B代表の悲哀

日本代表
01 /09 2010
命だけはどうかお守り下さい、

そう強く祈っていたせいもありますが、
直輝は命しか救ってもらえなかったな>イエメン遠征。

しかし、槇野はいいやつだ。
ウナギ食わせてやるから、浦和においで。

岡田監督の「たいしたことない」発言に怒り心頭だったこっち方面ですが、
まあ、本心ではないんでしょうから、言葉遣いには気をつけないと。

あの言い方では、いくら主力組の休養だからと説明しても、
要は本番前になんかあっちゃ困る連中は連れて行かずに、
別になんかあってもいい連中を連れて行ってもいいように思われてしまいます。

少なくとも、日本のサッカー界の明日を担う、有望な若者たちです。
なんかあっていいやつなんて、平山ぐらいのものです。

それにしても、日程の件にしろ、判定の件にしろ、
AFCもけしからんですが、日本協会も政治力なさ過ぎです。
AFCに言うことを聞かせるためには、日本も性根を据えて、

石油を掘るしかないなw。

会長も、秋春制にうつつを抜かしている暇があったら、
こうした酷い扱いに対して、毅然たる態度を見せておかないと、

東アジア選手権では、少林サッカーの餌食になってしまいますよ。

ヨーロッパや南米の国と戦えば、強化にも繋がりますが、
アジアと真面目に戦ったって、体壊すぐらいだからといって、
また若いの駆り出すんじゃないだろうな。

イエメンで気になったのは、チームを全とっかえしてしまったこと。

本気で若手の中から何人か抜擢しようというのなら、
チームに馴染ませて、育てて、慣れさせて、使い物にしようというなら、
主力組と若手組の比率は、4:1ぐらいがよろしいんじゃないかと。
全く違うチームで試合したところで、本隊の足しにはならんでしょう。

そんなとこからも、身代わり派遣にしか見えないんだよね、今回。
俊輔なんか暇なんだから、連れてきゃいいんですがね。

とにかく、もう若者を戦地に送るのは辞めて欲しいがな。
と、いうわけにもいかんかw。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たいした事ない・・・は、やっぱり頭に来ます!!
せめて、m(__)mがあってもいいかと。。。
どっちかというと、レッズの選手は代表行くと、怪我で帰ってくるパターンが多い!
なんで?

>ファイトさま
そういえば、今回会長おとなしいですな。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito