【展望】J1第18節ホーム神戸戦 忠成の復活まだぁ?

展望
07 /31 2014
鹿狩りはなりませんでしたが、暑い夏の試合はまだまだ続きます。
今節の相手は、アウェイでしょうもない3失点を食らった神戸戦。

そもそも、それほど得意な相手ではありませんが、
ホームゲーム、鳥栖と川崎の肉薄を考えれば、
勝ち点3を簡単に諦めるわけにはいきませんわなあ。

神戸予想

____マルキ____
小川__森岡__松村
__大屋_シンプリシオ__
茂木______峻希
__増川__岩波__
____山本____

チョン・ウヨンとペトロ・ジュニオールが都合よく出場停止。
右左はよくわかりませんが、こんな感じなんですかね。

峻希はがっつりポジション掴んでいるようで何より。
ノエスタの試合も気迫満点でプレスかけてきてましたし、
今回も、きっとやる気満々なことでしょう。
敵に回すと、運動量もあるし、嫌な相手ではあります。
槙野とマッチアップすると、顔の区別がつかなくなるので注意。

トップスコアラーのPJ欠場は助かりますが、
それで大きく攻撃力が落ちるとは思えない神戸の前線。
今年は森岡が一本立ちしてきて、小川とのコンビで神戸を支え、
外人頼みになっていないところが、好調の原因だと思います。

とはいえ、夏に入って明らかに失速しているのは、
どちらかというと、助っ人のコンディションが下降気味なせいか。
鹿島同様、これ以上上位に離されたくない中、点取るのをあせって、
前半戦、良好な状態を保っていたチームバランスを崩しているのか。

調子の悪い苦手、結局戦いにくい。

レオシルバや柴崎のように、ボランチに前線をかき回されて、
混乱を来たす場面が散見されましたので、
シンプリシオをいかに自由にさせないかがひとつのポイント。
若手で構成される2列目の流動的なポジションチェンジに、
いかにうまく対応できるかというのがもうひとつのポイント。
そして、上下動の活発な左右のSBから供給されるクロスを、
いかにアプローチして上げさせないようにするかかなぁ。

そんなところから、決壊するような気がするんですよね。

先制を許さず、じんわり時間を進めることができれば、
あとはサイスタが点を取らせてくれるような気がします。

浦和は、ちゅんくんがどこまでコンディションを戻しているか。
彼の切れ味と決定力が戻らない限り、ロースコアでの争い。
相手の心を折ってしまうような猛攻を、たまには見せて欲しい。

アウェイでの借りは、きっちり返さんとね。
スポンサーサイト

【観戦記】J1第17節ホーム鹿島戦 勝ちたかった相手

観戦記
07 /31 2014
絶対勝たなければならない相手よりも、
絶対勝ちたい相手と戦う方がやっぱり楽しいんだよな。

鹿島

____ダビ____
豊川__土居__カイオ
__柴崎__小笠原_
山本_______西
__昌子__植田__
____アゴ____

68分 豊川→杉本
68分 植田→山村
79分 カイオ→本山

浦和

____慎三____
__ウメ__陽介__
ウガ______関根
__アベユ__啓太__
_アリー_ナスオカ_パイン_
____周作____

63分 関根→クニクン
63分 ウメ→忠成
73分 啓太→青木

鹿は再開後ドロー続きで勝ち点を伸ばせていない状況。
慎三に逃げられ、大迫に逃げられ、地味な印象の面子。
若手の積極登用は、ベテラン勢の衰えの裏返しですが、
それでも4位に食込んでいるのは、
チームとしてすべきことがきちんと整理されている証拠。

このクラブは、攻撃、守備、運動量、試合運び、年齢構成、
あらゆる面で突出はせず、絶妙なバランスを維持しています。
こういう部分は、なかなか真似のできない部分です。

ミシャ相手に極端な対策を打ってこないのもそのせいかと。
広島戦では小笠原が下がったようですが、この日はそのまま、
浦和の方は、楔のパスもサイドへの展開も比較的容易で、
ある程度、やりたいことが出来ていた印象があります。

ゴールは、CKでの混戦から押し込んだ慎三の1点のみでしたが、
鹿島DFを崩しきって、真ん中であわせるだけというシーンが、
何度も作れていましたので、あとは決定力と運の問題でした。

逆に、チャレンジのパスがピンボールみたいに跳ね返って、
相手の前線の選手の前に転がって大ピンチというのは避けられない。
陽介の縦パスを跳ね返され、ダビのワンタッチに追いついた柴崎が、
周作の肩口ぶち抜いたゴールは、まあ仕方がない失点でした。

まあ、槙野がもうちょっと必死に戻っていれば、
防げた失点でもあったけどね。

あのパスミスを恐れていたら、安全なパス、頭を超えるパスが増え、
ゴールに直結するような展開はなかなか作りづらくなります。
ああしたシーンは7連続完封中もちょくちょく見られたシーンですし、
むしろ、去年であれば失点に直結していた部分。
それを、最小限に止めているのは、CBの我慢と周作の存在感。

そして、そのセイフティネットが、更なる攻撃の積極性を引き出し、
去年よりもDFラインの援護射撃なしで、ゴールを奪える要因。
バックラインでの球回しも更に熟練してきていますので、
アウェイ神戸戦のようなしょうもない失点も見なくなりました。

再開後2勝1分け。17試合で勝ち点36の堂々首位。
ドローで上等でしょう。

むしろ、勝ち点差9を詰められなかった鹿島サイドの方が、
上位3チームと水をあけられ、相当痛かった試合だと思います。

失点の原因となったパスミスや、決定機を何度も逃したシュートミスも、
陽介の絶大な存在感を揺るがすようなものではなかったね。
逆に、あそこまで高質の展開力が失われたときに、
浦和の攻撃がどこまで停滞してしまうか、考えると本当に恐ろしい。

それぐらい、いまの陽介にはオーラが漂っていますし、
日本代表の舵取りが出来るぐらいのタレントになっていると思います。

前半戦首位で折り返すことはできましたが、それはもう過去のこと。
後半戦は、調子を落としているとはいえ、大の苦手の神戸戦から。
いまのサッカーは、正しい方向に進んでると思いますので、
浮かれることなく、淡々とタスクをこなしていってもらいたいな。

【展望】J1第17節ホーム鹿島戦 貞操を守れ

展望
07 /26 2014
最近、暗号解読とかなくてつまらない。

最近の鹿島

____ダビ____
カイオ__土居__遠藤
__柴崎__小笠原_
山本_______西
__昌子__植田__
____アゴ____


こんな感じですね。
ヤマムーとか捨鉢くんとか名前聞かないので、
みんな中後みたいになるのかなぁとか、ふとね。

さて、4位に鎮座してるとはいえ、
瓦斯と栗鼠と2連続ドローで運悪く足踏み状態。
その鬱憤を埼スタで晴らそうとか、甘えんじゃねえよ。

伝統の高卒育成力で、なんとか辻褄合わせてはいますが、
もう、Jの審判団にもようやっとそっぽ向かれてるんですから、
地域に根差した、正しいプロビンチャの道を歩んで欲しい。

ジュビロのように。

それはともかく、一定のクオリティ維持してるのはさすが。
ダビ頼みはやめたのかと思ったのですが、
やはり、赤崎ではまだ役不足だった模様です。

しかし、心配なのはやはり森脇。
彼の思いにどう答えたらいいか、夜も眠れないことでしょう。
警察に届け出て、ストーカーとして500m以内には近づかないとか、
行政的な措置をお願いしたいところです。

去年はストロベリーででしたが、今年はどうなんでしょう。

浦和としては、守って守り切れる相手でもないでしょうが、
やはり、先制できるまでは我慢我慢で。
必ずチャンスはやってきますから、落ち着いて、アゴめがけて、
それではセーブされちゃいます。

SHがちょこちょこ中に入ってくるチームですから、
いい形でボール獲って、サイドから速攻しかければ、
コートジに玉砕された日本代表のように、木っ端みじんにできますって。

相手SBを押し込めるか、相手SBに押し込まれるか、
ここが一つのポイントになりそうな気がします。

まあ、すぐに日程と判定のせいにする連中ですから、
そんな言い訳挟めないくらい、完膚なきまでに踏み潰して欲しいです。

鹿狩りは、1年に2回しかないのですから。

【観戦記】J1第16節アウェイ徳島戦 いよいよ本物

観戦記
07 /26 2014
もうしばらく訪れる機会もないかと思い、
無理矢理、家族旅行に四国漫遊をねじ込むという荒業で、
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムに、
何とかかんとか辿り着きまして。

工事中のバックスタンドは、多少異様な光景でしたが、
出来上がると、かなり立派なスタジアムになりそうな、
そんな「大きさ」を感じました。

徳島

____高崎____
__衛藤__宮崎__
アレックス______大崎
__濱田__斉藤__
_藤原_福元_村松_
____佐々木____

HT 宮崎→千代反田
55分 衛藤→那須川
66分 大崎→キム

浦和

____慎三____
__ウメ__陽介__
ウガ______ヒラ
__アベユ__カピ__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

70分 ヒラ→永田
74分 ウメ→忠成
79分 陽介→クニクン

個人的には、無失点の記録にさしたる関心はないのですが、
その記録に拘って、サッカーが小さくなる懸念はなさそうです。
浦和の面々は、勝ってきたときのリズムを崩すことなく、
自分たちのタスクを、淡々と、繰り返しているように見えます。

この7試合でも、甲府、徳島、新潟といった、
深刻な決定力不足、得点力不足を抱えたチームが混じっており、
むしろ、そういうチームに足元をすくわれることなく、
地道に勝ち点を積み上げることができていることに意味がある。

縦パスを抑えられれば、サイドから相手陣に侵入し、
中でシュートが打てなければ、セットプレイで局面を打開する。
そのサッカーは、ロートル集団で夏を心配されながら、
中村俊輔を軸に、首位を快走していたマリノスに似ています。

去年までは、同じことをしようとしても、
ゴールを奪う方策が見いだせず、6~7人で攻めるしかなかった。
しかし今年は、槙野と森脇が無理して上がる必要がなく、
逆にそれで点が取れなければ仕方ないという、冷酷な覚悟がある。

だから、無失点記録などで浮かれた雰囲気が、
今の浦和からは全く感じられないわけで。

そりゃ、相手を引き込み過ぎて、防戦一方になったり、
後半になると足が止まって、防戦一方になることも問題ですが、
それで守り切れずに勝ち点を失ったとしても、
しれっと切り替えて、次の試合もまた同じサッカーを繰り返すような、
そんな割り切った決意みたいなものが、少しずつ漂っているような。

もう、本当にタイトル欲しくなったんでしょうね。

だからと言って、最後に何が起こるかわからないことは、
去年のマリノス見てれば、よくわかると思います。
これまでは浦和に向いていた勝負運に、いつそっぽ向かれるかわからない。

でも、もうそこには、大分に苦戦したり、札幌に完敗した、
相手に合わせて自分を見失う、ひ弱な浦和はもういませんので、
彼らを信じてもいいのかな、という気がやっと芽生えてきました。

この日の2得点以外にも、ゴールになりそうな場面は何度もあった。
むしろ、足掬われるより、大勝ちする可能性の方があった気がします。
徳島のさえ押される場面を見ると不安になる方も多いと思いますが、
悪い意味ばかりでなく、いい意味でも「相手に合わせる」のが浦和です。

この後続く、強敵との連戦こそ、楽しませてくれるんじゃないですかね。

【展望】J1第16節アウェイ徳島戦 ポカリ配ってくれないの?

展望
07 /21 2014
徳島に行ってみようかと思います。
それにしても、雑な席割りだな。

徳島の前節のスタメン

____ヒロクン____
__衛藤__宮崎__
アレックス______大崎
__濱田__斉藤__
_藤原_福元_村松_
____長谷川____

攻撃時3-4-3、守備時は5-4-1.
最近、こんなチームばかりだな。

豊スタではできることをしっかり繰り返して、
未だ目の覚めない鯱さん相手にまずまずのドロー。

いきなり村松がいてびっくりしましたが、
まだまだ、前線はタレント不足の印象です。
高崎はよく頑張ってましたが、決定力は新潟並みか。
浦和が自分からずっこけない限り、ゴールは難しそう。

名古屋戦序盤のFKで、面白いサインプレイありました。
ナビのCKで、浦和も見事に一発やられてますんで、
ここは十分注意する必要があるかと思います。

浦和としては、慎三が戻れるかが気になるところですが、
早めに先制、できたら追加点も取って、
安全運転で試合を進め、体力も温存したいところ。
徳島に押し込まれても、引いた相手を崩す術はありません。
ナビの乱戦も、基本はカウンターでやられてましたから、
隙のない試合運びができるかが問題なので。

暑いしねえ、簡単ではないと思いますが。

【観戦記】J1第15節ホーム新潟戦 オウンさまさま

観戦記
07 /20 2014
さて、J再開を祝してのすきっとした・・・雨模様。
中断前のセレッソ戦がうそのような閑散としたスタジアムに、
集まった観客は、やっとこさ3万人。
スタジアムに熱気を取り戻すまでには、まだまだ長い道のりが。

新潟

__岡本__武蔵__
アトム______山本
__小林__シルバ__
大野______松原
__大井__マイケル__
____守田____

HT 大野→李
61分 武蔵→達也
84分 山本→成岡

岡本と武蔵が並ぶと、両刀使いみたいで嫌ですね(違います
加入間もない山本は、左で輝くタイプかと思っていましたが。
川又は怪我ですかね?ベンチにもいませんでしたが
FWとしてではなく、単に顔が怖いだけですが助かります。

守りの際は、小林が大野と大井の間に落ちてきて、
5-3-2でブロックを形成していました。

浦和

____慎三____
__ウメ__陽介__
ウガ______ヒラ
__アベユ__カピ__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

08分 慎三→忠成
67分 ヒラ→啓太
77分 ウメ→ラビ

元気が抜けての初戦は、ウメが本社に戻ってまいりました。
慎三への収まり方とウメの積極果敢な飛び出しを見ると、
このチョイスには納得感十分でしたが、それは数分の事でした。

興梠が相手DFと交錯して打撲、プレー続行できず8分で交代。
1トップを引き継いだ忠成は、本調子とは言えない残念な感じ、
いくつかあった決定機を彼がものにできれば、楽勝に試合でした。

決勝点はカウンターから。
レオ・シルバがボール奪取からドリブルで浦和エリアに侵入、
浦和が何とかひっかけて、右サイドに出したボールを陽介スルー、
ヒラがボールを受けて右サイドぶっちぎり、アーリークロス供給、
コーナーに逃れようとした松原が鮮やかにオウンゴール。

あまりの美しさに、今月のベストゴールノミネート間違いなし。
FWと違って、新潟の両SBは決定力あるね。

ビッグスワンでのナビに似た展開ですが、
前半に関しては、浦和の守備がばっちり機能していました。
浦和の5バックの前で、新潟のオフェンスは打つ手なしの状況。

唯一、武蔵の前にボールがこぼれたビッグチャンスも、
西川の寄せが速く、GKとの1対1をものにできず。

後半は一方的に新潟が押し込む形にはなりましたが、
新潟の信じられないレベルでの決定力のなさにも助けられ、
最後まで、ゴールネットを揺らされることはありませんでした。

2点目、取らにゃいけません。周作頼みにも程がある。

元気が抜けた影響というのは、あまり感じませんでした。
元気いる時から、点取れてませんでしたし。
ただ、やはり2点目3点目をいかに確実にものにしていくか。
暑い夏場だからこそ、その課題が克服できたとき、
突き抜けることができるんじゃないですかね。

まずはいい滑り出し、お疲れ様でした。

【展望】J1第15節ホーム新潟戦 強敵です 

展望
07 /17 2014
さて、やっと再開ですよ。
気がついたら梅雨明け間近で、暑い暑い。
J特有の、酷暑期間を迎えました。

新潟、徳島、鹿島と中3日で続く3連戦。
それ以降はとりあえず週1回ペースが続くので、
この3つをいかに拾うかが大事になりそうです。

先日のナビ杯アウェイ新潟戦の布陣

__川又__達也__
岡本______アトム
__小林__シルバ__
大野______松原
__マイケル__大井__
____守田____

天皇杯では2列目に成岡が入ってましたが、
浦和戦になると、より闘志を燃やす達也が、
川又と組む可能性は高いんじゃないかなと。

それにしても、ヤンツーのチームコーディネイトはさすが。
シーズンが進むにつれて、新潟はどんどんまとまってきた。
長身の指宿も加え、武蔵もいるアタッカーは質量とも豊富。
山本康もかっぱらいましたし、いよいよ穴が見当たらない。

ナビも圧倒されたあげく、オウンゴール一発で拾ったもの。
ホームゲームとはいえ、ボコボコにされかねない試合です。

前回でも、ビルドアップ、中盤のパスワークは秀逸ながら、
前線の決定力には、大きな問題を抱えていました。

しかし、天皇杯とはいえ8点取って調子こいてる現状では、
1点を守り切るようなタイトなゲームは難しいのかも・・。
押し込まれる前に押し込む、ボールも支配する、
先制しても攻め続ける、そういう強いメンタルが必要では。
その方がむしろ、消耗も少なくて済むと思います。
前回は、振り回され過ぎましたから。

元気が抜けた、前3人の距離感が以前より近くなり、
相手にとっても少し味わいの変わった浦和の1T2Sに、
多少、戸惑ってもらえれば助かるんですがね。

レオ・シルバをいかに自由にさせず、いかに空回りさせるか。
青木あたりが、この試合のキーマンになりそうな気がしますが。

【観戦記】天皇杯2R浦安SC戦 楽勝気分で罵詈雑言

観戦記
07 /13 2014
浦和のスタメン

ガチ

浦安のスタメン

よう知らん

そういうわけで、台風一過のクソ暑い土曜日、
久々の駒場に息子が初参戦となりまして、バクスタに鎮座。

試合の方は、まああんな感じで(どこまでも雑)

浦安は予想通り後先考えない運動量で鬼プレスかけてきたので、
当然、たっぷり消耗させて、きっちり後半に仕留めればいいんですが、
バクスタの一部サポの自信のなさは半端なかったなw。
同点にされた時の発狂ぶり見てたら、救急車でも呼ぼうかと思った。

最近、じっくり試合の流れを見ることができていた埼スタの住人とは、
全く違う人種が巣食っているのかなあ、駒場というところは。
これから、ただでさえ気温が上がり、しょっぱいゲームが増え、
リードされたり、勝ち越せなかったりという我慢の時間が増えるのに、
その一番厳しい時期に、足を引っ張る輩が増えなければいいんだけど。

天皇杯は相手の実力と試合内容が全く関係ないことは、
これまでも嫌というほど見てきたはずなんですけどね。
特に、相手が元気な前半に、そう好きなようにできないことは、
少し考えればわかりそうなもんですけどね。

試合の流れがわからないサポーターの圧力が、
少しずつ、チームのリズムを狂わすようなことも、あるわけで、
日頃、職場等で鬱積したものを、ここで晴らすのやめて欲しいもんだわ。

やっぱり、楽しく見ないとです。

その点、浦安サポは元気でした。点を取ったら大喜びだし。
メインもあれぐらい占拠すれば、選手も元気出ます。

いろんなゴールがありましたが、

司のド迫力ボレーが印象的でした。
関根は、なんだかんだで必ず結果出すから立派。
啓太は、あれ啓太なんですかね。

J1で通用する試合だったかはようわかりませんでしたが、
トーナメント戦を無難に滑り出すことができただけで、OKでしょう。
本番は、来週からだからね。