ACL 杭州緑城vs名古屋

TV観戦記
03 /01 2011
ずっと、「公衆浴場」と聞こえてましたが。

中国のクラブなんて、下手くそで乱暴なだけかと思っていました。
しかも、中国リーグで4位なんて、名古屋も怪我しなきゃいいのにな、と。

とんでもありませんでした。
ショートパスをポンポンとつなぎ、
華麗なボールタッチで密集を抜け出し、
ルーズボールは確かな予測でマイボールとして、
ゴール前での競り合いにも、必ず勝っていました。

すばらしく洗練された、見とれてしまうような美しいサッカー。
こんなサッカーするクラブが、中国にあったんですね。

一方の名古屋は、藤本と小川が中途半端。
攻める時には居場所がなく、守るときにはボールが取れない。
ケネディは、ボール欲しがってズルズル下がってくるし、
もう、何がしたいのか良くわからない。

可能性を感じたのは、セットプレーからの増川のヘッドぐらい。

スピードのある永井を投入しても、さっぱりボールは届けられず、
終いには、得意の大作戦発動。
それなら、永井よりアレ出した方が良いに決まっているわけで。

まあ、ゼロックスで疲れていたのかな。
今は2チーム抜けられますし、慌てることもないでしょうが。

ただ、取られた2点は、いずれもビューティフルゴール。
この試合、番狂わせではなく、力負けでした。

緑のサポーターも、心強かったと思いますが、
なら瑞穂で勝てるかと言うと、今のままではかなり怪しい。

ガンバはバカ勝ちしていたみたいですが、
出場クラブに今年も大きな期待は出来ないんじゃないですかね。

もちろん、他クラブに期待するわけもないんですが。
プライドあるなら、せめて決勝トーナメントぐらいには行って欲しいね。
リーグ戦に専念されても迷惑だし。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito