ナビ杯アウェイ清水戦 職場の皆さんごめんなさい

観戦記
08 /01 2009
心の痛むような出来事の続くここ2~3日、
それに凹んで、エントリーができないというよりは、

単に忙しいんだよ。

名古屋戦後に比べれば、
よっぽど健康的な精神状態でございますですよ、はい。

それにしても、ムリして駆けつけたアウェイでぶっ潰されるほど、
堪えることはありませんなあ。

この日の、直接の敗因といえば、
19歳の女子高生が、ゴル裏で牛タン食っていたことが全てですが、
まあ、その方と一緒に、牛タンと佐世保バーガー食ってた自分も、
それに加担したと非難を受けても、仕方ないな。

P7290013_convert_20090801144214.jpg P7290014_convert_20090801144253.jpg
P7290015_convert_20090801144329.jpg P7290016_convert_20090801144402.jpg

静岡駅に到着したのは、16:00過ぎ。(職場の皆さん、ごめんなさい。)
ホテルにチェックインして、ずぶぬれ覚悟の究極のクールビズで出動。
静岡からのシャトルバスは快適で、本当に30分ちょっとで到着。
時間の読めない浦和の交通事情とは、えらく違います。
しかも、自家用車で来た時には、延々と歩くあの上り坂を、
バスはとっとと駆け上がり、ホームゴル裏前まで連れて行ってくれます。

これは楽だ。

おまけに、アウェイゴル裏の売店も充実度を増しており、
この程度の来場者数であれば、もう大満足でございます。

さて、試合の方ですが、
相変わらず闘莉王不在、峻希もケガで、タクが左SB。
直輝が2列目に復帰して、いかにもナビっぽいスタメンでした。

日本平はスッポリ雲をかぶったような、もやまみれの状態。
気温的には快適な涼しさでしたが、チャントやりだすと蒸し暑さが襲ってきた。
まあ、暢久には最初からムリなコンディションでした。

P7290019_convert_20090801144510.jpg P7290024_convert_20090801144701.jpg
P7290023_convert_20090801144627.jpg P7290017_convert_20090801144434.jpg

試合開始直後の、阿部ちゃんのオウンゴール。
不運とも言えますが、兵働、枝村、四千と繋がった攻撃は見事でした。
前半終了直後の、岡崎のヘッド。
これも兵働から、児玉、岡崎。いずれも緩慢な暢久の前から放り込まれました。
そして、後半のダメ押し点。
これも兵働のFKから、岩下折り返し、青山がフィニッシュ。

完敗でした。

試合全般を見れば、浦和が支配していた時間もかなりありました。
しかし、そこは逆に清水にボールを持たされてたという面もあるのかもしれません。
しっかりとリトリートして、チャンスにはゴールへ殺到する、
そういったメリハリに関しては、清水が一枚も二枚も上でした。

暑ければ暑いなりの戦い方があるはずで、条件は同じ、言い訳にはなりません。
ボールを支配しても、決定機を作れないのは、開幕以来変わっていません。
精彩を欠いているように見えた、浦和の選手ですが、
逆に、今までたまたま点が取れていただけで、こんなものかもしれません。

1点でも取れていれば、どっちに転ぶかわからないゲームでしたけどね。

P7290021_convert_20090801144547.jpg P7290027_convert_20090801144749.jpg

そこが、浦和の伸びしろなのかもしれません。
それができないで、上位にいることが、奇跡的なのかもしれないな。
そこを誤解しないように、フィンケは警鐘を鳴らし続けているのかもしれない。

運動量が上がることはしばらくないでしょう。
とくに、遠征の多い8月後半は、正念場というより・・・、素で厳しそうだな。
ここはひとつ、涼しくなるまで腹据えましょうよ。

いろんな負の出来事が続くこの時期だからこそ、
サポーターとして、ぶれない態度が求められるんじゃないかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito