たかがフットボール

浦和レッズ
08 /22 2009
命かけてる人には、すみません。

さすがに、良識があって年収がそこそこの常識人にとって、
広島・神戸遠征はことのほかバーが高く、
自宅でBS放送と戯れていたわけですが、

どよ~ん。

どうせ、阿部ちゃんあたりがまた涙ぐみながら謝ってるかと思うと、
こっちまで涙ぐんじゃいます。
そりゃあ、遠くまで駆けつけてくれたサポーターに申し訳ない、
そういう感謝の気持ちと、それに応えられない無念さが、
彼らの方に、重くのしかかってるんでしょうが、

まあ、みんな好きで行ってるんだしw。
暇もお金もあるから、日本全国ついて回るんだしw。
(このまま書き続けると、殺されるかも知れんな、俺。)

そんな気持ちが、選手の体を縛り付けてるんじゃないかな。
結果を出そうとして、焦って焦って、最初から飛ばして。

もっとさあ、適当にやればいいのに。
物事というのは、一生懸命やれば結果がついてくる場合もありますが、
得てして、そうでないケースが多いんだな、これが。

もちろん、普段の努力は惜しんではいけませんが、
本番でテンパってしまっては、力も発揮できませんし、
勝利の女神というのは、一杯一杯のやつは好かんのじゃないかな。

悲壮感漂う選手を見ながら、そんなこと考えていました。
そういう考え方が出来て、初めて開き直れるんじゃないかな。

次は、ロビーも闘莉王も有給休暇。
上司のいない職場というのは、のびのび出来るもんだよ、若手諸君。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

なるほど!
若手がのびのびとできる・・・って、思えばいいんですね?
了解。

好きで、神戸まで行ってみます。

>ファイトさま
神戸、楽しくやってきてください。
選手もうつむいてはいないようなので、このままでいいと思います。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito