これがマジョリティの意見だと思う

浦和レッズ
10 /30 2009
清尾さんのコラム。

監督に関する議論・その1

普通に過ごしていれば、普通に感じられることを、
新聞記者というのは、なぜ感じ取れないのだろうか。

まあ、僕一人の思い込みかと思っていたけど、
少なくとも、同じ考え方の人が、
少なくとも一人はいたことが、とても嬉しかった。

新聞記者という人種の、
特権を持ってしまった連中の驕りというのは、
いかにも醜いものに思えます。


あ、ブログサボってますが、元気ですから。
試合も欠かさず行ってるし。
ただ忙しいんだよね。
飲み会とか、ポケモンとか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

読みました。
清尾さんのコラム。

どおりで・・・
最近、ネタ作り?のために、煽ってるなぁ~って、感じてたんですが・・・。

赤人さん
少なくとも・・・二人・・・・です。
はい。

>ファイトさん
本日はまた激しいスポーツ紙ですw。

うんうん。

清尾さんだからこそ取り上げていただけることですね。

フィンケのインタビューが週1回しか取れないからという名目でこれだけのネガキャンを張るのはどうかと思います。
(海外ではコーチのインタビューはほとんど取れませんし、トレーニングも冒頭の10分15分しかダメというところも多いのが実情)

2002年のW杯の前に、スポーツ新聞社がスペインでお金を払って優先的にインタビューを取っていたそうで、インタビューは無料のスペインでは、日本人メディアだけにお金をせびってくるそうです。(byフットボリスタ)

今まで築き上げてきた流儀(ベースボール取材)をそのままフットボールの世界に持ち込んでいるからうまくいっていない気がします。

例えば、コーチのインタビューを途中から入って聞いたのに、推測で記事を書いてしまい、歪曲した記事になってしまったとか、海外のスポーツ新聞では最も多いジャンルであるクラブ批判(プロセスの批判)の記事が、日本だけほとんど無かったり。

メディアの成熟こそが日本のフットボール成長における重要なファクターだと思います。

赤人さまぁ~

生きてますよ、ジージは!
多事多難な人生送っていますけど…。
というわけで今季は最終戦のみの参戦になります。

で、ジージはレッズ社外取締りの一員としてフィンケさんに3年間お任せします。
といっても3年目は、来季4位以内の成績が条件になりますが…。
ジージの今季の課題、まずは腰痛なおさにゃー!

>paixaoさん
取材する時、サポにも公開すればいいのに。
そこで、記者をつるし上げるw。
「何聞いてるんだよ、ボケ!」
「それ、さっき言っただろ、ボケ!」みたいな。

>じ~じさま
それ、優しすぎませんwww。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito