ポンテさんとともに

浦和レッズ
05 /18 2010
ACL出場クラブの情けなさを見るにつけ、
次第に「ACLなんかもういいや」的な空気が広がる中、

やはり、うちが出ないと行かんのかなあ、
と、責任感だけは旺盛な今日この頃ですが、

アジアに行きたくて、仙台行く道すがら、
仲間達と、熱唱してましたよ、あの歌を。


あ~かきちのイレ~ブン、らららうらわレ~ッズ、
せかい~に~、ひろげよ~お~、と~もだちのわ~、・・・わっ!


これ、ゴール裏でやったら、すごい迫力だろうな。
まあ、完全に原曲の歌詞を忘れてしまったわけですが。

ごめんね、け~たかくん。

ACLといえば、疑惑の得点王、ポンテさん。
契約更改のときは、嬉しくてポンテさんのタオマフ持って行きましたよ。

ポンテさんとも、長い付き合いになりました。
浦和の短い黄金期に君臨してくれた、小さな巨人です。

オロナミンCではありません。

ひところは、誠意の複数年契約が売り物だったフロントも、
助っ人はみんな借り物か青田刈りみたいなちゃっかりやさんに変貌し、

こともあろうに、キングポンテさんに半年間契約。

まあ、あまたの複数年契約の選手の中で、契約社員のようなたたずまい。

これで、天皇杯こけて、契約更新もされなければ、

ポンテさん、・・・・・派遣村で年を越すのか。

いまから、レッズサワーの作り方でも、修行しておくべきだな。

ところで、力の見習社員は、いつまで鳥取で遊んでいるんだ?


おかげさまで、後のないポンテさんは、毎週神のようなお働きで。

これなら、全員日雇いでいいんじゃないか?

試合終わるたびに、
「ポンテさん、今日とってもよかったよ~、来週も来てくれるかな~?」
「いいとも!」
みたいな。

全員のモチベーションは半端ないでしょう、きっと。
まあ、半年もたてば、誰もいなくなってしまうでしょうが。


ポンテさん、年も年なんで、いつまでも頼っているわけにもいかんのですが、

敵に回すのは、恐ろしすぎるな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito