清く正しく

浦和レッズ
02 /05 2011

相変わらず、ご無沙汰しておりますが。

「おたくのクラブには借りがありましたよねえ」
「はいはい、いつもお世話になっております」
「ちょっと勝ち点厳しいんだよねえ、降格したくないしね」
「わかります、わかります」
「今度の31節、おたくのホームだけどなんとかなりません?」
「はいはい、困った時はお互い様だもんね」
「じゃあさ、後半35分ぐらいに左SBからクロス放り込むからさ」
「1回くらいははね返しますよ」
「了解了解、じゃあ、後は流れで・・・」

そんな高度なことできるくらいなら、とっくに優勝してますが。

今期の日程も発表され、妙に平日が多いような気もしましたが、
甲府と柏の好意と、広島と大宮の悪意が入り混じる中、
とりあえず、今年も清く明るく美しく,Jリーグは躍動するわけです。

今日は、昼からお雛様と格闘していたおかげで行きそびれましたが、
大原でも、TMなどの様子を聞く限り、
ペトロの熱いサッカーは(熱いかどうかは知りませんが)
選手たちに浸透し始めているようです。

僕はフィンケの3年目を見てみたかったという派閥に属してはおりますが、
まあ、うまくいかなかったんだから、やり方変えるのも一つの考えで、
日本代表だって、あんだけころころと全く異質な監督連れてきてましたが、
逆に、その一つ一つの異質な教えが、現代表の血や肉となって、
化学反応を起こし始めているような気がしないわけでもないですし、

一概に、迷走だとか、一貫性がないだとか、そんなに深刻に考えず、
ペトロのシンプルなサッカーを(シンプルかどうかは知りませんが)
楽しんでみたいとは思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito