ゼロックススーパーカップ

TV観戦記
02 /26 2011
エースコックじゃないからね、妖星さん。

毎年、ゼロックスに出られるようなクラブになりたいものです。
国立ではなく、日産なのが残念でしたが。
ちょいちょい場所変えると、イベントに重みがなくなるような気が。

ピッチはまだ寒そうだね。明日の栃木はどうなんでしょ。

さて、試合の方は、流れからの得点はありませんで、
お互いセットプレーから1点ずつを取り合い、
PK戦で楢崎が爆発して、名古屋の勝利。

増川のヘッドも、野沢のFKも見事ではありましたが、
まだ、ともに目が覚めてないといった、キレ味の鈍い試合でした。

前半、穴っぽかった鹿の左サイドも修正されたので、
なんか逞しくなって、前半躍動していたむうくんも次第に消えていきましたし、
ケネディ・玉田に至ってはいるんだかいないんだかよくわからず、
闘さんも、鹿の2トップについていけないシーンが散見され、
パスアンドムーブが多少出来ていた小川もちょいちょいしか目立たず、
はてさて、ダニルソンの穴は埋まるんかいな、というイマサンぐらいの出来。

一方の鹿さんも、コウロギ・大迫の2トップだとスケールの小ささは否めず、
クロスバーにぶつけたり、コウロギにぶつけたりと惜しいシュートもありましたが、
得意のそつのなさが感じられるぐらいで、全体としては明らかに迫力不足。
途中から登場した怪人カルロンも、最後までベールをまとったままでした。
話題になるのは79年組の年齢のことばかり。

ナクスタで撃沈したペトロのサッカーの方が、よっぽど面白かったよ。

もともとポテンシャルのある両チームなので、きっと、徐々に上げてくるんでしょうが、
果たして、ACL大丈夫なのかな、という印象。
どちらかというと、完成度が高いというか、あとは落ちるだけというか、
伸びしろはあまりなさそうなんだから、もう少しまとまってるかと思いましたが。

まあ、こっちも早く仕上げなきゃね。

去年、鹿とは1分け1敗、鯱とは1勝1敗、
今年こそは、なんとしても勝ち越したいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito