トレーニングマッチ山形戦 快勝なんだが

観戦記
04 /10 2011
このような形で、今年初めて埼玉スタジアムを訪れることになるとは、
思ってもおりませんでした。

僕の中では、寄付だのチャリティだのというのは、
日頃より、サッカーと切り離して考えるたちなもので、
本日は、単純に今の浦和の状況が知りたくて、足を運びました。

3.11以降の件については、色々な思いもありますが、
ここで何かを語る気もないので、スルーさせていただきます。

20110410a.jpg 20110410b.jpg

さて、メインロアーと北スタンドだけにぎっしり客の詰まった、
みょうちくりんな風景の中、天敵山形との練習試合。

試合は3-0の快勝。

今日は、比較的ビルドアップの段階から細かくつなぐシーンが多く、
サイドを基点にじわじわ押し込む、去年に似たスタイルでした。

これまでのペトロのサッカーは、ロングボールを前線に当てて、
ウィングがサイドから単独突破をはかるシーンが多く、展開が速い分、
ボランチから後ろには「後はよろしく」的な空気が漂ってましたが、
今日は、前の4人にSBや柏木との絡みも多かったように思います。

ちょっと特徴的だったのは、スルーがうまくいっていたこと。
スルーする選手がマーカーをひきつけ、
スルー後にリターン受けたり、フリーランニングでスペース作ったりと、
これまであまり得意でなかったこのようなシーンが増えたことは、
攻撃面での連動性が高まりつつあるのかな、とちょっとにやけました。

20110410c.jpg 20110410d.jpg
20110410e.jpg 20110410f.jpg

一方、守備の方は、もうお粗末な感じで、
安心して見ていられる時間帯も、まあまあ長かったわけですが、
前半、後半とも15~30分ぐらいの時間帯で、急に押し込まれ、
全く押し上げられずに決定期を作りまくられていました。

スケールダウンした山形の決定力のなさにも助けられましたが、
ちゃんとしたチームなら、7~8点ぐらい決められていてもおかしくないほど、
浦和の最終ラインのボール処理は危ういものでした。

それは、中盤でのボールホルダーへのチェックが緩んだからかなあ、
なんて考えておりましたが、
最も運動量を求められる、要の中盤の底に君臨していたのが、

や ま だ の ぶ ひ さ で し た か ら 、

まあ、その可能性も否定できないかな、と。

CBのポジションは奪われたわけですが、
ピンチになったら、とっとと2人の間に割って入って、
サイドのケアさせたり、ストッパーさせたりと、
ピッチ上では、実質的にポジション奪い返してましたしw。

暢久がボランチの位置で前向いてくれるのなら、結構楽しみなんだけどな。
どうも、鮮やかなバックパスだけが脳裏に焼きついているもので。

1点目は、元気がドリブルで持ち上がりスルーパス、エジが抜け出し中央へ、
マルシオのシュートはポストに当たりますが、すぐさま右から達也が折り返し、
マルシオのダイビングヘッドはお見事でした。

2点目は、柏木のCKが素晴らしかった。スピラが落として混戦となったところを、
エジが左足?でズドン。

3点目は、途中交代のセルが、右から斜めに重戦車ドリブル、
十分に相手をひきつけたところで左に優しいパス、
それをマゾーラが持ち込み、至近距離からニアにズドン。

背中に抱きついたセルを、非常に重そうに背負うマゾーラを見て、
セルはまだまだ絞り込む必要があるな、と思いました。

気分のいい快勝。
でも、これが名古屋をはじめとする上位チームに果たして通用するのか。

どうも、試合に落ち着きをもたらせられないのは、
ボランチの人材不足によるような気がしてなりません。
まだまだ、ペトロとの冒険は、始まったばかりです。

この日の入場者数 16,200人。
週末にフットボールがある幸せは、きっと噛み締められたよね。

浮間の桜は、満開でしたが、さて、浦和はいつ満開になるのやら・・・。

20110410g.jpg 20110410h.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito