋戦 ペトロもやるじゃないか

観戦記
04 /24 2011
いかん、・・・幸せ過ぎる。
家の中で大宴会中だわ。

山形との練習試合の段階でも、
オフェンスは急速に整理されている感はあったのですが、
ディフェンスも一本筋が入ってきたというか。

まずは、レギュラーを絞り込んで、短期間に連携を高めるのは、
オフトジャパンでもやっていたことではあります。
日程がきつくなるまでには、控えの底上げも必要ですが、
とりあえず、リーグ再開にうまく合わせてきたようです。

ペトロもやるじゃないか。

この試合、埼スタに集まったのは42,767人でしたが、
それでも、リーグ再開を待ちわびたサポーターの熱気は、
スタ全体に十分に広がっていました。
試合前の北の待機列がはけるのに1時間以上費やしていましたし。
最近にしては珍しいことです。

相手は昨年のチャンピオン。落武者さんの埼スタ復帰戦。
久々の赤白黒のビジュアル。開幕戦落として、負けられない2戦目。
モチーベーション上げる材料には事欠きません。

今日は北の声、迫力あったんじゃないですかね。
名古屋にいいプレッシャーかけられたと思います。

20110424a.jpg 20110424b.jpg
20110424c.jpg 20110424d.jpg

立ち上がりから浦和の攻勢。
無駄なつなぎが減り、シンプルにゴールをめざすので、
楢崎も怖かったんじゃないですかね。

達也のシュートのこぼれ球を、マルシオが蹴り込み先制。
マルシオが抉り、高速マイナスグランダーを達也が蹴り込み追加点。
もう、祭りですわ。

落武者さんは、前半痛んだ姿が嘘臭かったので大ブーイング。
その後もボール持つたび、大ブーイング。
南にいたせいか、山瀬や土屋ほどではないな、と思ってましたが、
ロングフィード2発吹かしてからは、やる気のないショートパスに終始、
簡単に、心が折れてしまったようです。
徘徊はしていましたが、大作戦する機会もありませんでしたし。
暢久の20分の1程度だな、ブーイング耐性。

永井のスピードは大したものでしたが、今日は峻希が良すぎました。
振り切られる場面もありましたが、よく食らいついて互角に渡り合い、
洒落たドリブル突破を見せたり、機を見て前線にも殴り込んだり。

金崎が消えてたのは、ウガの功績かな。
去年はどうしようもなかったケネディも、
うちのツインタワーが自由にさせてませんでした。

リードされてからも、引きすぎることなくゲームをコントロールし、
後半立ち上がりの猛攻も、何とか凌ぎ切りました。
日に日にうちのツインタワーも安定感を増しているようです。

そして、元気の、名古屋DFの一瞬の隙を突いたボール奪取。
単騎、ゴールに突進し、一人で決め切りました。
今日、一番、心に響くゴールでした。さすが、鯱キラー。

そこから繰り出されるマゾ・セルって、いじめだろw。
最高の試合でした。

20110424e.jpg 20110424f.jpg
20110424g.jpg 20110424h.jpg

でも、まだ8位なんだよな。

でも、仙台と水戸が気持ちよく勝利し、
鹿島とガンバと名古屋と、
ついでに瓦斯までもがボコボコにされるなんて、
これ以上の週末はないですな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito