【TV観戦記】J1第33節 鳥栖1-1浦和 無念です

TV観戦記
11 /29 2014
特にコメントはありません。
スポンサーサイト

【展望】J1第33節アウェイ鳥栖戦 だからなんでいつもこの時期九州?

展望
11 /28 2014
日程くん、手抜いてるだろ。

鳥栖の前節

____豊田____
ミヌ__池田__水沼
__藤田__岡本__
安田______丹羽
__キム__菊池__
____木木____

ユ将なきあと、崩壊が確実視される中、
見事なまでにクオリティを維持して上位に留まっています。

それでなくても、この2年間のベアスタでの惨状を思えば、
浦和が勝利を収めるイメージがまったく沸いてきませんが。

まことに、嫌な相手であります。

浦和も、大原にて4-2-3-1のトップにトヨを据えた控え組と、
ロングフィードを念頭に置いた練習を重ねてはおりますが、
このシャレでしかない仮装トヨグバに手こずる始末なので、
土曜日には、それなりの覚悟が必要なのではなかろうかと。

徳島戦も、決してうまく運んだ試合ではありませんが、
じっくりと慌てずに丹念にチャンスと作り続け、
安田のカットインから右足を振りぬいた1点を守り切る、
抜け目ない、大人のサッカーができています。

ホームでやられた、安田とムヌの左からの崩しや、
わかっていても止められない豊田の高さはやはり脅威。
藤田、水沼、池田といったところも、
うっかり目を切ると、ちゃっかりゴール前に現れるし。

つくづく、チームは予算ではないなあと。

ただ、浦和も木曜日の練習を見る限り、
無駄に手をかけず、簡単にゴール前にボール入れてたので、
ガンバ戦前のような重苦しさやもどかしさは感じられず。
慎三は完全別メニューに戻ってしまいましたが、
逆に頭の中がやっと整理されたような気もしますが。

絶好機を外し続けて、もってなさ加減炸裂だったウメが、
居残って、必死にヘディングシュートの練習をしてました。
もしかすると、彼の前にボールが転がってくるかもね。

負けたとはいえ、パトリックと宇佐美には完勝したんです。
自信を持って、ベアスタに乗り込んで欲しいと思います。

【観戦記】J1第32節 浦和0-2G大阪 残りは2試合

観戦記
11 /23 2014
いい天気でした。

ゴール

88分 佐藤
93分 倉田

G大阪

_宇佐美__パトリック_
大森______阿部
__今野__遠藤__
オ_______米倉
__岩下__丹羽__
____東口____

71分 宇佐美→リンス
74分 大森→倉田
82分 パトリック→佐藤

浦和

____忠成____
__ウメ__陽介__
ウガ______ヒラ
__アベユ__青木__
_槙野_那須_森脇_
____西川____

56分 ウメ→丸塩
64分 ヒラ→関根
89分 ウガ→慎三

浦和の出来は、とてもよかったと思います。

序盤、ガンバに押し込まれるシーンはありましたが、
パトリックから自由を奪い、宇佐美はエリア外に追い出し、
2列目やSBの上りも集中を切らさず監視を続けたので、
さすがの遠藤も、パスの出しどころに不自由していました。

パトリックのプレスも、宇佐美がサボって全く連動せず、
後方トライアングルを自由にしてもらえたので、
途中からは浦和のビルドアップを止めることができずに、
次第に浦和のゲームへと状況は変わっていきました。

良かったのが、良くなかったのかもしれない。

そもそも、ベンチメンバーに啓太がおらず、
結局、無理使いして完全に壊してしまった慎三まで入れて、
守る、という備えはありませんでした。

しかし、この試合、引き分けで十分に称賛された試合。
この日に優勝を決めなければいけない理由は何もない。
そうした思考の柔軟性が、ミシャには欠落していました。

なぜ、ガンバより先に動く必要があったのか。

一番疑問だったのは、関根の投入。
確かに日産でのヒーローは、ゴールの匂いを格段に強くした。
しかし、今までも痛い思いをしてきたことから、
彼の投入は、いつもぎりぎりまで引っ張っていたはずですが、
さして消耗も見られず、右サイドを維持していたヒラさんを、
64分に交代させてまで負うべきリスクではなかったと思う。

勝ちに行くべき試合だったのか。

また、木曜日の大原で、慎三の合流にどよめく中、
一つ感じたのは、この試合への本当の準備とは何かという点。
少人数で攻め切る、少人数で守り切るという発想が、
そういったカウンターを想定した準備ができているのかという点。

忠成の獲得したFKを簡単にはじき返されて、
リンスに運ばれ佐藤に決められた際の、緩慢なリアクション。

結局このチームは、この3年間、
あまり進歩していないんじゃないかなあ、という感想。

果敢に人数かけてリスク取って、
結局そのリスクに押しつぶされるのは、フィンケの時から。
多くの選手が絡む華麗な攻撃が、自分が決めるという強い意志を、
奪い去っているんじゃないかと、毎度感じる次第で。

だから、大事な試合で点が取れなくなる。他力本願だからね。
”攻撃的サッカー”などという言葉は言い訳に過ぎない。

まだ首位ですが、この結果で有利という事はなくなったと思います。
大の苦手のベアスタも、大の苦手の最終節も関係ないです。
引き分けでいいという状況ではなくなりました。もう勝つしかない。

毎年、これだけ悔しい思いをしてるんです。
最後ぐらい、ちゃんとやってくれるんじゃないかなと思います。

【展望】J1第32節ホームG大阪戦 決戦

展望
11 /17 2014
序盤戦、宇佐美を欠き、リンスもフィットせずに、
勝ち点を伸ばせないガンバがここまで上げてくるとは。
正直言って、今、J最強のクラブなんじゃないでしょうか。

普通に考えれば、こうか。

__シロイルカ__パトリック_
大森______阿部
__ガチャ__今野__
_オ______米倉
__岩下__丹羽__
____東口____

ただし、3バックのチームには、中盤を菱形にしますから、
遠藤がトップ下までポジションを上げてくるんでしょうかね。

ナビで、浦和と同タイプの広島を蹴散らした力強さは、
僕らに強烈なインパクトを残しました。

依然、慎三を欠く浦和は、

____忠成____
__ウメ__陽介__
ウガ______ヒラ
__アベユ__啓太__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

川崎との練習試合でも、得点力不足を露呈しており、
前半は潰し合いで均衡を保ち、丸塩、関口、関根にかけるのか。

守って守りきれるような相手でもありませんから、
受身になると、意外と大差つけられてしまうかもしれません。
順位では上ですし、勝ち点1を視野に入れてのゲームですが、
それでも、チャレンジする姿勢で、ピッチに立って欲しいです。

そのためにも、
いかに中盤の4枚で相手を潰すのか、ボールを奪うのか、
いかに前線の3枚でボールを引き出すのか、収めるのか。

まあ、なんとかなるっしょ。

とにもかくにもパトリック。
那須さん一人では、とても手に負えそうな感じではありません。
守備が堅いとはいえ、SHはカットインしてくるし、、
空いたサイドにSBがどんどんと上がってくるし、
宇佐美は中途半端なポジション浮遊していますし、
しっかり中央固めて、集中切らないようにしないといけません。

そして、代表で見せたガチャさんの凄み。
今の浦和に、本当に止められるのか。

でも、なんとかなるっしょ。

サッカーなんて、強い者が勝つのではなく、勝つ者が強いの。
結果なんて、90分戦ってみないとわからないわけで、
浦和の連中が、すべてを出し切って戦ってくれると信じています。
それを後押しするサポーターがどんなことになっちゃうのか、
今から、サイスタに行くのが楽しみで仕方ない。

2007年に力尽き、2008年に絶望し、
2009年、2010年に現実を思い知らされ、
2011年にやっとの思いで生き残り、
2012年、2013年と少しずつ前進してきて、

そして迎えた、2014年の最終章。

遠慮することはないよ、ここで決めてしまいましょう。
そして、8年分喜んで、8年分泣いて、8年分飲んじゃおうよ。

決戦です。

【TV観戦記】J1第31節 横浜0-1浦和 さあ王手

TV観戦記
11 /03 2014
本当に、みんなありがとうありがとう。
涙が出るぐらい胸に来るゲームって、今年初めてだわ。

ゴール

79分 関根

横浜

____伊藤____
齋藤__中村__佐藤
__ファビオ__兵藤__
下平______小林
__中澤__栗原__
____榎本____

20分 中村→藤本
70分 伊藤→藤田
92分 佐藤→矢島

浦和

____忠成____
__ウメ__陽介__
ウガ______ヒラ
__アベユ__啓太__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

46分 啓太→青木
64分 ウメ→丸塩
76分 ヒラ→関根

相変わらず鞠さんは浦和に対するDFが堅い。
ちゅうか、今はどこが相手でもイケイケになれないから辛い。

CBとボランチのところで前線トライアングルが潰され、
攻めはどうしてもサイドに頼らざるを得ない。
ビルドアップに窮するので、ミシャは啓太に下がらぬよう、
前半はケイタケイタと2,500回くらい叫んでいました。

忠成には頑張ってましたが、ボールまったく収まりませんでした。
そうなると、その拾い役のウメもほとんど機能せず。
啓太下がってからは、ウメウメって1.500回くらい叫(やめなさい

鞠さんも、前半早々に俊さまが負傷退場してしまうと、
攻めにアクセントがなくなり、決定機は数えるほど。
マナブッシへの対応も、しっかりできていたと思います。
冷静な下平と、ちょこまか動く佐藤が少し気になりましたが、
相変わらずの伊藤だの藤田だのでは、怖れるに足りません。

後半は、次第にオープンな展開がちらほら見え始めたのも、
前半から、かなり前でプレスかけてきた鞠さんでしたし、
そんなタイトな前半見てれば、想定の範囲内。
攻め合い、パス回しでは負けませんので、
当然、浦和にいくつか決定機が見え始めます。

槙野の左足は、榎本にがっつりはじき出され、
丸塩の右足はヒットせず、ぎりぎりで栗原が掻き出しました。

しかし、79分。
周作のゴールキックを栗原がはね返したところ、
あべゆがヘッドで陽介に送り、陽介から関根に行って来いとパス。
関根が加速しカットイン、下平、ファビオを通過、
陽介が急加速したところに兵藤がつられてバイタルがら空き、
関根のパスをあべゆがダイレクトでしっかりミートし、
榎本がはじいた球を、突っ込んだ関根が右足でズドン。

目の覚めるような決勝弾でした。

力いっぱいこぶしを振り上げる陽介をしり目に、
全員、解き放たれたようにゴール裏に突進していきました。
胸の熱くなる、涙がこぼれてくる、印象的なシーンでした。

その後も、非常に冷静な所作の目立つ、浦和のDF陣。
ルーズボールにも慌てることなく素早く対処し、
危ないシーンを作らせぬまま、タイムアップの笛が鳴りました。

苦しい試合が続く中でも、連敗を回避し、冷静に試合を進めてきた、
ここ何試合かの辛抱が報われた瞬間でした。

いい経験を、積んできたんだと思います。
試合後も、いい意味で実に冷めた、いい表情してましたね、
選手たちも、ミシャも。

これでガンバ戦に勝てば優勝。

勝ち点差が開いたことで重圧を早く感じ始めた浦和も、
そろそろ、その重圧とうまく付き合え始めている気がします。
逆に、ガンバは重圧を感じ始めた時期でしょうし、消極性も見え始めており、
カップ戦も並行するので、ビッグマッチも挟まります。

11.22、決して悪いシチュエーションではない。
12.2のポジティブな記憶だって、まだ鮮烈に残っている。

やってくれるんじゃないかと、静かに考えている次第です。

【展望】J1第30節アウェイ横浜戦 慎三がいなくても

展望
11 /02 2014
残り4試合。ガンバとの勝ち点差3。

日産というと、苦しかった2011年のことが、
どうしても思い出されるというか、ほか覚えてないというか。

あの時とは、争っているものが全く違いますが、
体中を縛られるような重苦しい感覚が似ているような気が。

この状況を楽しむしかないでしょうね、この際。

前節の横浜

____翔サン____
マナブッシ_俊サマ__藤本
__佐藤__兵藤__
下平______小林
__ファビオ__中澤__
____榎本____

最近の横浜の成績

横浜(H)0-0甲府(A)
横浜(A)0-1鳥栖(H)
横浜(H)1-0清水(A)
横浜(A)3-2大宮(H)
横浜(H)0-0C大(A)

清水、大宮に連勝して、定位置の10位を脱したものの、
前節ではボランチ全員が怪我して、10位に逆戻り。

今節は、三門、栗原の復帰が見込める模様。
兵藤が1列下がってから、繋ぎがスムーズになったことと、
さして決定的な仕事をする風ではないものの、
2列目に定着した佐藤優平が、前線を活性化させたことで、
そこそこ、上向きなんですかね、鞠さんは。

中村さんの出来は、正直厳しいものがあります。
とにかく枠に飛ばないのは、どこか悪いんですかね。
それと、ラフィーニャが消え、再燃しちゃった1トップ問題。
1年通して、マルキーニョスの穴は埋まらなかったようです。

ただ、最終ライン、ボランチ、2列目の繋ぎは流麗で、
細かく縦横のパス交換を繰り返しながら、
いつの間にか敵陣深くに入り込むパスワークは健在。
潰しどころをはっきりしないと、いくら決定力がなくても、
2~3発ぶち込まれることだって、十分にあります。

特に、マナブッシに対して間合いを与え、ドリブル始動されると、
必ず守備陣形が崩されて、厄介なことになりますので、
森脇さん平川さんには、キスしちゃうぐらいの覚悟で、密着してほしい。

浦和は、慎三という大きな存在を失ってしまったわけですが、
おそらく忠成がトップに上がって、司がシャドウに入るでしょう。
慎三ほどのポストワークは望めませんが、
逆に、最近の浦和はそれに頼り切っている傾向もありましたので、
もう一度スタイルを見直す、いい機会なんじゃないですかね。

コンディションだって完璧、次の試合は19日後、
倒れるまで走り切らなければいかんでしょう。

富澤、中町がバイタルに構えていた昨年までより強度はないはず。
CBは頑強ですが、スピードはない。
なら、アバウトなクロスを繰り返すよりも、
どんどん楔を打ち込み、縦のパス交換から裏を狙う、
そんなシーンをたくさん見られればいいかな、と思います。

遠くてよく見えないんだけどね>日産