さいたまシティカップ 大宮戦

TV観戦記
02 /20 2011
まあ、今村さんがあんななんで、あんな展開になりましたが、
フルボッコな感じではなかったですね。

あんなレッドとPK食らった割には、
歯食いしばって、頑張ってたんじゃないかな。
俺がピッチにいたら、家帰ってるわ、マジでw。

相変わらずリードできないのは猛省すべきではありますが、
十分、得点の匂いもしましたし、ほぼイーブンな出来だったかと。

大宮ごときにイーブンじゃいかんのだけどね。
まあ、負けたから何も言えんわな。

開幕してからも、6週間ぐらいかかりそうな仕上がり具合だな。
ロッカールームでの、熱い監督による折檻は、
想像するだけでも身の毛がよだちまする。

去年の前への意識が今ひとつ希薄なおっとりポゼッションに、
勝利のメンタリティアゲインと高速カウンターでも加わるんじゃないかと、
少しは期待していたんですがね。

永田のミドルレンジ、ロングレンジのフィードはまあいいとして、
また、スペースがあるうちに仕掛けるようになった達也と元気の躍動も良しとして、
展開速すぎて、完全にSBが置いてけぼり食らっていました。
サイドでの数的優位作りは、どうやら放棄してしまった模様。

前の3人が、常に裏狙って動きなおしているところは好感持てたけどね。

よっぽどライン上げないと連動なんかできるわけがないので、
啓太も陽介も乙でしたが、まあ逆襲受けたら中盤はスカスカ。
まだ、昔の3-5-2の方がフィットするんじゃなかろか。いや、マジで。

前線のタレントに頼るサッカーを志向するのであれば、
エジ1トップはムリじゃねえかなあ。並の男ですから。
SHなら人材豊富なわけですから、
本日、唯一の収穫だったマゾでも真ん中に据えて、ぶち抜きますか。
奴の方が、よっぽどスペシャルな感じがします。

分厚い攻撃は結構ありましたが、
せっかくサイドをえぐっても、ラストパスの精度があれですし、
余計な一手間かける悪癖だけはしっかり継承しちゃってます。

こりゃ、前途多難ですなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito