やっぱ、ましゅうじゃなくてすぴらなのかね

浦和レッズ
05 /21 2010
ドイツへの移籍が報じられる内田や香川より、
マツコ・デラックスとの熱愛が報じられる長友の方に、
根拠のない期待感を抱いてしまう今日この頃ですが。

達也、返せよ。

世間は、当たり前のように20度を越すようになりましたから、
暢久も、当たり前のようにフェイドアウトするんでしょうが、

せっかくなんで、ここから2ヶ月は、
ホッペの赤い、オージーボーイ育成月間ということで。

残念ながら、南アフリカにも連れてってもらえないようだし。

でも、南アフリカの女より、アルプスの女のほうがよいぞ。
せいぜい、ハイジ止まりだろうが。
(ほんまにオーストリア行くんかいな。)

ピッチに出ると、あのこ、また転んじゃうんじゃないかしらと、
ほとんど、運動会における小2の父兄レベルなわけですが、
仙台戦では、今までとは違い、積極的なプレイを見せてくれました。

積極的過ぎて、がんがんサイドにつり出され、
中央を一人で守るツボも、一方ならぬご苦労のご様子でしたが、

それでも、今まで全く可能性を感じられなかったセットプレイの時に、
ターゲットとして競り勝つ場面も多く見られ、
近々、何かしでかしてくれる予感は、びんびんきていました。

彼が堂々としてくると、CB近辺にクロスさえ上げときゃ、
どうにかちゃぶれそうだった浦和のDFラインが、
いよいよ堅固な要塞へと、変貌していきますぜ。

衰えたり、迷走したり、立ち止まったりしている他クラブのこと考えれば、
上昇曲線に完全に乗っているうっとこのチームの楽しみなこと。



返す返すも、なんで囲んだんだ?



連戦続きますからね、風邪引かないように、・・・そう、よく引くあなた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

う~~ん、スピラ、バックパス、多すぎ!
ひやひやしたぁ~。

裕也がコールに答えて来てくれたのは嬉しかったなぁ~~。

>ファイトさま
バックパス、怖いですねえ・・・。
まあ、今の攻撃の起点はツボですからw。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito