【TV観戦記】Jリーグ 広島0-0浦和 失礼な広島のサッカー

TV観戦記
03 /22 2015
Jリーグをどげんかせにゃあかんのに、
こんな試合やってちゃなあ。

広島

____佐藤____
__茶島__森崎浩_
柏_______ミキッチ
_森崎和__青山__
_水本_千葉_塩谷_
____木木____

72分 寿人→ドゥグラス
82分 茶島→柴崎

浦和

____慎三____
__石原__忠成__
橋本______ウメ
__アベユ__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

56分 忠成→啓太
56分 石原→ズラ
64分 橋本→加賀

リーグ戦では5連敗中の広島、去年周作はこのカード無失点。
ともに開幕2連勝でぶつかったこの試合、慎重に入るのはわかる。

前半はそれども双方に決定機。
浦和は森脇と陽介の右足、槙野のCKからのヘッド。
広島は茶島、森崎浩、寿人が1本ずつ。

ちなみに後半入ってすぐ、
入れ替わった忠成をつかみ倒した千葉は明らかにPK。
アンジャッシュ小島にサッカーの審判は無理だわ、二度と見たくない。

浦和はやはり動きが重そうで、運動量が十分でないのに、
前線がいつものように上がるから、中盤がスカスカ。
前線でプレスに行くのはいいけど、そこをかいくぐられると、
一気に最終ライン近くまでボールを運ばれてしまうので、
数的有利を維持することができない、危ないシーンが散見。
森脇のポジショニングが相変わらず不安定なのもありますが、
彼をカバーできないのは、浦和全体の問題でありまして。

もちろん、北京帰りの浦和としては、後半勝負のプランもありで、
何とか凌いでギアチェンジしてくれれば納得も行きますが、
スタメンが陽介下げた攻撃型で、選手交代のたびに啓太、加賀を投入し、
どんどん守備型に後退していくのも、いつもの謎采配。

さらにその斜め上行くのが、広島の後半の失速ぶりで、
休養万全なのに、時間を追うごとに攻撃の意識は薄れていき、
終了間際には、明らかな引き分け狙いの時間の使い方。

ホームなんだし、にっくき浦和なんだし、まだ3節なんだし、
怒涛の攻めに出れば、まったくチームとしての守備を忘れた浦和なら、
簡単に瓦解したような気がしますけどね。
そんなゲームにも拍手を送ってくれるサポーターになら、
別にタイトルをコミットする必要もないわけですから、
入場料に見合ったエンターテインメントを提供すべきじゃないんですかね。

浦和もさすがにあれだけドン引きされると、
みすみす相手の思う壺に嵌る必要もないので、様子見決め込みました。
終盤しっかりチャンスも作ったし、どっちがちゃんと試合したかは明白。
広島の人たちは、浦和に牙剥く前にやることあるんじゃないですかね。

これでやっと一息。2週間あります、しっかり立て直して。
スポンサーサイト

【展望】Jリーグ アウェイ広島戦 慎三に頼らず

展望
03 /21 2015
毎度おなじみミラーゲーム、ミシャ初戦以来黒星はなし。
とはいえ、お得意様というのはあくまで結果論かと。

前節松本戦の広島、ナビはお休み(おかしいだろ

____寿人____
_森崎浩__浅野__
柏_______ミキッチ
_森崎和__青山__
_水本_千葉_塩谷_
____木木____

石原と高萩の穴を全く感じさせないところが、
相変わらずの森保さんのチームコーディネイトの妙。
とはいっても、そこはじわじわ得点力に響いてくるところ。
寿人や青山への依存度は、さらに増してくるんじゃないですかね。

ただ、浦和に比べると、水本・塩谷の強さが際立ち、
その下半身の強さが、チーム全体の落ち着いた印象に繋がる。
また、浦和に比べて3-5-2の3ラインがコンパクトで、
前線トライアングルも入れ替わり降りて来ることで、
良い距離感が作られて、パス交換やボール奪取がスムーズに。

褒めすぎですな。

でも、見習わなければいけないのは攻め切る姿勢。
きっと、浦和より得られるチャンスは少なく、より大事にしようと、
しっかりフィニッシュまで持って行こうという雰囲気がある。
後ろではしっかり回すけど、プレッシャーも高まる中盤、前線では、
速くシンプルなプレイでシュートに結びつける。

ような気もする。

浦和の方は、まず山形戦。

____慎三____
__石原__陽介__
ウガ______ウメ
__アベユ__青木__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

そしてアウェイ北京戦。

____石原____
__ムトゥ__陽介__
橋本______ヒラ
__アベユ__啓太__
_槙野_ミッツ_森脇_
____周作____

慎三がベストコンディションでないのが辛いところですが、
こんだけいるのに慎三いないと辛いのが辛いところ。
メンバー入れ替えで前線のコンビネーションが固まらない、
みたいな声もありますが、これは続けて欲しいかな、と。

誰かがいないとできないサッカーだとしたら、
豊富な運動量の確保は難しくなりますから。

あと、キャプテンいつ休ませてあげるんですかね。

【TV観戦記】ACL 北京2-0浦和 攻めるために守れないと

TV観戦記
03 /19 2015
ACL3試合終えて、0勝3敗。
ミシャは僕らを安心させ、雑音を抑えるためなのか、
同じようなコメントを残してきています。

内容は悪くなかった。相手を上回っていた。チャンスは作っていた。
ゴールが決まらないこともある。サッカーではよくあることだ。

決して間違ったことを言っているわけではないと思います。
負けたのが5回に1回、10回に1回のことであればね。
3回やって3回負けたのであれば、そこには必ず必然性がある。
まるで、運が良くて勝ったみたいに言われた相手にも失礼。

自分たちの信じるサッカーを貫くのは結構。支持もする。
でも、それと同時にそれを結果につなげる策を持たなければ、
それは怠慢と言えるのではないのかな。

ゴール
78分 バタージャ 84分 ダバオ

浦和のスタメン

____石原____
__ムトゥ__陽介__
橋本______ヒラ
__アベユ__啓太__
_槙野_ミッツ_森脇_
____周作____

63分 啓太→長男
71分 ムトゥ→ウメ
80分 ヒラ→関根

でこぼこのピッチ、厳しい日程、小汚い空気。
劣悪な環境ですが、それは最初から分かっていたこと。
ましてや、勝ち点1でも好ましいとは言えないこの試合ですが、
彼らに特別に施された策のようなものは感じられませんでした。

その中でも希望を持てたのは、武藤と梅崎の2人の、
きわめてシンプルな、まっすぐなサッカーでした。

前半は武藤が孤軍奮闘。
北京バックラインの裏を取るチャンスメイクが2度、
右足のシュートははじかれ、左足のシュートは枠の外でした。
後半は交代で入った梅崎が躍動。
右サイドからまっすぐ前に重戦車のようなドリブルで突進し、
永田と石原に送った決定的なクロスは、惜しくもゴールならず。

しかし、ただ相手を避けるようにパスを回すだけの浦和の中で、
可能性を感じられた彼らのプレイは、確かなヒントになったと思う。
ミシャの理想とは程遠いのかもしれませんが。

そして、ミシャの理想を体現する陽介は、
相変わらず重馬場での弱さを露呈し、ゴールから遠ざけられるだけ。
前半、右サイドに抜けた決定機も、そのまま右足を振り抜くことなく、
わざわざ折り返し左足で持ち替え、追走する2人のDFに飲み込まれる。
例えDFをかわしてシュートコースを見つけてたとしても、
大して確率が高くなったとは思えませんでしたが。

1点目は周作のミス。槙野も森脇もカバーもせずに棒立ちでした。
2点目はバックラインの寄せの甘さ。
森脇の胸トラップを掻っ攫われ、エリア内の4人待ち構えていても、
ボールホルダーに寄せることなく自由に左足を振らせてしまいました。

中澤が1人いれば防げたようなシーン。
専門のDFがいない浦和では、よく見る光景です。

終了間際に2点リードしながら、左サイドからクロスは供給されず、
無為にパスをつなぐうちにタイムアップの笛が吹かれました。


自分のゴール前ではチャレンジが許されるのに、
相手のゴール前ではチャレンジが許されない、世界でも稀有なスタイル。
ゴールを奪うよりも、相手にカウンターを食らうことを恐れる、
消極的なポゼッションサッカーは、勝ち点3とは最も遠いところにある。

この日ほど、中盤やバックラインでボールを奪うことができなければ、
それも仕方なかったかな、という気もしますが。
キャプテンもヘロヘロだし、啓太もことのほか軽かったですからね。

べた引きして人数足りてたとしても簡単にゴールを許すのですから、
ボールを手離さないことが、最も重要なタスクだったのかも知れません。

相手にいつボールを渡してもすぐに奪い返すことができるように、
守備を再構築していくことが、攻撃的サッカーを実現していく唯一の方法。
それができていた時期の、この3年の中にはあったのですから、
もう一度その原点に戻って、昨年から続く閉塞感を打ち破って欲しいです。

【観戦記】Jリーグ 浦和1-0山形 キャプテンのゴラッソ

観戦記
03 /15 2015
千葉にいたころの阿部勇樹という選手は、本当に怖かった。
高校生の時からトップチームのゲームに出ていて、
とにかくキックのパワーもあって精度も高くて、
体も強くて走力もあって、空中戦でも何度も痛い目に遭いました。

彼が浦和に来るという噂は早くからありましたが、
2007年シーズンに実際に実現した時の心強さは小さくありませんでした。
ボランチ過剰の浦和で、時にSBやCBで便利屋的使い方されましたが、
どこでも持ち場を破たんさせることなく落ち着かしてくれました。
また、第2期岡田ジャパンでは、ぶっつけ本番のアンカーとして、
W杯2度目のベスト16進出の陰の功労者として役目を果たしました。

でも、本当に見たかったのは、彼の攻撃力。
長い距離走って来て、最後に右足を振り抜いてゴールに突き刺す。
そういうシーンで派手に輝いて欲しい選手なんだよ、本当は。
ジェラードやランパードみたいにね。

ゴール
83分阿部

山形

____ディエゴ____
__宮阪__山崎__
キム_____宇佐美
__アルセウ__松岡__
_石川_西河_當間_
____山岸____

61分 宇佐美→舩津
72分 山崎→川西
86分 松岡→伊東

浦和

____慎三____
__石原__陽介__
ウガ______ウメ
__アベユ__青木__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

46分 青木→ムトゥ
62分 慎三→長男
68分 ウメ→関根

石崎さんの浦和対策もまた巧みで、
攻撃時には宮阪が上がって2シャドウを形成しますが、
守備時にはボランチに下がって、5-3-2で浦和を迎撃。

真ん中3枚でサイドをケアしつつ、楔のコースを消しにかかる。
外でも中でも、押し込みながらうまくブレイクできないまま、
前半のチャンスは、セットプレイからの石原と槙野のヘッドくらい。
最後の混戦からの青木の左足も、ゴール左に抜け前半終了。

後半は陽介を1列下げてムトゥ投入、ウメとウガを左右入れ替え。
ここで前半感じてないプレイ連発のウメが生き返るとともに、
ムトゥが前線をひっかき始め、攻撃が活性化し始める。
続いて精彩を欠く慎三をひっこめ、石原上げて長男投入すると、
相手の固い5バックもほつれはじめ、ゴールの匂いがしてきます。

ここら辺の1段ロケット2段ロケットの点火のさせ方については、
今年のミシャの采配もなかなか当たってるんじゃないかなと。
関根はこの日はイマイチでしたが。

一方、宇佐美が傷んで、CBの舩津を入れざるを得なかった山形も、
その時間あたりから逆に反転攻勢を始めて次第にオープンな展開に。
石崎さんも専守防衛というわけではなく、この試合勝つためには、
イーブンスコアをキープして終盤に勝負かけるしかないと考えたのか。
浦和にとって危ない場面もちらほら増えてきました。

そして、83分のスーパーミドル。
本当に、肉眼であんなスピードのゴールは初めて見ました。
ボールが可哀想と思ったのは、2012最終節の槙野のFK以来。

ブリスベン戦でゴル裏に叫んだキャプテンの、
それ以降の鬼気迫るピッチでの姿には、惹きこまれるものがあります。
優しくて寡黙な彼のキャプテンシーの欠如が、
これまでの土壇場での浦和の勝負弱さとも重なって、
正直言って、物足りない部分を感じていたところも否定できませんが、
ACL、ゼロックスの連敗からチームを立て直したのは、
彼のリーダーシップと言ってもいいんじゃないですかね。

ただ、次の北京戦で勝てなければ、それは何の意味もなくなります。
この勝利に酔うことなく、厳しいアウェイで勝ち点奪ってきて下さい。

【展望】Jリーグ ホーム山形戦 期待は裏トライアングル

展望
03 /12 2015
ホーム開幕戦はなかなか盛況なようで。

シーチケ優先入場で若干ゴタゴタしているようですが、
どうせいつものように大量の特権階級が先に入っちゃうんだから、
大勢に影響ないですよ、どうせ。

さて、あの粋のいい湘南に快勝して、
あれ、やっぱ俺たち強いんじゃね、とか勘違いしがちですが、
湘南が自分でこけちゃっただけだと思うんですよね、あの試合。

あまり、彼らを信じすぎない方が、ゲームは楽しめると思います。

前節の山形

____ディエゴ____
__伊東__山崎__
キム______山田
__アルセウ__宮阪__
_石川_渡辺_當間_
____山岸____

前節に続いて、相手も3-4-2-1のミラーゲーム。
おそらく、5節の川崎戦まで3バックが続きます。

山田くんが長期離脱したので、右のWBが替わります。
それ以外は、とっかえひっかえするほどの選手層でもないので、
このまま来るんじゃないですかね。

仙台戦では、CBがお互いわたなべだし、左のDFがお互い石川だし、
もう紛らわしくてえらい迷惑でしたが、
草刈り場になってた割には、帳尻合わせてきた仙台が2-0の快勝。
しかも、らしくない野沢のイエロー2枚で数的不利に陥りながら、
後半から投入されたウィルソンが、梁と2人で先制点ねじ込み、
試合の流れを手繰り寄せてしまいました。

山形が悪いわけでは決してなかったのですが、
去年の徳島同様、ちょっとずつ各ポジションがタレント不足なのか。

ボブサップの兄弟みたいな、ディエゴとアルセウのセンターラインは強力。
ディエゴは頭も体も強いので、油断すると一人で持ってかれるし、
中盤は広い範囲でアルセウが潰し役として走り回っていました。
キックの精度がある宮阪とは、しっかりとした役割分担ができてます。

右は山田のスピードで切り裂き、左はキムの強さで跳ね返す。
キムくんはトンボも殺せぬやさしい子だそうですが、
相手MFだったら2~3人殴り殺してしまいそうな殺気を感じます。

後ろの3人はしっかり連携取れてるし、前にも顔出しますし、
シュートストップとヘディングだけには定評のあるGKも控えています。

石崎さんらしい好チームなんですけどね。

まあ、あんまり難しいこと考えずに、ぶっ潰しちゃえばいいと思います。

浦和は誰が出てくるかさっぱりわかりませんが、
期待したいのは、湘南戦後半の前線トライアングル。
石原、武藤、高木が浦和に漂う閉塞感を打ち破ってくれないかと。
顔が陥没しちゃった慎三は、ちょっとゆっくりしてろと。

17節しかないファーストステージ、休んでいる暇はありません。

【TV観戦記】Jリーグ 湘南1-3浦和 気持ち見せていただきました

TV観戦記
03 /08 2015
いやあ、見てるだけで寒そうなBMWスタジアムでした。

ゴール
36分遠藤(PK) 41分慎三 75分ウガ 77分那須

湘南

____大槻____
__大竹__高山__
菊池大_____古林
__永木__菊池俊_
_三竿_バイア_遠藤_
____秋元____

56分 大竹→岡田
65分 高山→直輝
80分 岡田→キム

浦和

____慎三____
__ムトゥ__石原__
ウガ______ヒラ
__アベユ__青木__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

46分 慎三→高木
70分 ヒラ→関根
86分 武藤→加賀

チュン、ズラに陽介まで戦闘不能での開幕戦。
それでも石原やらムトゥやら高木やら、層はやはり厚い。

森脇とウガの起用には、個人的には疑問符でしたが、
半分不安が当たり、半分予想を裏切られました。

森脇は、湘南のPKのシーン。
先に体を入れられ、明らかに手を使って抱え込んだ森脇が、
どんだけ言い訳したところで、判定は妥当。
この3試合、敗因に近い存在である彼が必死なのはわかるが、
空回りする頭の中を、もう少し冷やしてから出てきて欲しい。
それは、ミシャのお仕事。

ウガも相変わらずイージーなパスミスが目立ちましたが、
彼の方がまだうまく反骨心をコントロールできていたかな。
先制時のプレスキックと2点目のゴラッソ。
結果で示したんだから、脱帽するしかありません。

この試合のポイントというか幸運というか、3点。

なぜか、図抜けて相性のいい松尾さんが主審だったこと。
先制とかされても、いつも最後は勝っちゃうんだよな。
Jリーグも気を使ってくれてるんだろうか。

後半、湘南が予想外に早く失速したこと。
前半、いつも通りの圧倒的な走力で浦和を押し込みながら、
去年は見たことのない足の止まり方で、後半浦和が反転攻勢。
J1の舞台での気負い、開幕戦の緊張、試合勘、
それらが湘南の歯車を狂わしてしまったようです。

そして、前線に主要メンバーが揃わなかったこと。
何年もこの特殊なサッカーに慣れ親しんでるメンバーの、
技術の高さやアイディアの豊富さが、逆に仇になっていたような。
石原がそこそこのポスト性能を示す脇で、
気兼ねなく単純作業に専念できた高木や武藤が輝いていました。
しかも彼らはレギュラーより縦に早く、思いきりもよく
数かけて前に出る湘南との噛み合わせも悪くなかった印象。

不器用な人間はできることが限られるから判断が速いのかな。
まあ、高木も武藤も相当に高い技術の持ち主ですから、
そういう言い方が当てはまらないとは思っていますが、
器用過ぎる森脇の悩む姿を見ながら、そんなことを。

チョウ監督のコメントしていたように、
晴れ舞台での高揚感に包まれる湘南を、
追い込まれて、開幕から後がない(笑)雰囲気の浦和の気迫が、
飲み込んでしまったような試合かも知れません。

涼しい顔しておしゃれに勝つのがお好みかも知れませんが、
点を決めた後のウガがエンブレム鷲掴みにしながら見せた、
「お前ら見たか!」というような厳しい顔を、
今後も忘れないで欲しいなというのが感想でして。

【展望】Jリーグ アウェイ湘南戦 チャンスを大切に

展望
03 /06 2015
さあ、開幕(これまでのことはなかったことに

まあ、出足からいろいろではございますが、
要は1回勝っちゃえば、喉元過ぎちゃう人たちばかりですから。

展望といっても、湘南に関しては全く見ていないので何とも。
去年のサッカーは素晴らしかったですが、メンバーも変わったしね。

浦和のスタメン予想

____慎三____
__石原__陽介__
橋本______ヒラ
__アベユ__青木__
_槙野_那須_加賀_
____周作____

こうあって欲しい。

どうも最近の浦和を見ていると、
攻め倦んでるうちにどうしてもリスク管理がなおざりになり、
ボール奪取された後の帰陣が遅れがちなのが気になっています。

リスク負った、チャレンジの縦パスであれば、
奪われるかも、と思って構えるので囲い込みも早いのですが、
リスク負わずに、適当に横パスしてる時にふと奪われると、
どうも切り替えが遅いような気がします。

だから、ちょっと無骨な加賀でも混ぜといて欲しいんだよね。
森脇と槙野には、どうも満身のようなものを感じていて。
ミシャがポジション固定化するからかもしれない。

湘南のカウンターはとにかく速いですから、
ちょっと人任せになった途端、また那須一人にお任せになったり。

慎三は本当に頼りになりますし、
中2日ではありますが、しっかり形作ってくれると思います。
また、石原の動きも悪くないと思うんですよね。
FWとしての技術は卓越したものがあると思います。
この2人に、橋本とヒラから、どんどん早めに放り込んで欲しい。
エリアの中にボールが入らなければ、何も起きませんから。

相手を圧倒する時間があるかも知れません。
でも、その時間に決めなければ、必ずその報いを受けることになります。
チャンスの時ほどピンチだと思い、集中力を高めて欲しい。
一つ一つのチャンスを、粗雑に扱わず、大事にして欲しい。

点を取らないと、何も手にできませんから。

【観戦記】ACL 浦和0-1ブリスベン 焦りなのかな

観戦記
03 /05 2015
浮き足立っているのは、チームなのかサポなのか。

ゴール

3分 ボレロ

退場

51分 那須


浦和のスタメン

__ズラ__慎三__
____陽介____
ウガ______カガ
__アベユ__啓太__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

45分 カガ→ウメ
45分 ズラ→石原
83分 啓太→忠成

ブリスベンのスタメン

知らん


なかなか結果の出ないミシャは、小手先の変更を加え、
結果的に、さらに結果を遠ざけることになりました。
この人も、浦和の重さに耐えるだけの胆力が欠けている。

まずは、復帰した慎三とズラタンの2トップ。その下に陽介。
ボールの収まる2人の併用に、こちらも期待はありましたが、
結局は役割が最後まで明確にならぬまま、前半で断念。
使える目途が立ってから、使って欲しいものです。

さらに最大の謎采配だったのが、加賀の右SH。
何を狙ったのか誰にもわからないまま混乱が続き、
森脇と前半途中にチェンジし、ハーフタイムにお役御免。
加賀の肩を持つわけではありませんが、
DF本職の選手に、業界でもかなり特殊なSHをいきなり任せ、
案の定、大失敗の末ベンチに戻された加賀が、
憮然とした表情していたのは、正直痛々しかったし、まず失礼。

残ったのが、正直過去2戦の戦犯とも言える、迷える森脇。
そのプレイの不安定ぶり、判断の遅さはもう見てられないレベル。
たまに前線に通す、ミドルレンジの鬼フィードはありましたが、
とにかく、ボール持ちすぎて、チーム全体が追い込まれる。
2~3試合、しっかりベンチで頭を冷やして欲しいところですが、
ミシャにその裁量はないものと諦めています。

ウガも陽介も槙野さんも、
ハーフタイムのブーイングに反発してましたが、
今年は内容ではなく結果だと公言してたのは自分たちじゃないか。

僕もブーイングは嫌いだし、敵以外にはしませんけど、
悔しかったらサポに文句言う前に、試合をひっくり返せと。
まるで、ブーイングのせいで力が出せなかったような態度には、
あまり共感できるものではありませんでした。

浦和のサッカーの出来は、決して悪いものではありませんでした。

前半、失点直後のダイレクトを駆使した攻撃には迫力あったし、
後半、本来の形に戻してからの攻勢は、ブリスベンを圧倒。
那須の退場は不運でしたが(まあ、啓太の消極性が原因だけど)、
数的不利でも、チュン投入後に立て続けに決定機を作りました。

特に、この日の慎三は、次元の違う高いクオリティを、
存分に僕らに示してくれました。
と同時に、今年も彼しかいないのかという、別の意味での絶望感が。

やってるサッカーにバリエーションがないから、
輝く選手にもバリエーションがないのも道理です。

それにしても、水原もブリスベンも、何にも難しいことしてないのに、
なぜ浦和は、サッカーを難しく難しくしてしまうのか。
内容がいいから、チャンスが作れているから、
逆にこの得点機を何が何でもものにしようという気迫が感じられない。

チャンスはそれ1回しかないかもしれないのに。
そして、相手には数少ない決定機をしっかり決められて。


この出足の閉塞感が、もどかしいちぐはぐな感じが、
どこかオジェックの解任された2008年に似てる気がします。

前年に、ほとんど手にしていたタイトルが両手から零れ落ちた、
そしてその大きな重圧に、計り知れないダメージを受けた、そんな共通点。
経験を経たクラブが、性急な監督交代などパニくることはないでしょうが、
ここはひとつ、性根を据えて開幕戦に臨んでもらいたいと思います。

まだ始まったばかりですから。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito