ホームC大阪戦 元気の覚醒(だといいが)

浦和レッズ
10 /17 2010
更新は久しぶりですが、それ以外は相変わらずなわけで。
スタジアムにはちゃんと来ていますよ。
ちょっと余裕のある生活が戻ってきたので、リハビリがてらw。

爺ちゃんのサッカーが開花する瞬間というのは、
たとえば、ガチャーンと、突然歯車が噛み合い出すような、
そんな劇的な変化が秋口にやってくるようなことを、
負け続けている時には勝手に想像していたわけですが、

それとなく、強くなってきたな。

サイドハーフがサボらず働けば、ある程度守備は計算できそうです。
守備が計算できれば、攻撃で腰が引けることが少なくなるし、
今は、いい方に転がっているということなんでしょう。

例え、サヌがずんどこなコンディションでも、
あれだけの安定感を見せることが出来るんですから。
これに、セルやロビーのアリバイプレスが加われば、
いくら働き者のセンターハーフコンビでも耐えられないでしょうが。

まあ、攻撃力で評価の高かったセレッソを完封できたのですから、
素直に喜びたいと思います。
まあ、僕はサッカーにはあまり詳しくないので、
セレッソの何が凄いのかはさっぱりわかりませんでしたが。

でもまあ、昨日はやっぱり元気ですね。
1点目の達也のワンタッチもしびれましたが、
元気のカットイン開始時点で、もう雰囲気ありありでしたからね。
10分残していましたが、この上ない幸福感に包まれたまま、
戦闘モードに戻るのが大変でした。

豊田でウガに、平塚でセルに、似たような角度から決められて、
”本家”の元気としては、心中穏やかではなかったと思いますが、
これで、吹っ切れてくれるといいですがね。

しかし、「残り全部勝ちます」とか力強く言われてもですね、
なんとなく、聞かなかったことにしたくなるのはなんでですかね。

スピラ離脱後の暢久の頼もしさも光ります。
従来の浦和では考えられなかった高いラインコントロールだけでなく、
スピード、テクニック、フィジカル、そして危機察知能力と、
全ての面で非凡さを見せつけ、失点を飛躍的に減らしています。

まあ、ただの偶然だとは思いますが。

先日のインタビューでも、隣のツボが何しているかあまり関心ないようでしたし、
コンビネーションなしで守りきってしまう神業に、今後も魅了されそうです。

次のエコパは残念ながら行けません。
が、思い返すと、今期、泥沼に落ちて行ったのは、
4月のホーム磐田戦、西に食らったゴールからのような気がします。
是非、殴り返して帰ってきて欲しいね。次の天皇杯のこともありますから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito