まずは自分、チームの陰に隠れるな

浦和レッズ
10 /13 2009
この敗戦を引きずらないように、とか、
早く切り替えて次の試合へ、とか、
そんな風に軽々しく扱っては欲しくない、
重い重い敗戦なんだと思う。

こんなもの、
思い切り引きずってもらわないと困る。

サッカーの出来不出来とか、モチベがどうとか、
システムとか、コンディションとか、判定とか、
そんなこと関係なく、
勝たなければいけない試合だったのだと思う。

そこにプライドさえあれば、
結果は手にしていたことだと思う。

ブログを更新できなくなったのは、
ホームの横浜戦から。
気迫もプライドも感じられない、
あっけらかんとした浦和のサッカーに対する、
ネガティブな感情が、手を重くする。

横浜は、去年、ホームの最終戦で、
完膚なきまでに打ちのめされた相手。
岡野とウッチーがいなければ、
どす黒い感情を抱えたまま、年を終えていたはず。
もし、彼らにプライドがあるのなら、
今度は絶対に負けられない相手だったはずだが、
何もさせてもらえず、あっさりと完敗。

その横浜戦に続いて、
このアルウィンで繰り広げられた茶番劇。
開いた口がふさがらない。
JFLにも届かないアマチュアを前に、
全国の笑い者となってしまった。

試合後は、一刻も早く、松本を抜け出したかった。
こんなに恥ずかしい思いをしたことがあるだろうか。

相も変わらぬスポーツ各紙のネガティブキャンペーン。
監督更迭論に強く反発する元気も今はない。
でも、もうひとがんばり、フィンケを擁護してみる。

監督交代は、もううんざりなんだ。
フィンケが有能か無能かなんて、もうわからないが、
同じ事を繰り返すのは、もううんざりなんだ。

プライドの欠如を感じさせるのは、むしろ選手の方。
ろくなサッカーも見せられない選手が、
高いサラリーの上であぐらをかき、労を惜しみ、
繰り返される監督更迭の陰で守られてきた選手が、

本当は一番の責任者なのではないのか。

数的優位など作れなくても、
1対1で負けなければ、一歩早く反応できれば、
結果など勝手についてくるはず。

パスなどつながなくとも、決定機など作らなくとも、
強い意志を持った強引な突破やフィニッシュが、
活路を開くことだってあるはず。

自分は逃げてないか、他人に押し付けていないか、
チームのことよりもまず自分が、
しっかりと戦えているのか、自分に問うて欲しい。
プライドがあるのか、自分に問うて欲しい。

チーム戦術なんて、それからの話だと思う。

監督が身代わりになってくれることなんて、
去年が最後なのかも知れないのだから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito