ホーム柏戦 焦るな爺ちゃん

観戦記
08 /20 2009
だから、無理しての平日参戦で惨敗すると堪えるんだと、
日本平であれほど言っ(ry

皆さん、元気に現実逃避してますかあ~?

まあ、最近の連敗も、ホーム名古屋戦以外は内容もあり、
さほど不安も不満もなかったわけですが、
ホームで晒したこの日の惨状には、膝から落ちましたわ。

長い旅になりそうだね、爺ちゃん。

まあ、4点取られちゃったんだから、
守備の崩壊具合も相当なレベルなんでしょうが、
そもそも、最初から気持ちが切れているように見えます。

暑いからねえ(違

春に比べて運動量が少ないなんて、詮無いことは言いませんが、
前から連動したプレスが、季節柄出来なくなっていますので、
どうしても、ボールを奪える位置が低くなっています。

そこで、一息ついちゃうんだな、みんな。
そんなとこからスイッチ入れても、
アタッキングサードにたどり着くのが関の山。

そこまで、ショートパスでえっちらおっちら運びますから、
相手は悠々と自陣に戻って、おいでおいで状態。
ボール回せるし、数かけないと点取れないので、
ずるずると相手陣営に引き込まれていき、
終いには横パス掻っ攫われて、カウンター一発。

広島だって、ストヤンのロングフィード織り交ぜています。
もっと、闘莉王や阿部ちゃんも、長いの使って、
いいんじゃないですかね。ツボには無理そうですが。

カウンターは、恥ずかしいことではありません。
アーセナルだって、点を取る時は結構カウンターです。
矢吹丈だって、KOする時は結構カウンターです。

昨日も、中盤で揉み合いになり、前線にボールが出てこないと、
オフサイドラインで挙動不審になりながら、
元気が何度も、裏に欲しそうな仕草をしてました。
結局、闘莉王からボールが送られることはなく、
足元の危ういホリあたりで、うっかりボールロストしてたりして。

スピードの変化だけでなく、長短織り交ぜることで、
相手のマークをずらしたり、陣形を間延びさせたりできるのに。

去年は、戦術も共通認識もなく、茫然としていたレッズですが、
今年は、戦術や共通認識に、寄りかかっているような気がします。
勝つことよりも、ゴールよりも、
戦術を徹底し、職務を全うすることがすべてのような。

結局は、どちらにしても、結果が出なければ、
迷走が始まり、気持ちが折れてしまうわけですが。
それは、ぶれないこととは違うんじゃないかな。

日本の夏場に、運動量をベースとするサッカーが通用しないことは、
既に、パスサッカーの先輩方が、何度も立証してくれています。
だからこそ、”走らなくても勝てる究極の浦和サッカー”は、
酷暑の時期に、妙な強みを発揮してこれたわけですが。

もう、見たくもないですがw。

でも、日本で成功するためには、
夏場にカウンターも出来るようなオプションが、
必須なのかもしれませんねえ。

まあ、ほんのりと甘い塩辛食わせろ、と言っているようなものか。

若手の司やセルではなく、
闘莉王、ロビー、ホリといったベテランの起用に、
一方ならぬ爺ちゃんの焦りを感じてしまうわけですが、
今は、1試合、2試合捨ててもいいから、
目に見えて疲れきっているエジタカや阿部ちゃんら休ませて、
若手に好き勝手やらしてみてもいいんじゃないですかね。

貯金がないから冒険が出来ないのも理解できますが、
冒険するのは、得てして金持ってない人の方だったりします。

爺ちゃん、まだまだ見捨てたりしないからさ、
小さくまとまる事だけは、考えないで欲しいな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

言葉もないっす。
とにかく残留早くきめてくれ~(悲鳴)。

あとのことはそれから考えるっす(泣)。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito