【観戦記】Jリーグ 浦和1-0松本 ポイントは関根の突破力

観戦記
04 /05 2015
どんだけ来るのかと思ったけど、
かつての新潟程のインパクトはなかったわね。
こっちも席割り変えて、南の自由なくすわけいかんのだけど、
もっとアウェイ席広げろとか言う前に。
上段のスカスカになってるところ埋めて欲しいものだわよ。

ゴール
85分 森脇

浦和

____ズラ____
__高木__ウメ__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

57分 陽介→啓太
62分 ウメ→ムトゥ
77分 高木→忠成

松本

____オビナ____
__池元__岩上__
岩沼______ハユマ
__喜山__岩間__
_酒井_後藤_飯田_
____村山____

62分 池元→前田
87分 喜山→阿部
91分 オビナ→塩沢


まあ、予想通りの展開と言えばそうでした。
松本は先ずもって実に守備がしっかりしている。
厳しいJ2で安定した戦いしていくためには、
まずは守備の安定、ハードワーク、
先に夢見ちゃうとろくなことありませんしね。

そうした点で、松本は骨のある、しっかりしたチームでした。

しかし、この日の浦和の出来に関しては、
個人的には非常に良かったと思っています。
あらゆるプレイを、丁寧に根気よく繰り返していました。

そして、ボールロスト後も即座に中盤が絡みつき、
ディレイさせると同時にパスコースを限定していく。
最終ラインで勝負させられるようなシーンは皆無であり、
そこで生まれる余裕から、セットプレイやロングスローも与えない。

決定力には課題が残りますし、高木も本当に持ってませんでしたがw、
良質なチャンスは数多く築くことができていますし、
序盤でぼっこり決まっていれば、ワンサイドになった可能性も低くない。

隙のない、強いサッカーを浦和は見せてくれました。

この日、MOMあげたいのは相手左サイドをぶっ壊した関根。
珍しく60分もった彼が、何度も鮮やかに抉って見せました。
得点シーンも、それまでの圧倒的な突破力を意識させることで、
酒井と喜山を引き付けて、森脇に時間とコースを与えました。

山形戦に続く、勝負強い点のもぎ取り方。
こういう勝ち方は、今後の戦いでも自分を信じる礎になると思います。

これで昇格組3チームとの対戦を早くも消化したわけですが、
相手に恵まれたためだけのスタートダッシュではないと思います。
どのチームもほかの強豪相手に勝ち点を奪っており、
成績も底辺に並んでいるわけではありませんし。

水曜の北京にはもう勝つしかないし、
リーグ戦も川崎、横浜とそろそろ厳しい相手が登場してきます。
それでも、今日のような丁寧なプレイを続けていれば、
自ずと結果はついてくると思います。

7試合も消化するハードな4月ですが、波に乗っていきましょう。
スポンサーサイト

【展望】Jリーグ ホーム松本戦 明日も我慢

展望
04 /03 2015
かつて、このような強敵を埼スタに迎えたことがあったであろうか。

相手は、浦和がクラブ史上において、
いまだに勝つことはおろか、引き分けすらできていない、
天敵の松本ヤマガーさんなのであります。

しかも、ホームでは負けたことさえまだないのです。

ヤマガーさんのいつもの

____オビナ____
__池元__岩上__
岩沼______ハユマ
__喜山__岩間__
_酒井_後藤_飯田_
____村山____

最近流行りなんですかね、3-4-2-1。
開幕以来、湘南、山形、広島とこればっかりです。

真似すんじゃねえよ。

オビナって、うまいですね。
スピードはさほどではないですが、収まるし持てるし打てるし。
起点になると、2シャドウが安心して飛び込んできます。

また、経験の少ないチームですが、
ハユマさんが、実にうまくチーム全体を落ち着かせております。

反町さんの特徴は、やはりセットプレイのバリエーション。
浦和の苦手分野でもあるので、気を抜くことはできねえっす。

堅実な守備や、チャンスには数かけて速攻しかける点は、
昇格仲間の湘南や山形にも相通じるところがありますが、
見てくれはあまりよくない割りに、妙に決定力がある。

これは偏に、サポーターの力。

上昇カーブに乗り続け、成功体験しかないためか、
大挙して相手ホームに押し寄せる彼らに悲壮感はなく、
その妙なノリが、松本のチャンスを確実にゴールに結びつける。

しっかり、金落としていってもらいたいものです。

一方、浦和は代表ウィークに一息つけたとはいえ、
ACLホーム2試合含め、4月は7試合のハードな日程。
そろそろ、前線のメンバーの最適解を見つけてもらいたいところです。

まだ序盤戦と言っても、1stステージはすぐに中盤戦へ。
短期決戦なだけに突っ走るに越したことはありませんので。
まあ、それができれば世話はないんですが。


浦和の縦へのスピード不足が気になっていたのですが、
ホジッチJAPAN見ていれば、縦に急ぐとどう不安定になるか、
何となくわかったような気がします。

選手は勇気がないわけでもサボっているわけでもなく、
最適なスピードとバランスを模索しているのかも知れませんな。
まずは明日も勝ち点3、粘り強く、辛抱強く。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito