ホーム名古屋戦 曲がり角

観戦記
07 /26 2009
最近、フィンケが公の場で発するコメントに対して、同意できない点が増えてきているような気がします。

少なくとも、
・怪我人(特に達也と司)がいないこと
・クラブに有望な選手を獲得する資金がないこと
・チームがまだ発展途上で、今の戦績は出来すぎであること
この点について、毎試合の前日コメントで、執拗に繰り返し彼が言及することについては、正直言ってうんざりした思いでいます。
これらのことは、すでにサポーターが理解していることであり、それをこの段階で繰り返すことは決して建設的ではない。僕には単なるエクスキューズにしか聞こえなくなっています。何に対して言い訳しようとしているのか、予防線を張っているのか知りませんが、最近は、自分たちバカにされている気にさえなります。

そして、今日の試合。
「勝ちたい」という希望が強かったからこそ、ゲームの方に悪い影響を与えてしまった、と彼は言います。
しかし、これは、明らかに間違っていると思っています。

ピッチ上に、名古屋の選手以上に戦えている選手が、どれだけいたのだろうか。

P7250009.jpg P7250002_convert_20090801143748.jpg
P7250008_convert_20090801144108.jpg P7250003_convert_20090801143854.jpg
P7250004_convert_20090801143926.jpg P7250005_convert_20090801143957.jpg

ケネディが加入したとはいえ、下位に低迷する名古屋を迎えたJリーグ19節、埼スタでのホームゲーム。
爽やかな南風が吹き抜け、コンディションとしてはさほど厳しくはありませんでした。
スタメンには、大分戦に続いてGK山岸、闘莉王に代わって坪井、ベンチに直輝。

試合開始時にエンド変更。前半浦和は風下の北に攻めます。
啓太が山岸と相談して決めたようですが、どうしてこんなことしたんだろうか。
前半、ラッシュかけるなら理解できますが、ラッシュかけたのは名古屋でした。

名古屋は、最近の不振を見事に修正して見せました。
3ラインが凄まじくコンパクトで、ショートパスでそこを突破することは出来ません。
しかも、全員が素早い寄せで、浦和の選手を自由を与えず、闘志で相手を圧倒します。
立ち上がりから、「これは勝てない」と思いました。

一方の浦和は、判断も遅く、パスを受ける動きもなく、
ただ「綺麗に」サッカーをしたいようで、局地戦では全敗の様相。
プライドも、意地も、感じることは出来ませんでした。

前半、ゴール左で粘った小川が玉田に戻し、ツボと啓太が間を簡単に割られ1点目。
後半、簡単に中央突破された玉田が、小川との縦のパス交換後、鮮やかなミドル。

ここで、浦和の連中の心が、折れてしまいました。
1点返そう、と思ってたのが、どれほどいたんだろうか。
マギヌンは棒立ちのDFを置き去りに左を突破し、センタリングをケネディが頭で決めて3点目。

無残な試合でした。
浦和の選手に、戦う姿勢は全く感じられませんでした。
0-3は妥当な結果でした。

受け手が動かないから、暢久もロビーも持ちすぎる。
判断が遅いから、相手のチャージを受ける。
すかしたボールの受け方するから、すぐに寄せられ、掻っ攫われる。
審判にブーイングする連中もいましたが、まったくのお門違い。

浦和の連中は、小さな成功で満足してしまったのかもしれません。
前半戦終わって2位という成績に、勝手に手ごたえ感じているのかもしれません。
しかし、内容は綱渡り同然、去年と大差はない。可能性が見えるだけ。
フィンケの言うように、まだまだ彼の目指すサッカーに到達していないのに、
2試合も続けて、完封負け食らっているというのに、
ちょっと相手より、ゲームを支配しただけで、ポゼッション上回っただけで、
自分たちは何かを成し遂げたかのように振舞ってはいないか。

今日の1点目も、2点目も、3点目も、
本当に守ってるやつらはファイトしていたと言えるのか。
今日、ゴールに迫って、シュート打った連中は、
本当に決めなければいけないいう執念を持っていたのか。

そこに、意地やプライドが、本当に存在していたのだろうか。

試合前のリザーブの選手の鳥かごでのはしゃぎよう。
スタメンに入れないのに、何がそんなに楽しいのか。
理由にならないと言いながら、大分のピッチに文句つける選手。
その前に、自分に出来ることはなかったのか。

コンパクトな名古屋のラインに、いくら仕掛けても破れないラインに、
かたくなにショートパスで突破を図る浦和の選手。
ロングボールで相手の裏を狙う動きはあまり見られませんでした。

前半の成績など、全く気にはしていませんが、
前半にできていたサッカーが出来ておらず、緩んできているのは事実。
まだまだ完成していない、積み上げが必要なチームが、
出来すぎの結果の上に、胡坐をかいてはいないのか。
とにかく、球際で負け過ぎだろ。

P7250007_convert_20090801144038.jpg P7250012_convert_20090801144139.jpg

暗澹たる思いで、舟渡の「森谷」で焼き鳥食っていました。

更に上を目指せるクラブなのか、こんなものなのか、
日本平で確かめてきたいと思っています。
(行けるんやろか・・・。)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おっしゃるとうりです。最近の監督のコメントには納得できません。このままズルズルいっったらおばさんは黙ってないからね!!

こんな試合を見せられるために名古屋くんだりから出かけたのではない(怒)。
終了10分前に、オクさんと二人でスタジアムを後にしました。どんなときにも
途中退席はなかったのに!(多分)

広島戦のあたりからこんな試合続けていて大丈夫かなーと思っていましたが
案の定でした。進歩がないですねー、っていうかどんどん退化しているみたい。

あんな試合じゃお客さんも離れると思いますが、そんな理由じゃなく、私も、
持病が悪化しているので、ちと参戦を控えます。
それにしても、つらいなー。

まったく、その通りです。
よくぞ書いて下さいました。

あ-、すっきりした!

みなさま、コメントありがとうございます。
ちょっと、強いこと書き過ぎかなあとと思ってたんですが、
なんせ、武蔵野線が遅れて、気がたってたものでw。

>さくら草さま
まあ、あんなに頻繁にコメントさせなくてもいいんですけどねw。
ただ、なんかバカにされてる気が、最近しないでもありません。
語尾に「ネ」をつけると、前監督風になってイラッときます。

>じ~じさま
お身体、大丈夫ですか?
名古屋の出来は、確かに素晴らしかったと思いますよ。
昔なら、相手が絶好調でも、0-0で辛抱できたんですけどね。

>みつるさま
いや、ちょっと芸風から外れてしまいました。
ブログではもっと温厚で、現場ではもっと短気ですw。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito