アウェイ川崎戦 太めのセルの見事な反転

浦和レッズ
11 /28 2010
川崎戦といえば、埼スタでは、オープンな打ち合いでわかりやすいゲームを見せる一方、等々力では一転、自分の殻に閉じこもった、引っ込み思案なゲームに持ち込み、ついでに、勝ち点をちょろまかして帰ってくるという、毎度、川崎サポには気分の悪い思いをさせているような印象があります。

しかも、テニスの壁打ちさえ禁止するくらいデリケートなスタジアムで、思いっきり飛んだり跳ねたりするという行儀の悪さも相俟って(別に、等々力競技場の改修に一役買おうという意識はないようですが)、甚だ恐縮しているわけでして(嘘ですが)。

とはいえ、最近の浦和の、ダウンフォースの足りないレーシングカーのような重量感を欠いた戦い方で、J随一の攻撃力(まあ、結局は憲剛とジュニさんだけなんだが)を誇る川崎を迎えきることができるかどうかは、自信のないところでした。

で、やっぱりやられちゃいまして。矢島の先制ヘッドは、事故のようなものでしたが、暢久を筆頭に適当な感じの浦和の立ち上がりを突いた、見事な速攻でした。まあ、先日の埼スタで試合を決めた、萌と達也のミドルも、事故みたいなもんでしたのでおあいこだな。しかし、2点目は与えませんでした。ボールは簡単に奪われるは、セカンドボールは拾えないは、パスはまったく繋がらないは、生きた心地のしない前半でしたが、最後のところで体を張って、全員でシュートコースを消していました。

夢も希望も持てない前半の出来でしたが、後半に入ると、川崎のハイパフォーマンスは後半分のスタミナを前借りしただけの神風プランによるものだということが次第に見えてきました。お馴染みのサヌの早退に伴い、セルが投入されたあたりから、次第に川崎の選手の足が止まり始めました。

セルのゴールは見事でした。足元に右サイドのロビーからパスを受けると、あの太めの身体からは想像できない俊敏な反転から、目にも止まらぬ豪快なシュートをゴールの天井に突き刺します(表現的にはちょっと盛ってます)。出場時間に対するゴール数を考えれば、持っているというか、極めて稼働率の高いやつです、セルは。これまでのパターンを考えると、また火曜日あたりの練習で故障して、3週間ぐらい離脱するものと思われます。

これをスイッチに、試合終了まで繰り広げられたハーフコートマッチ。自分たちの監督と自分たちのサッカーに見切りをつけたフロントを見返してやろうという意地のようなものを感じました。その展開の速さと豊富な運動量と決定力の不足は、もう圧巻でした。

そして、すべてを出し切った選手たちが、試合終了の笛と同時にピッチに倒れこみます。ここまで走り切れる彼らは、僕らの誇りです。決勝ゴールをたたきこむことができなかった川崎ゴール前に大の字に倒れていたのは・・・・、セル、お前は疲れてないだろw。
引き分けではありましたが、試合後は選手たちに大きな拍手。今のサッカーをポジティブに捉えている選手たちとサポーターの思いが、なんで理解できないんだろうね、フロントもマスコミも。

ロビーと共有できる時間も少なくなってきました。次節は気持ちよく、神戸を葬ってあげましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito