気持ちはよくわかりますが

浦和レッズ
05 /16 2010
コンバース(違

ご無沙汰しています。
今年も足繁く通っているわけですが、なんか書く暇無くてね。
秋ぐらいには復活できるかなぁ。

宮スタも行って来ました。
試合終了と同時に飛び出し、裏山を激走し、
泉インター19;20通過の勝ち組だったものですから、
試合後にスタで起こってたことはとんと知らんのですが。

5試合で勝ち点4ですもの、お怒りもごもっともなんですがね。

崩すことに自信があるから、悠然とのんびりと相手に迫り、
相手の準備が整う前に急襲するという発想が感じられない。

自分たちが美しく作り出す決定機に満足し、
それを雑なフィニッシュで台無しにしても痛みを感じることはない。

勝利に対する気持ちが希薄で、
このままでは「いいサッカーする二流のチーム」に成り下がってしまう。

僕にも、今のフィンケサッカーはそんな風には見えています。

ただ、試合中に罵声を浴び続けたり、物を投げ込まれたり、
バス囲まれたりするレベルのサッカーとは思えないんだけどな。

どうしても、この状態をブレークスルー出来たときに、
どんなことになるんだろう、という期待感の方が膨らんでしまうわけで。


こんな、どんぐりの背比べのようなJリーグですから、
一皮剥ければ、一気に差し切っちゃえるような団子状態です。
せっかく、スタまで足運んでるわけですから、
慌てず騒がず、もっと楽しめればいいんじゃないかな、と思いますが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito