アウェイ川崎戦 完勝

観戦記
09 /21 2009
いよいよ秋本番、かなり涼しくなってまいりました。

埼スタでのユースの試合を観戦後、浦和美園から武蔵小杉。
疲れた疲れた。

等々力はいつも曇天か雨天の印象がありますが、
試合前に赤く染まった夕焼け空は、綺麗でしたね。

あちらさんが、法螺貝ならして席詰めタイムのころ。
(いちいちおかしいな、あちらさんは。)

2005年の川崎昇格以降、リーグ戦は2勝2分け。
負けたのは、2006年のナビQFの2ndレグぐらい。
ホームではこのところ2連敗してますから、
このカードに関してはアウェイ有利ということになります。

埼スタで、よく殴り合いの展開になりますが、
これは浦和がホームでは攻撃的なスタンスだからなんでしょう。
それが、川崎のスタイルに嵌ってしまうというのが、
苦手にしている大きな要因なのかもしれません。

一方、ここに来ると、浦和の守備がいつも引き締まる。
ここではしのぎあいの展開になり、それは浦和の十八番。
決して引きこもるわけではなく、しっかり前から潰しに行き、
チーム全体に、高い集中力を感じる試合が多い。
例外は、川崎昇格直後の2005年の3-3ぐらいです。

そんなところが、この対戦成績に反映されているのかな。

この日の浦和も、やはり同様でした。

序盤から川崎にサッカーさせません。
特に中盤がボール取られればすぐ切り替えて寄せるし、
抜かれても後ろから追いかけていって、しつこく絡むし、
川崎の球離れが遅いと、すぐに2~3人で囲みます。

見事なプレスに、憲剛も完全に消してしまいました。

スポーツ各紙の論調には、
パスサッカーの放棄&専守防衛への回帰
といった書き方も見受けられましたが、
まず、ボール奪取の位置が比較的戦ったのと、
安易なロングパスはそれほど見られず、
しっかりとパスをつなぎながら攻め上がり、攻め切りましたから、
フィンケのテイストはしっかり維持されていたと思います。

むしろ、フィンケサッカーに、浦和の受けの強さが加わった。
見ていて、前半で勝ったと思っていました。

一方、攻め手を欠いた川崎は、思うようにボールを支配できず、
浦和の攻めも、ファールでしか止められない状況。
カードが出るべき場面も、一貫してホーム寄りだった主審の笛は、
最後まで、浦和を苦しめました。

しかし、この日はよっぽど手ごたえがあったのか、
まったくチームに動揺は見られませんでした。
後半は若干、ロビーあたりの運動量が落ちたあたりから、
川崎に押し込まれる場面もありましたが、
最後まで、あまり心配はしていませんでした。

ロビーのフリーキックに、斜めに突っ込んでくる闘莉王は、
川島ならずとも、気になってしまうでしょうから、
先制の場面は、川崎にはどうすることも出来なかったでしょう。
そして、手数をかけて、フィンケを喜ばせた2点目のシーン、
啓太のゴールは本当に美しかった。
生きている間に、もう一度くらいは見たいものです。

ホリの投入は、「1-0で逃げ切り」のサインにも見えましたが、
むしろ、相手の攻撃をせき止めるラインがぐっと上がりましたので、
この追加点の遠因にもなっていたかもしれません。

鹿島との死闘と、そのあとのゴタゴタで、
少し、川崎も心身両面にダメージを残していたのかもしれませんが、

まさに、完勝。

山形戦では半信半疑だった浦和の覚醒も、
これは本物じゃないですかね。
つ~か、単に涼しくなったからなのか。暢久とシンクロしてるな。

今の川崎に勝てたということは、大きな自信になります。
川崎のみなさま、今回は足引っ張っちゃいましたが、
最終節でしっかりと、鹿さんにも噛み付きますのでご安心を。

残り7節、ひと暴れ出来そうかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

試合のころは東京ドームでタオル振りかざして弾けてましたから(見てません…)
ま、うら~われっずが永ちゃんコールに変わっただけで、行動様式は同じだな

まずは連勝!めでたい!!
勝ち星が何よりの良薬、目指せACL出場!!


じ~じさま、若いなあ・・・。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito