ナビ杯アウェイ湘南戦 とりあえず魚は旨かった

観戦記
05 /23 2010
まあ、ツボのシュートが決まっていれば、
神戸の加藤祭りに続いてのフェスティボ~だったんですが。

珍しく指定だったもので、
こともあろうにアップ中居眠りこいてしまったほどの、
ポカポカ陽気の平塚競技場でございました。

内容はともかく、結果を出せと詰め寄られれば、
きちんとその通り、しょぼい内容で勝ち点3を強奪する、
サポーターに優しい浦和レッズであります。

だから、あれは浦和の総意ではないとあれほど(ry

しかし、1点目は見事でした。
スピラの「鬼」楔パスを、エジがはたいて、陽介がラストパス、
一人抜け出したロビーが右足振りぬいた時には、
率直に申しまして、「世界」が見えましたね。

今朝のCL決勝見たら、だいぶ遠のきましたがw。

そして、2点目、
・・・・すみません、よそ見してました。

相変わらず、ボールサイドで数的有利を作りながら、
あっさりと、がら空きのファーサイドにクロス放り込まれる、
致命的な守備の欠陥に関しては、
全く修復のめどは立っていない模様ではありますが、

それでもなんとなく勝っちゃったのは、
ひとえに、湘南さんの迫力不足のおかげでございますが、
それでも、湘南のDFラインは高くてコンパクトで、
浦和もまんまと嵌められちゃった感じもありましたね。

それにしても、
サヌのは届かないヘッドと、セルの少ない運動量については、
大原戻ってから、爺さんの愛の折檻が待っていることを望みます。

とりあえず、清水・横浜のもたつきもあり、
Bグループ、ちょっと抜け出しました。
何でもいいから、今年はタイトル獲りたいね。

帰りは平塚駅前で、10時近くまでお魚を堪能。
勝ち点3さえあれば、ビール何杯でもいけますな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito