Jリーグ第1節アウェイ神戸戦 二つのミス

観戦記
03 /07 2011
神戸という街は、よく訪れる場所なんですが、
実のところ、サッカー見に来たのは初めてでございまして。

新大阪から、JRの新快速で神戸まで来て、地下鉄に乗り換え。
御崎公園駅を降りると、スタジアムはもう目と鼻の先でした。
今はなき味スタなどでも感じる、適度なスタジアムと駅との距離感。
埼スタなんか、いくら歩いてもたどり着かないから、
蜃気楼だと思って帰っちゃう人もいるぐらいなのに(いないいない)。

0306a.jpg 0306b.jpg
0306c.jpg 0306d.jpg


駅には、開幕戦を知らせるヴィッセルのポスター。
吉田孝行の顔を見るだけで、半分、心が折れてしまうほどのトラウマ。
柏に完膚なきまでに叩きのめされた、清水のあたふたサッカーが、
先日のダービーにおける浦和にちょっと似たところのあったのも不安の種。
さえない曇り空とともに、開幕でありながら浮かない気分。

そもそも、浦和の開幕戦。

2001/03/10 ●0-2名古屋
2002/03/03 ●0-1横浜FM
2003/03/22 ●1-3鹿島
2004/03/13 △1-1横浜FM
2005/03/05 ●0-1鹿島
2006/03/04 △1-1G大阪
2007/03/03 ○2-1横浜C
2008/03/08 ●0-1横浜FM
2009/03/07 ●0-2鹿島
2010/03/06 ●0-2鹿島
J1復帰後1勝2分8敗。
2007年も、伸二の甘い寄せからひょっとこゴールを決められて、
永井の強引な勝ち越しゴールでやっとこ勝った試合。
まあ、唯一弱いところとぶつかったのがこの年だからな。

それにしても、それに次いで、開幕勝利のチャンスだったんだけどな。

ネガティブにならない方がどうかしている。
何が楽しくて、ここまで来ているんだろうな、まったく。

ホムスタはこじんまりとまとまった、神戸らしいおしゃれなスタジアム。
牛串は焦げてるし、みそとり丼は具が少ないし、そばめしはそもそもできてないし、
不満たらたら言ってる間に、開門時間となりました。

0306e.jpg 0306f.jpg
0306g.jpg 0306h.jpg

先発は、ほぼ予想通り。

__ポポ__吉田__
犬クボ______パク
__松岡__田中__
茂木______石櫃
__河本__北本__
____徳重____

74分 吉田→森岡
74分 パク→イジェミン
87分 ポポ→都倉

浦和

____エジ____
元気__丸塩__達也
__陽介__啓太__
ウガ______平川
__永田__暢久__
____山岸____

81分 達也→ヒロクン
86分 元気→マゾ

試合前、断幕出してましたが、後ろからは読めません。
今度は何に呆れるばかりだったんだろうな(ネットで調べなさい)。
ゴールでおれたちをほにゃほにゃほにゃは嫌い。
あと、大久保は大嫌い、生理的に。

試合自体は、悪い出来ではなかったと思います。
PSMでの課題がそれなりに消化されている印象で、
特に暢久、ミッツさんのCBは、高さも強さもテクニックも兼ね備え、
なかなかの安定感でした。当面はファーストチョイスだな。

神戸が点を取れる雰囲気はあまりなく、
浦和は何度もフィニッシュまで到達していましたので、
先制点は時間の問題かな、と楽観していました。

しかし、決めるときに決めておかないと、といういつものパターン。

丸塩はやはり真ん中のままでした。
3回あったCKを、3回とも、誰もいないファーの同じ地点に正確に外して見せた、
丸塩のキックの精度にいらっとしましたが、
リードされた後半、前線で何度もボールを取り返すなど、
どうでもいい場面で、運動量と気魄がマックスを迎えておりました。

後半の啓太の退場は、いろんな原因はありますが、軽率といわれても仕方がない。
上着をベンチに叩きつけて激怒しているペトロのもとに戻るのが躊躇われたのか、
すぐにはベンチに戻れず、ピッチに立ち止まって、あれやこれやいらん指示出してました。
このまま、スタメン外れなければいいんですけどね。

そのあと、エジを残して、8人で守備ブロックを形成した途端、
カウンターしかできない神戸が攻め手を失ったのには苦笑しましたが、
すぐに、苦笑される立場に変わります。

失点シーンは、壁の作り方が大問題。
ゴール裏から左サイドにシュートコースがポッカリ空いているのが見えました。
頭越すこともなく、まっすぐ打たれたら、PKと同じやん。
去年の宮城の仙台戦や、天皇杯万博のガンバ戦等、
どうもギシのFK対応には、不満を持っていますのよ、最近。

マゾーラの投入がもう少し早くても良かったんじゃないかな。

流れが悪くなかった試合を、たった2つのミスで失った浦和。
優勝狙うチームが、このような試合運びを許されるわけがない。
一度身についた脇の甘さというものは、相当根深いものなのかもしれません。

結果を重視した単純で直接的なスタイル。
このサッカーを続けるのなら、2年は我慢できないかもなあ。

0306i.jpg 0306j.jpg
0306k.jpg 0306l.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

神戸は街もクソならチームはもっとクソ
そのクソにやられたのが悔しくてたまらん

10人の浦和にバックパス・・・
これに負けたのか・・・・・

ゴル裏3,000円なんて有り得ない。。。。
もう二度と行かね

帰りはグリーンで帰りましたわ。

>あにき
また、神戸に住み始めたかと思たよ。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito