平川さんのこと忘れてませんか

浦和レッズ
05 /19 2010
贔屓チームの選手よりも、記事になりやすいサポーターの皆さん、

コンバース!(だから違

本当であれば・・・、

「最近、平川さん、凄くない?」
「神よ、神!」
「何、あのスムーズな上がり!」
「ポジショニングも的確だし、迷いがないわ。」
「誰よ、今まで罵倒してたの。」
「なんで、代表に選ばれなかったんだろ。」
「虚弱体質のウッチーなんかより、全然いいわよね。」
「ポンテさんとのコラボ・・・、もう背筋に来るわぁ!」
「ロンドンのオーバーエイジ、決まりよね。」
「これじゃあ、にしやがよしやに戻れないじゃん。」

もう、止めときますが。

エコパあたりから、絶賛前売り確変中の平川さんが、
まったく世間的に話題にならないのが、少し残念です。

せいぜい話題になるのは、骨がくっついてなかった直輝の、
「あまり使わないところらしいですから(笑)」
などというイカれたコメントぐらいですから、寂しい限り。

まあ、言った言わないの部分はともかく、専門家に任すとして、
(しんじ、しんじ、くそったれ、っていう空耳も凄かったが、)
器物破損は許せませんね。

宮スタの、あの安普請の貧弱なイスなんて、
座っただけで折れてしまいそうなのは、明白だったわけですから、
もっと、大事にしなければいけないと思います。

僕なんか、恐る恐る、
Lフラ乗っけるのが精一杯でした。
ましてや、座るなんてとんでもないです。

もっと、よそ様の施設は大切にしないといけません。


まあ、あえて暴論を言わせてもらいますと、
J最初の勝ち点剥奪というのも一つの考え方なのかな、と。

(燃えたら、twitterに避難いたします。)

結局、まだ、何やっても構わないと思ってる人たちがいるわけで、
逆に、そういう人たちを、体張って非難する必要性もないわけで、

そういうところに、こういう処分が下ったりすると、
やっちゃった人も、その周囲の人々も、
もっと、真剣に考え始めるきっかけになるのではないかな、と。

最近、あまりにもこういうくだらない話が繰り返され過ぎですから。
事実関係はわかりませんが、こういう取り上げ方をされること自体、
やはり、「反省」というものがないのかな、と感じます。

そりゃあ、勝ち点剥奪ほど、クラブにもサポにも、
痛みを伴うものはありませんからね。

もっとも、ゴール裏から旗ざおで選手ぶん殴るようなことでも
勝ち点奪われたことなんてありませんから、
そこら辺は、まあ、報知基準な考え方なんでしょうが。


まあ、いずれにしても、
数万のクレーマー抱えるクラブも、大変ですな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito