【観戦記】Jリーグ 浦和4-1名古屋 涼太郎デビュー

観戦記
04 /29 2016
風が語り掛けすぎです。

ゴール

25分 陽介
39分 でかいの(まぐれ)
56分 忠成
62分 慎三
65分 武藤

名古屋

__シモビッチ_和泉__
永井______古林
__田口__小川__
髙橋______キショー
__竹内__大武__
____武田____

66分 和泉→松田
72分 古林→小屋松
77分 小川→矢田

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウメ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

53分 ウメ→駒井
73分 陽介→りょーたろー
83分 慎三→青木

風の影響というよりピッチの影響っぽいですね。
十分に水が撒かれておらず、多少フカフカ気味の状態で、
前半からポゼッション時のボールの持ち方がおかしく、
シュートシーンでも、ボールの置き方が難しそうでした。

それでも、この日も高い位置からのミシャプレスは好調、
名古屋に狙って蹴る時間も、考えて蹴る時間も与えず、
結局、名古屋は最後まで何もしたいことはできず。

そもそも、矢野古林のサイド攻撃、永井のスピード、
そしてシモビッチの高さしか頼るものがない中で、
闇雲に4-4-2でのコンパクトハイラインが、
何のために行われているか、見えてこない。

コンパクトにしても、ボランチはじめ、守備はザル同然で、
取ったらその3つのストロングポイントに預ければいいのに、
中途半端にボール運んでは、浦和にさっさと刈り取られる始末。

上下左右にコンパクトなのはいいが、スライドや上げ下げで消耗し、
後半失速して崩壊した試合は、連敗中に何度も見ましたし、
運動量押さえれば、新潟みたいな馬鹿正直な攻撃は止められても、
「相手を広げる」ことにかけては日本一の浦和に勝機はない。

後半の瓦解は、ある程度予想されたものでした。

航がラインを上げて、楔を打ち込む。
これだけのことで、ここまで劇的にサッカーの強度が上がるのか。

ウメの起用は名古屋の左サイドをケアしたのかなとも思いますが、
大したことないやと駒井投入、関根を左に回してギアチェンジ、
好判断だったと思います。

ミシャの言う通り、ライン上げて撃沈していた頃、
ミシャの言うこと聞かずに、ライン下げていた頃、
それでも結局、守備の安定も、攻撃の迫力も手に入れられませんでしたが、
ここにきて、一気に浦和のサッカーの完成度が上がって来た印象があります。

最高のGWのスタートになりました。

忠成の展開からウメが折り返し陽介が右足でふにゃっとフィニッシュ、
関根が森脇とのワンツーで左サイド抉ってのクロス、忠成が左足でミート、
陽介が掻っ攫ったボールもらって、慎三が切り込んで右足で蹴り込み、
最後は慎三が左にスライドし、最後にもらった武藤は前に蹴るだけでした。

どれもこれも、ミシャが理想とする、流れの中から多人数関与してのゴール。
浦和のやりたい放題でした。

この日、伊藤涼太郎がデビュー、先輩方にいきなり鬼パス連発する強心臓。
ドリブルの子かと思ってましたが、鋭い、力のあるパス持ってます。
伸二や陽介やヤジとも少し違うパサーとしての一面、見せてもらいました。

まあ、まだまだ状況判断遅いし、相手のフェイントに引っかかって守備はザルだし、
酷いことになって来たので、慌てて青木先輩を投入して事態収拾する羽目に。
まあ、悪くないデビュー戦でした。

さあ、次は浦項。やっぱり勝ちたいね。
スポンサーサイト

【展望】Jリーグ ホーム名古屋戦 やはりブギーが怖い

展望
04 /26 2016
シドニー、川崎とハイテンションな試合が続く4月、
中4日で、次はホームの名古屋戦。
槙野たちは熊本まで出張してて、大丈夫なんでしょうか。

元気もらったらしいから、まあいいよね。

連戦も、埼スタ、埼スタ、ナクスタと、近場で残り3試合、
頑張れるでしょう、今の彼らなら。

名古屋は序盤、なぜか結果がついてきていましたが、
それもただの偶然だったようで、着実に黒星重ねています。

前節の名古屋

_シモビッチ__和泉__
永井______古林
__田口__イスンヒ__
髙橋______キショー
__竹内__大武__
____武田____

その前節の名古屋

_シモビッチ__野田__
永井______古林
__田口__明神__
安田______キショー
__竹内__大武__
____楢崎____

楢崎が負傷欠場、代わりの武田が終盤謎の大当たり。
次節はイ・スンヒ出場停止。再び明神先生の出番ですか。
安田、野田に代えて投入された明大出身のルーキー2人、
なかなかいきのいいプレイをしてましたが、
それだけ、人材難なのかとも思えるレベル。

人が入れ替わっても、オグランパスの戦術は一貫してます。

小倉、実は好きだったんですよね、四中工時代から。
惨敗したカントナとパパンのいるフランス戦で一人輝いて、
エクセルシオールから名古屋に戻った時は、本当に羨ましかった。

あの怪我さえなければ、というのは達也と同じ。
だから、彼が監督としてネタ扱いされるのは少々複雑でして。

システムは縦横かなりコンパクトな4-4-2。
バックラインは高い位置取りで、中盤もセンターサークル付近。
攻める時は両SBがボランチの高さ、両SHはトップよりやや低め。
大体、両サイドのエリアを使ってボールを運んでいく感じ。

SHは横より縦、スピード生かして突破を図る。
古林からファーのシモビッチへのアーリークロスが1つの形。
それをフィニッシュか、落としてセカンドストライカーが狙う。
反対の永井は、どちらかというと自由で、自分で打つことも多い。

小川とか矢田とかいった作れるタイプより、切り裂くタイプ重視か。
ボランチはどちらか1枚が2列目に関与、田口が出てくることが多い。
そんな印象を持っています。

ただ、コンパクトではありますが、多少チェックが緩いかも。
というより、いつも後半失速するから、自重気味なのかも知れません。

浦和が怖いのは、永井と森脇のマッチアップ。
食いつき過ぎて裏取られると、二度と追い付けませんし、
永井のパンチのあるシュートも、名古屋のストロングポイントですし。

シモビッチも高さではまず勝てない。
って言うか、彼、24歳ですって?老けてますね。
ボールの出所である古林を抑えるのは、ウガのお仕事です。

憲剛、大島を慎三と両ボランチでシャットアウトした川崎戦ですが、
今回も要領は同じですし、怖さは格段に低い。

浦和の横に広いサッカーに、名古屋がどこまでついてこられるかですが。

横浜みたいに真ん中固めて、専守防衛だと多少手を焼くかもしれませんが、
小倉の志はもっと高いようで、足元ではなく、ずっと先を見据えていますので、
浦和に対しても、どっかの塩クラブと違い、必ず攻め返してくると思っています。

浦和にとってはやりやすい反面、その縦の速さに怖さもある、
面白い試合になるんじゃないかな。

決して、油断はできない相手だと思います。

【観戦記】Jリーグ 川崎0-1浦和 強い

観戦記
04 /24 2016
午前中の雨も上がり、暑くも寒くもなく、湿気もなく、
うっすら青空ものぞく絶好のコンディションとなった日曜の夕方。

昨年は物珍しさでメインスタンドに潜入しておりましたが、
今年は元のゴル裏2階席に陣取り、決戦に向けて待機。
アウェイ側に、こんなビジョンいつできたんだ。

とにかく、審判以外は最高でした。

ゴール

54分 武藤

川崎

__大久保_小林__
登里______田坂
__憲剛__大島__
谷口_____エウシーニョ
_エドゥアルド_奈良__
____チョン____

45分 田坂→車屋
68分 登里→森谷
86分 奈良→中野

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

66分 武藤→ウメ
76分 ウガ→トシ
86分 関根→駒井

大久保はやっぱり出て来ましたね。
瓦斯戦の終了間際の傷んだシーン、痛そうでなかったし。
まあ煽るだけ煽ってくれましたけど、そっちの方が痛そうでした。

去年までは革命中でしたから、不思議な陣形で繋ぎまくってましたが、
今年は普通の4-4-2で、川崎伝統の縦に速いサッカーが復活、
憲剛起点に、大久保と小林に大きく依存するサッカーに逆戻り。
風間就任時の壮大なビジョンは何だったんでしょうか。

そのせいで、どの試合見ても昨年までほどポゼッションはほどほど、
点は取っていますが、大勢が決まってから稼いでいるゴールも多く、
勢いだけなのはどっちだよ、というのが正直な感想ですが。

浦和は水曜のシドニー戦から中3日、
ナビで主力休ませてあっさり負けてる川崎とは、コンディションが雲泥の差、
ところが、試合開始から猛烈なハイプレスかましてましたから、
スコアレスで前半終了した時点で、終わったぁ、とか思ってましたが。

後半最初の川崎の攻勢を、のらりくらりとかわしたあと、
森脇のアーリークロスをりーくんがヒールで落として、武藤がフィニッシュ。
鮮やかすぎて、よだれこぼしてしまいました。見事な決勝ゴール。

そして後半も、遠藤がライン下げずに必死の抵抗、
鬼神の如く駆け回るりーくんに引っ張られ、中盤の運動量も全く落ちず、
最後まで川崎のボールホルダーに、襲い掛かり続けることができました。

いや、本当に強い。

去年のホーム吹田戦を思い起こさせるような、ハイテンションの試合でしたが、
ここでも、ホーム広州戦を勝ち切った経験と自信の大きさを感じました。

鹿もこけて、首位へと再浮上しましたが、今の居心地は別に悪くない。
当然、僕らがいるべき場所のように思わせてくれる、力強いゲームでした。

【展望】Jリーグ アウェイ川崎戦 首位攻防戦ではありますが

展望
04 /23 2016
ACL決勝トーナメント進出を決めてから中3日での川崎戦。
後半パタッと足が止まった第6節の横浜戦同様、
頭も体も厳しいコンディションで大事な首位攻防戦を迎えることに。

極力フレッシュな選手を起用して、
しっかり均衡を保つことが大事になると思いますが。


最近の川崎さん。

リーグ第5節 川崎1-1鹿島

__小林__森本__
田坂_____エウシーニョ
__憲剛__森谷__
車屋______武岡
_エドゥアルド_奈良__
____チョン____

リーグ第6節 川崎1-0鳥栖

____嘉人____
登里__憲剛__小林
__ネット__原川__
谷口_____エウシーニョ
_エドゥアルド_奈良__
____チョン____

リーグ第7節 瓦斯2-4川崎

__嘉人__小林__
田坂______森谷
__憲剛__原川__
車屋_____エウシーニョ
_エドゥアルド_奈良__
____チョン____

ナビ第4節 柏2-1川崎

__狩野__三好__
中野______橋本
__ネット__原川__
車屋______武岡
__谷口_奈良__
____チョン____

無敗で勝負強い試合を続けるリーグ戦に対し、
しょうもない試合を続けるナビの陣容を比べてみると、
やはり、キーマンは大久保、小林、憲剛、田坂あたり。

浦和に対しても、ビルドアップへのチェックがしやすいので、
今年のベースである2トップで来るんじゃないですかね。
ただ、あとは瓦斯戦終了間際で怪我した大久保の状態。
森本が入るようだと、迫力は数段落ちてしまいそうですが。

大島の状態が戻っているか、やはり負傷退場の車屋は出れるか、
と言ったところも気になりますが。
今年は浦和以上にサブをうまく使っているように見えますので、
そう大きなハンディにはならないような気もしますが。

こんな感じ?

__小林__森本__
田坂______森谷
__憲剛__原川__
谷口_____エウシーニョ
_エドゥアルド_奈良__
____チョン____

結局は、低い位置の憲剛をどう抑えるか、遠藤や俊輔と同じテーマ。
それと、妙に原川がいい仕事してますのでお忘れなく。
ボランチは忙しくなりそうです。

浦和でフレッシュなのは、ウガと森脇。
シドニーで、ズラを90分使えなかったのが誤算ではありました。
関根と司の体力がどこまで戻っているかが気がかりです。

____慎三____
__トシ__石原__
ウガ______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

こんなんでいいと思うんですがね。

前の動き出しさえあれば、なんとか川崎に対抗できるでしょうし、
名古屋戦、大宮戦も落とせないだけに、賢く戦って欲しい。

信じないロスタイムゴールで鳥栖に勝ち越したり、
75分からギアチェンジして瓦斯を逆転したりしていますが、
川崎も、必ずしも相手を圧倒したり、ボール支配しているわけではなく、
結果は出てますが、うまく行っていないところも少なくない。

塩試合もやむなしかなあ。

【TV観戦記】ACL シドニー0-0浦和 GL突破は実は2回目

TV観戦記
04 /21 2016
先ずはグループリーグ突破おめでとう、ありがとう。
2008年は優勝国シードでしたから、いきなりベスト8でしたから、
初出場の2007年以来2度目の事です。

しかも、あの時もシドニーFCとの埼スタでのスコアレスドロー、
不思議な縁ですなあ。

シドニー

う~ん。

浦和

____ズラ____
__武藤__忠成__
ウメ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_那須_遠藤_
____周作____

58分 ズラ→慎三
70分 武藤→青木
83分 関根→駒井

武藤とりーくんは逆になってましたね、最初の方。
利き足を外にして、縦を狙い、ズラへのクロス供給重視かと思いましたが、
芸風はいつもと同じでございました。

前半から、酷いピッチも関係なく、シドニーDFを好きなように振り回し、
決定機を作り続けましたが、武藤もりーくんもなかなか決められず。

この日、最高にキレキレだった司が、左サイドぶっちぎってましたが、
もう少しのところで、結果につなげることはできませんでした。

でも、シドニーは相当パニックでしたね。
マークが外れているところが各所に発生していたのは、スカウティング不足か。
やはり、ホーム2-0という結果は、妥当だったんだなと改めて。

ズラが、思いのほか早く、負傷退場してしまったことにより、
一手ずつ、ミシャの打つ手が早くなり、浦和の失速を早めてしまい、
後半途中からシドニーにゲームを握られることにはなってしまいましたが、
それも想定ないと言わんばかりの落ち着いた対応。

劣勢の中でも、陽介ヒールからの慎三など、惜しいチャンスも作りましたし、
しっかり前から守ることで、相手をゴールから遠ざけ続けることができました。

最終節、浦和が勝つ公算が高く、シドニーが勝てない公算が高い中、
引き分け上等な状況で、ちゃんと引き分けられるチームになってきたことが、
何よりうれしいゲームでした。

怪我したズラは心配ですし、早く良くなって欲しいと思います。
最後は動けなくなったサイドやシャドウの面々のコンディションは気になりますが、
それでも、破たんなく守り切った浦和は、本当に強くなったと思う。

一人で攻めたそうだった駒井には気の毒でしたが。

おそらく、1位なら山東、2位ならソウル、どちらも簡単ではない相手です。
でも、ACL獲るための第一関門でしかないし、怖がる必要もない。
浦項戦は、しっかり手を抜いて、結果だけいただきましょう。

他のチームも苦しんでるね。吹田、広島はダメでしたが、瓦斯は大丈夫。
個人的には、ACLへの思いが似ている、吹田と上に行きたかったところですが。
広島は、もう出なくていいよ。

あと、サポのみなさんも本当にありがとうございました。
選手ともども、とっとと帰宅して英気を養ってください。

すぐに等々力ですから。

【展望】ACL アウェイシドニー戦 さあ決戦

展望
04 /17 2016
さあ、グループリーグも第5節と終盤戦。
大事な試合が続きます。

グループH 順位表

1 シドニー 勝ち点9 (残り)H浦和、A広州
2 浦和 勝ち点7 (残り)Aシドニー、H浦項
3 浦項 勝ち点4 (残り)H広州、A浦和
4 広州 勝ち点2 (残り)A浦項、Hシドニー

開幕戦、埼スタで見たシドニーは、それほど強そうではなかった。
というよりも、これは安パイやな、というのが実感でした。
それがその後3連勝となると、埼スタで見たチームは別物らしい。

とは言っても、ACL初戦、夏冬真逆の気候、長距離移動など、
アウェイの恩恵を浦和が余すことなく享受できた試合でしたから、
簡単な試合になるかと言えば、そこはそれ、首位攻防戦ですやっぱ。

浦項とは勝ち点が並ぶと浦項の抜けられてしまいますので、
勝つのは理想ですが、まずは勝ち点1を確実の取って、
1点でもリードした形で、最終節を迎えるのが大事になります・
まあ、そんな器用な真似ができるような浦和ではありませんが。

そして、埼スタで浦項に引き分け以上で上に進む。
現実的には、そんな戦い方になるんじゃないかと思いますが。

前回対戦時のスタメン

____ズラ____
___武藤__ウメ__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_ミッツ_森脇_
____周作____

61分 ウメ→慎三
75分 青木→遠藤
87分 武藤→陽介

リフレクションが絡んでの2ゴールでしたから、
それほど危ない場面もなかったですが、圧倒していたわけでもない。

相手は4-4-2、守るときは右SHが下がっての5-3-2。
序盤苦手とした2トップで、アベユ、ミッツを監視されましたので、
前半は思うようなビルドアップができず、少し苦心しました。

後半は4-1-5に変換せず、3-2-5で対応することにより安定、
相手FWとの2対2の数的同数を回避し、中盤を厚くして対抗、
慎三のPK以降は安全運転でゲームをクローズできました。

この日、好調だったのは、ミッツと青木。
ズラもアジア相手の1トップであれば、身体の強さを生かすことができる。
ズラのコンディション次第ですが、この3人は使って欲しいなあ。

後は、やはり体の強そうなウメと石原もスタメン候補。
とにかく、前半は拮抗した展開に耐え、後半勝負。

交代要員は、KとL。相手が疲れた頃に、うちのエースをぶつけたい。
そして、昨日関根と共に埼スタのサポーターを鷲掴みにした駒井。
スピードと中距離のパンチ力ならトシ。

相手の5バックは、結構ライン上げて来ますが、
バックラインに浦和程の俊敏性は見られないので、裏は十分取れるはず。
相手の息の根を止めてやってください。誰帯同するか知りませんが。

フライトの時間は長いけど、幸い時差はないオーストラリア。
後の連戦は近場ばかりなので、とにかくこの試合が正念場です。
駆けつけるサポーターの方々もお気をつけて。

決戦ですよ。

【観戦記】Jリーグ 浦和3-1仙台 KLM揃い踏み

観戦記
04 /16 2016
オランダ航空がどうかしたんですか?

ゴール

53分 忠成
54分 三田
74分 慎三
76分 武藤

仙台

____波紋____
野沢__ミンテ__奥埜
__三田__富田__
石川______大岩
__渡部__平岡__
____石川____

66分 野沢→藤村
80分 ミンテ→西村
85分 大岩→蜂須賀

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

73分 ウガ→ウメ
82分 慎三→石原
89分 関根→駒井

金園までダメだったのね。

なぜか鹿島さんにホームで辛勝したものの、
名古屋に負け、広島、吹田と続けて3失点。
攻めに出て、リスクを取っての結果ならまだ格好はつきますが、
腰が引けた、相手にわざわざ主導権を渡す戦い方でのこの体たらく、
そして、今日の埼スタでもそれは変わりませんでした。

コイントスでサイドを変えるのも、小手先の神頼みみたいなもの。
前半から一方的に浦和に押し込まれながら、何とか均衡を保ちますが、
後半になると、もう持ちこたえることはできませんでした。

この日、いい動き出しでボールを引き出したり、
判断に遅れてボール失ったり、シュートをうまく合わせられなかったり、
調子がいいんだか悪いんだかよくわからないりーくんでしたが、
左サイドを縦に抜けた槙野の低いクロスに頭合わせて先制ゴール。

その1分後に、カットインして航を振り切った三田に決められたのは、
もう悪い冗談としか思えませんでしたが、
今の浦和はそれで慌てたり、焦ったりすこともなく。

キムミンテが置いてったボールをキャプテンがすかさずスルーパス、
斜めに入って来た慎三が軽やかに第三GKとの1対1を制して勝ち越し。
交代で入った司が左からドリブルで回り込み、
上げたクロスを武藤が頭で合わせて、古巣相手にとどめの3点目。

槙野の霧吹きパフォーマンスは余計でしたが、
杖を放り出す、ミシャの「本当は立てるんかい」パフォーマンスは定番に。
勝ち点3をしっかり手にすることができました。

トリデンテが揃ってゴールというのは、本当に気持ちがいい。
慎三が仙台キラーなのはともかく、武藤も毎年決めるよなあ。

仙台は、前節の吹田戦でも、終盤にド迫力の猛攻見せていましたし、
決して、前に出る力がないわけではありません。
しかし、この日は波紋を前に出す4-5-1で浦和に対峙。
横長の2ラインでゴール前を囲む守り方は、浦和にある程度有効ではありますが、
ただそれだけでは、自陣に釘付けになるだけなわけで。

サッカー特有の事故のようなゴールが偶然もたらされるのを祈り、
相手のシュートは最後まではね返し続けられることを信じ、
限りなく、引き分け以下の結果しか望めないサッカーを90分続けることは、
ミシャの憤るように、本当にプロが客に見せるサッカーなのかな、と。

そこまでしないといけないような力しかないのであれば、
無理しないで、J1に見切り付けちゃえばいいと思うんですがね。
仙台では、もっとスリリングな撃ち合いしましょうよ。

次は、シドニー遠征挟んでアウェイ川崎戦、
きついなあ、やっぱり。

【展望】Jリーグ ホーム仙台戦 連戦での選手起用

展望
04 /16 2016
熊本の状況見て、仙台も浦和で練習してたよなあとか思い出しました。
ロアッソ含め、早く元の生活ができるようになれたらいいです。

さて、ここからチームもサポも過密日程の正念場。
H仙台の後、Aシドニー(中3日)、A川崎(中3日)、
H名古屋(中4日)、H浦項(中3日)、A大宮(中4日)の6連戦。
でも、シドニー以外は近郊の試合ばかりなのは、助かります。

それでも、JリーグもACLもタイトル獲るためには、
一息つくところは皆無ですから、そこは辛いところ。
シドニーに快勝して、浦項戦が消化試合になるのを願うばかりですが。

仙台もけが人が続出しているそうで。
GKは2人いないし、梁、金久保は難しく、
ウィルソン、水野、菅井、金園も微妙という事ですが、

こ う い う 時 の 浦 和 は 信 用 で き な い 。

こんな感じですかね。

__波紋__金園__
奥埜______野沢
__三田__富田__
石川______大岩
__渡部__平岡__
____石川____

普段以上の力を発揮するホームでも、不振のガンバにすら好きなようにされた前節、
本調子とは言えない、厳しい試合が続いています。
まして、本日は昨年完敗した埼玉スタジアム。
普通に考えれば、浦和の優位は動かないところですが、

こ う い う 時 は 本 当 に 信 用 で き な い 。

シドニー戦、川崎戦をにらみながら、どんなメンバー組むんですかね。

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

と結局鉄板予想ですが、古巣相手に去年も決めた武藤は出てくるんじゃないかな。
ACLではズラ、石原。ウメとあたりに強いのが出てきそう。
あとは、リベロとボランチに、ミッツと青木を使うのはどの試合か。
武藤、ウガの左サイドに、駒井、トシを使うのはどの試合か。

すぐにメンバー固定させてしまい、柔軟なメンバー変更ができないミシャにとっても、
正念場の3週間になるんじゃないかと思います。

どうせ全部勝てないんだから、あまり目先の結果に振り回されることなく、
大宮戦まで良好なコンディションを保つことが、逆に結果を手にできる近道ではないかと、
そう思うわけです。

まずは、仙台、ぶっ潰しますか。

【TV観戦記】Jリーグ 横浜0-0浦和 ドローでしたけど

TV観戦記
04 /10 2016
結局、日産に金払う気にはどうしてもならず。

横浜

____皆既____
遠藤__俊様_マルティノス
__イケメン__喜田__
下平_____バンゾー
__ファビオ__ボンバー_
____飯倉____

72分 皆既→翔さん
77分 遠藤→前田の方の直輝


浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

62分 陽介→青木
79分 ウガ→ウメ
86分 武藤→駒井

鞠さんが守備的だったかというと、どうなのかなと。

まあ空気のような存在のカイケと、倒れてばかりのマルティノス、
後半輝いたものの、前半は完全に森脇に封殺された新人の遠藤、

齋藤を欠いた布陣では、ボールを前に運べるタレントがおらず、
いくら俊様が怪物とはいえ、攻撃組み立てるのはそう簡単ではなく。

その中で、前半は浦和に完全にボールを支配され、
何度跳ね返しても、すぐにボールロストし波状攻撃受ける状況では、
守備的だの攻撃的だの選択する余裕もなく、耐える時間が続くことに。

それでも、PA内ではしっかり集中を欠くことなく体張って、
何度も迎えた決定機も、浦和が決められなかったのは横浜の頑張りのせい。

前半仕留められなかったことを悔やむというより、まあ仕方ないかなと。
決して、広州戦で消耗したからというわけではないと思います。

それでも、後半途中から先に足が止まったのは浦和の方で、
左の遠藤渓太に、DFが3度も置き去りにされるなど、
そこそこピンチを招いただけに、失点しなかったのはよかった。

ATには最後の力を振り絞ってスイッチ入れて、
槙野を起点に、左から何度も攻め込みましたが、ゴールは割れず。
昨年の惨敗の借りを返すことはできませんでした。

陽介、使わなくてもよかったんじゃないですかね。
青木というよりも、チーム全体が、陽介のいないサッカーに対して、
もっと経験値を積んでおく必要があると思います。

それはキャプテンについても同じ。
せっかく控えの層が上がって、総合力に手ごたえをつかめ始めたのに、
今年もミシャのスタメン固定化が、戻りつつあるのが不満ではあります。

それと、りーくんや槙野は、もう少しシュート時に力まないでできんかね。
飛距離競うゲームのではないのだから。

しかし、結果はつかめませんでしたが、
浦和としてやるべきサッカーは全員が貫けたこと、意思統一が保てていたこと、
最後まで集中を切らさず、PA周辺でファールを与えず踏ん張ったこと、
ゴールなんて、多分に運も左右しますから、
きちんとできていたことは、それなりに評価してあげないといけないと思います。

土壇場のスーパーゴールで鳥栖を粉砕した川崎と、
ホームで4ゴールと広島を圧倒した鹿島に少し先に行かれましたが、まだ僅差。

それより今は、目の前の相手だけを見据えて、
やるべきことを根気強く続けていく時期なんだと思います。

1週間開けて、仙台、シドニー、川崎とまた大一番になりますが、
今の腰の据わった浦和のサッカーなら、どこにも負けないんじゃないですかね。

【展望】Jリーグ アウェイ横浜戦 充実の俊様

展望
04 /08 2016
日産は日本一サッカーの見辛いスタジアムですからねぇ、
スカパーでもいいかな。

前節のガンバ戦

____皆既____
ブッシ__俊様_マルティノス
__イケメン__喜田__
下平_____バンゾー
__ファビオ__ボンバー_
____飯倉____

非常にいろんなもんが見られた実に面白い試合。

立ち上がりはマリノスペース。
倉田から宇佐美クロス、パチョ落としてアデミフィニッシュ。
そこから、俄然ガンバペース。

しかし、俊様がこの流れをひっくり返す。
最初のFKはずっこけたものの、次は中町にピタリと合わせ、
三度目で東口をぶち抜くド迫力の同点FK。
その後も、マナブッシへのスルーパスで決定機演出。

後半もマリノスの流れ。
ガンバがあたりを強くするも、俊様が守備に注力して流れを渡さない。
左右入れ替わったマナブッシとマルティノスが縦を突くようになり、
遂に二人のカウンターで、勝ち越しゴールをもぎ取る。

その両ウイングがピッチから消えて守勢に回ったロスタイムに、
微妙なPK(外だろ)献上してピンチを迎えましたが、
元気のないヤットさんを見事に止めてゲーム終了。

去年、日産でコテンパンにやられた頃の鞠さんが戻って来た印象。

ナビの柏戦

____富樫____
前田__天野__仲川
__新井__兵藤__
高野______金井
__パク__栗原__
____榎哲____

柏に完敗した控えレベルの低さから、
さして、参考にならず。


小笠原や遠藤といった後輩も頑張っておりますが、
俊様はここ1~2年、またうまくなったんじゃないでしょうか。
何か、FKのボールスピードが一段上がっているような気がします。

オフでさえ、動いてるバスにボール突き刺したりしてましたから、
ゴールマウスなんて、的としては大き過ぎるんでしょうかね。
対策は、やばい位置でファールしないことに尽きると思います。

それと、陽介にも見習って欲しいのは、CKのバリエーションの多さ。
それと、ピッチ中央でのボールのキープ力、
囲まれてからボール出せるから、周囲に自然と数的優位を作ることができる。
厄介な人です。

中澤、ファビオのCBも相当に高いし強いし、クロスボールはノーチャンス。
パチョに狙われてた下平も、宇佐美と90分やり合ってた小林も実に粘り強い。
自由に散歩する俊様の開けたスペースにすっと上がる中町や、
SB押し出す際にはCBの間にすっと下がる喜田の醸し出す機能性。
カイケ日食は試合勘がまだ戻らず消えてましたが、マルティノスは当たりの匂い。
1トップ問題は、当面、俊様の破壊力でお釣りがくるので問題なし。

去年の日産の苦い記憶が、どうも弱気の虫を起こしてしまいます。


浦和は別メニューの人いたりしてよくわかりませんが、いつもの感じでしょう。

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

陽介はやる気なさそうなので。
あと両SHと武藤のところは、もしかすると変えてくるかも。
トシや駒井の出番が来るかも知れませんわ。

今の浦和は、スコアレスでもいいから後半までリードされないように進め、
相手の足が止まり始める後半半ばぐらいからペースを上げる展開がベター。
特に、俊様はスタジアムの空気を一変させてしまうので、うまく殺さんと。

また、今期苦手な2トップ気味でのビルドアップへのチェックもさほどでもなく、
自陣に引いてブロック作るので、じっくり攻めればいいです。
カウンター怖いけど、マナブッシ出場微妙だそうなので、威力は半減。

自信もってやればいいと思います。相手も浦和は怖いはず。

ただ、真ん中固められ、サイドに押しやられ、希望のないクロス上げまくるより、
宇佐美のように、どんどんとエリア内に突っかけていった方が何かが起こる。
縦パスは逃げずに、ガンガン突き刺して欲しいと思います。

去年の仕返し、是非とも。

【観戦記】ACL 浦和1-0広州恒大 これぞ浦和

観戦記
04 /06 2016
グループリーグも第4節。そろそろ浮上したいところ。
この試合で負けた方が、限りなく勝ち抜け不能になる局面。
特に前半3試合で勝ち点2の広州は、引き分けも許されない厳しい状況。

埼スタの桜なんか眺めてる場合ではないと思いますが。

ゴール

52分 武藤

広州

___不良債権___
中国人_グラル_中国人
_パウリーニョ__中国人_
中国人____中国人
_韓国人__中国人_
___へたくそ___

63分 中国人→中国人
74分 中国人→中国人
88分 中国人→中国人

浦和

____ズラ____
__武藤__ウメ__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

64分 ウメ→忠成
68分 ズラ→慎三
87分 武藤→青木


広州サイドからの6000人分のアウェイ席要求を華麗に拒否し、
当日券値下げして3万人集めたクラブは本当にGJでした。

最近見たことのない北の密度、雑音のなさ、野太い声、
城南やセパハンやっつけた頃の熱気を思い出しました。
チームでそれを知るのはキャプテンとヒラさんだけですが、
僕らはそれを知ってる。その熱を取り戻したいと思う。
そういう想いが束になって、広州恒大に襲い掛かる。

前半、グラウのシュートをかろうじて航が足に当てて枠外に逃れた場面、
後半、ゴール前に盛んに顔を出すパウリーニョが、
ポストに当て、ループを上に外し、無回転を周作が足ではじいた場面、
広州の惜しいシーンはこんなものでした。

繋ぎもうまい、ボールの持ち方もうまい、身体も強い、
そこにいたのはいつもの強い広州であったような気もしますが、
アウェイの前節、2点差を押し返した浦和が得た自信はそれを凌駕し、
ここぞの試合できっちり結集して見せた浦和のゴル裏が圧力をかけます。

負ける要素は一つもありませんでした。

切り込んだ関根のクロスを、逆サイドからウガが折り返し、
ゴール中央でしゃがみ込みながら、武藤がピンポイントでヘッドを合わせ先制。

これで十分。

後半だけで、ズラ、ちゅん、関根、慎三が決定機を決められませんでしたが、
広州GKの呆然とした顔を見て、広州の失われたオーラを感じました。
そもそも、広州にはこの3試合で2勝1分、埼スタでは2戦2勝。
もともと、相性のいい相手という事です。

金で選手どころかサポーターまで買い漁る成金のクラブであっても、
そこに負けていては、何も言う権利はありません。
しかし、学校や会社から、必死に試合に駆けつけたその筋の人たちの、
試合後に轟音となって響き渡った We are Reds!のコールが、
旅費まで負担してもらって遊び半分で集まったアウェイ席の連中に、
どう聞こえてたんでしょうね(すぐパクられそうですが)。

そんなクラブが、そんなサポーターが、
ヒストリーやカルチャーやトラディションなど、作って行けるとは思えない。
金の切れ目が、縁の切れ目やし。

勝ち点3以上に、広州ではなく浦和であることを、
本当にうれしく感じることのできる夜でした。


寿司、うまかったし。

【展望】ACL ホーム広州恒大戦 相性は悪くありません

展望
04 /03 2016
アウェイの地で、いきなりかまされ2点リードされながら、
武藤のごっつぁんゴールと、慎三の終了間際の同点ゴールで、
広州にはダメージの残るドローに持ち込んだのが3週間前。

広州はもう後がありませんので、ガチで来るとは思いますが、
前線の外人に絶対敵わないというほどの迫力は感じませんし、
リッピの時ほど、5トップが抑え込まれたイメージもない。

フェリポンがあれというのもありますが、
3年前の浦和とは、やはり完成度が違うという事だと思います。
そして、3年前でもホームでは広州を叩いてます。
昨年は広島も、CWCで広州を叩いています。

ミシャサッカーの、広州との相性は決して悪くない。

広州のグラルとマルティネスにボールが渡らなければ、
パウリーニョ以外に、さして怖いのもいない。所詮、中国代表。
キムヨングンと、暢久が嫌いな右SBの人が戻ったとしても、
Jを席巻する変態3-4-2-1が通用しないわけがない。

と珍しく強気な観測。

前回のスタメン。

____ズラ____
__武藤__陽介__
ウガ______ウメ
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

どちらかのサイドに関根が来るんでしょう。
バックラインは槙野、ミッツ、航でも全然ありだと思う。
青木がいいだけに、陽介どうするかが考えどころ。
前に入れたら、またパウリーニョと90分間デートだし。

前線の今のベストは武藤、慎三、ちゅんですが、
最初からその形で行って、先制パンチを狙いに行くべきなのか。

前回成功したのは、後半からの慎三、忠成、駒井の投入。
さすがに元気な前半は、ゴールこじ開けるのは大変なので、
ズラ、石原、ウメ当たりの重戦車組でダメージ与えて、
終盤、一気にギア上げられた方が、広州は嫌なんじゃないですかね。

今回、勝ち点3がマストなのは広州の方。
前半何とかしのげれば、焦る広州が徐々に失速するのは明白です。
そういう計算高い戦い方ができるチームになってるんじゃないかな、今の浦和は。

むしろ怖いのは、大挙して押し寄せる広州サポが作り出す雰囲気と、
スコアレスが続くと荒ぶりだす、こらえ性のない北の連中の作り出す雰囲気と。

前半から2点、3点取って圧倒できるような相手ではないのですから、
85分に慎三が決めて1-0なんていうのが、最高だと思うんですがね。
試合が動き過ぎないよう、ロースコアで推移することを願っています。

【観戦記】Jリーグ 浦和2-1甲府 やっと越えた甲府の壁 

観戦記
04 /02 2016
ACLホーム広州戦を火曜日に控えるための平日スライド、
代表のシリア戦含め、仕事帰り埼スタ3連戦の2戦目、
リーグ戦は先週試合がなかっただけで、すっかりお久しぶり感覚。

そんな寝ぼけ眼で対するのは、引きこもりのオーソリティである甲府。
目が覚めないうちに試合が終わってしまわないか、心配なところ。

ゴール

68分 慎三
81分 森脇
92分 稲垣

甲府

___クリスティアーノ___
__河本__稲垣__
田中______橋爪
__ビリー__新井__
_松橋_山本_津田_
____河田____

31分 山本→(退場)
65分 クリスティアーノ→畑尾
71分 津田→吉野

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______ウメ
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

62分 武藤→ズラ
71分 ウガ→関根
71分 ウメ→トシ


甲府は限りなく引き分け狙いの5-4-1でスタート。

りーくんの罠に陥った山本が早い時間帯にイエロー2枚で退場。

即座に5-4-0気味に構えるものの、
キャプテンと航が好き勝手始めたので、
すぐさまクリスティアーノを前に出して5-3-1。

真ん中の3枚が鬼のように横スライド始めたところに、
キャプテンが鬼のように左右に散らし始めたので、
こりゃ死人出るわ、というかキャプテン鬼畜だわ、と小一時間。

この試合、ポイントは佐久間さんの2つのミス。

1つは1トップの人選。
スペースあるところで前向いてこそ力が出るクリスティアーノを、
後ろ向くのが主業の1トップに上げたのは賢くなかった。

ニウソンが役に立たないなら、盛田でも立てておいて、
落としたところに彼を走り込ませた方がまだましだったのでは。
うちの後方トライアングルに振り回され、
大した仕事もできないまま、電池切れでピッチを去る羽目に。

もう一つはその交代後の陣形。
6バックはないわ。最終ラインの薄皮一枚で浦和は跳ね返せない。
PA内にわざわざ引き込むと、PK怖いから思い切り当たれないし、
セカンドボールは取れないし、ボールの出所抑えられないし、
もう、この試合貰ったと確信しました。

案の定、航にノンプレッシャーで縦パス打ち込まれ、
慎三スルー&ゴー、りーくん受けて縦にラストパス、
抜け出した慎三がDF引き摺りながら落ち着いてフィニッシュ。

これでほぼ終了。

慌てて5-3-1に戻しても、セカンドボールを支配できず、
食らった森脇のドライブシュートはもう不幸な事故だったとしか。

最後の失点は猛省対象ではありますが、
集中力を維持できなかったのは、甲府の反発力の弱さの裏返し。
ミシャは激怒してましたが、一晩寝て忘れればよろし。


確かに甲府は、同様に苦しい台所事情の湘南や福岡と比べても、
伝統的にどうやって点取るかよくわからないクラブです。
その守備的な姿勢に、面白みに欠けるサッカーに、
色々言われることもあると思います。

しかし、その甲府に3年間埼スタで勝てなかったのもまた事実。
勝ち点3獲ることに関しては、上位チームと同様の困難を伴う。
前掛かりになってはカウンターでワンチャンスものにされてたのは、
あくまで浦和の強さが足りなかっただけの事でして。

今年、航が真ん中に収まって、前も確実にゴールを重ねだして、
90分通して昨年以上に慌てなくなった感のあった浦和が、
本当の強さを身につけてきたか試すには、甲府は格好の相手でしたし、
この試合をクリアできたことで、大きな手ごたえをつかめました。

今年は本当に強い、かも。

広州戦で、さらにその手ごたえを、確固としたものにしたいなと思います。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito