【展望】ホーム川崎戦 鹿さんみたいに手強いよ

浦和レッズ
03 /28 2012
前節は、柿谷の瞬間芸に轟沈した感のある川崎ですが、
今期、相馬さんの作ったチームは、どっしりとした安定感があります。
どらえもん色を強めている、といったことなんでしょうか。

札幌行けなかったので、桜戦はTVでどっぷり観戦してましたが、
こんな感じで。

____小松____
リセット__レナト__田坂
__憲剛__柴崎__
コミヤマ______実藤
__森下__ジェシ__
____洋平____

レナトは住所不定。真ん中で張る塁くんは決定力不足。
憲剛が前半は前線進出を自重、終盤徐々に攻撃参加。
彼が後ろにいる間は、柴崎がちょくちょく出張。
新加入のCBは無駄なことせず、安定感抜群。
実藤の上がりも、比嘉と違ってインテリジェンスを感じるね。

総じて、特に悪いところもないんですが、
淡々とゲームが進んでいく感じ。スムーズすぎる試合運び。
スイッチが入るような瞬間が感じられない。

ぶっちゃけ、鹿島みてぇで、超つまんねぇ。
結局、セットプレイだけじゃん。
まあ、鹿さんのような演劇がないだけ好感が持てますが。

かつての、僕が好きだった頃の川崎は、ガチャガチャしてました。

__ジュニ__ガナハ__
____マルクス____
アウグスト______森
__憲剛__谷口__
_伊藤_寺田_井川_

こんなだっけ?
つうか、やっぱ嫌いだわw。

後ろ体重なのに、飛び道具でバンバン攻めてくる迫力満点。
脇は甘いが爆発力も半端ないからこそ、
「等々力劇場」というフレーズが似合ったわけですが、
今のシステムはどうなのかね。点は入らないよ。

でも、そこそこ強いんだと思います。結構勝ち点取るんでしょう。
よっぽど、去年の連敗が堪えたのかね、相馬さん。
それで、ちゃんと負けないチーム作れるんだから、立派な監督です。

というわけで、結構手強い相手だと思います。
神出鬼没のレナトを、きちんと捕まえないとね。

一方の浦和は、

____蘭子____
__矢島__陽介__
梅崎______平川
__阿部__啓太__
_槙野_永田_坪井_
____順大____

元気が間に合うかも知れないし、丸塩やポポも虎視眈々。
平川、永田はすっかり覚醒モードで嬉しい限り。
ツボも、どうやらレギュラー定着。毎試合、抜群の出来。

怪我人は多いですが、ポジティブな要素が多いね。
個人的には、この中でセルがどう生きるのか、早く見たい。

結果が出て、連携もまだまだ良くなり、チームは楽しい盛りでしょう。
でも、こういう時期だからこそ、強化部は先手打って動いておいて欲しい。
1トップが務まるCFなんて、なかなかおりませんし、
あべゆや永田が抜けたときの、ボランチの控えが秀仁で十分かどうか。
手を抜かず、休むことなく強奪の準備は必要です。

ミシャのサッカーは、弱者のサッカーというイメージを持っていました。
しかし、代表と元代表が居並ぶ浦和のメンバーを有機的に結合出来れば、
広島より、一段高いステージに到達できるのではないか。
そのためにも、クラブ規模を生かした、他のクラブをねじ伏せるような、
有効なお金の使い方が、今の浦和のテーマではないですかね。

うまくいっているように見える、今だからこそね。夏はすぐ来ます。

よそのクラブが、なぜかまとめてずっこけてくれているわけですから、
ここは一気呵成に、「お笑いネタクラブ」の確固たる地位を返上しようよ。
本当に頼みますわ、山道さん、大槻さん。

それにはまず、ひたすら結果を積み上げないと。

週末は、なんとなく、後半勝負になりそうな気がします。
しっかり相手を動かして、消耗させて、辛抱強く攻めて欲しいと思います。
スポンサーサイト

公式戦3連勝!

浦和レッズ
03 /25 2012
最近、あまり経験がないもんですから。

試合は見られませんでしたが、陽介の2ゴール、素晴らしい!

ヒラのやけくそ気味のファーへのクロスを、
胸トラからゴール天井に突き刺す豪快な同点弾。
いかにもあべゆ、という感じでセットしていたボールを、
勝手に蹴り込んだ、虚を突くFKの逆転弾。

アウェイで、リードされて守備を固められる展開から、
しっかりとゴールをこじ開けて、勝ち切れる「強い」浦和。
まだまだ、思うようなサッカーができていない中、
それでも勝ち点が拾えているのは、とてもよいことです。

もっとも、フィンケ時代も春先好調→夏場失速が仕様でしたし、
今後も、難しい相手が続きますから、一戦一戦ベストを尽くして、
少しでも勝ち点を積み上げて欲しいね。

槙野・陽介・司のダンスを見ながら、
カナダ組の調子乗り世代が、
よく浦和に集まってくれたなあ、と、
浦和を元気にしてくれているなあ、と、
感謝感謝です。

直輝も、元気出してくれるといいね。

【展望】Jリーグアウェイ札幌戦 怪我人はいますが

浦和レッズ
03 /23 2012
影の宿命のライバル、コンサドーレとの対戦。
「お前はもう死んでいる」ダンマクの出番です。 

野戦病院化しつつある大原では、
直輝、岡本に元気がアウト。セルもまだダメそうでして。
前目のメンバーが、ちょっと薄そうですね。

____蘭子____
__ポポ__陽介__
梅崎______平川
__阿部__啓太__
_槙野_永田_坪井_
____順大____

SUB
ギシ、水輝、秀仁、ウガ、峻希、丸塩、矢島

こんな感じでしょうか。
なんとなく、慎重な試合運びを想定して、坪井先発を予想。
天才前俊を迎え撃つのに、ミッツさんだけだとちょっと。

攻撃の手札は不足気味ですが、
それでも、丸塩が上向きで、パンチ力ある矢島もいれば、
終盤の選択肢には入ってくるんじゃないかと。

札幌は、石崎さんの真面目なサッカーが浸透してますから、
前から前から、圧力かけてくるんでしょうが、
それこそ、今後を睨んだとき、いい練習相手です。

もちろん、勝つんですけどね。

陽介のコンディションに不安はありますが、
仙台戦で、想像以上に律儀に走り回っていたポポさんが、
渾身の一撃を食らわしてくれるでしょう。

梅崎、平川がしっかりSBの上がりさえ監視しておけば、
札幌の、前俊1トップ+3シャドウは、
3バック+2ボランチは相性悪くないと思いますし、
前俊が、とんでもなくキレキレでもない限り、何とかなるでひょ。

河合あたりが、ちょっかい出してくると話はややこしくなりますが。

食いつきがよいほど、それをかいくぐった時のチャンスも増えるはず。
コツを掴みつつあるミッツさんであれば、躍動してくれるのでは。

心配事も多いですが、達也やセルや丸塩が復調すれば、
まだまだ伸びしろはあるチームだと思います。

なんとか、勝ち点3、持って帰ってきてな。

【観戦記】ナビ杯ホーム仙台戦 ガチメンご苦労

観戦記
03 /20 2012
まだ寒気は残るものの、爽やかな青空の広がる埼玉スタジアム。
今日から、ナビスコカップが開幕しました。

だから、オレオ配れよ。

3日前に柏との激戦を戦ったメンバーを休ませ、
柏木と永田以外の9人を入れ替える、思い切ったターンオーバー。
せっかく与えられたチャンスを生かして、
レギュラーの座を脅かせる選手が何人出てくるか。

____ポポ____
__直輝__柏木__
ウガ______岡本
__小島__暢久__
_水輝_永田_スピラ_
____山岸____

仙台は、リーグ戦のメンバーは3人ほどしか入れ替えせず、
ほぼ、ガチのメンバーを揃えてきました。
まあ、出したくても試合で使えるような選手がいないんでしょうが。

前半は、仙台がどうのという前に、
何をやってるんやらうちの連中は、みたいなワールドで、
その中心人物が暢久かなあw。

予想通り高めの位置からプレスをかけてくる仙台の連中から、
食いつかせてかわすというより、逃げ惑ってパニックのような。

おまけに、岡本が痛んで×印で負傷退場(自殺)。
つづいて、直輝が痛んで×印で負傷退場(他殺)。

出てきた峻希は、やっちゃった去年の甲府戦のようなドタバタ感で、
つづいた矢島は、何しに出てきたんだかわからない状況。

秀仁もやはりハイプレッシャーの中で持ち味を出し切れず、
スピラの球離れの悪さは、もう干されていても仕方ないレベル。

どうにかこうにか、前半0-0で終えました。

後半早々、浦和のCKが続き、
右からの1本目は、惜しくも相手のオウンゴールならず。
左からの2本目は、ファーの永田がドンピシャで先制。

今年のセットプレイは、何か可能性を感じます。

この日の一番の収穫は、うっかりミッツさんの目途が立ったこと。
柏戦でも見せていた「ドリブルで持ち出す動き」が出色で、
守備の時の高さ・強さと合わせて、レギュラー確定の活躍。

これであべゆを前に出せる。

また、後半はさすがにお疲れの仙台さんの足が止まり始めたのか、
ミシャのパスサッカーが炸裂し始めます。

前半から献身的に動き続けたポポと柏木を軸に、
落ち着きを取り戻した峻希とウガの間のサイドチェンジ、
真ん中では秀仁や矢島も加えたパス交換が機能し始め、
惚れ惚れとするような攻撃を、随所に見せてくれました。

セカンドチームでも、十分浸透してますよ、ミシャサッカー。

決していい状態、十分なメンツでなくても、
しっかりと点を取って勝ち切ることができました。

こういう勝ち方ができる、今年の浦和は強いかもよ。

まあ、言いたいことは別のところで言うわ。
とりあえず、仙台にはがっかりさせられたよ。

【展望】ナビ杯ホーム仙台戦 誰が出るやら

浦和レッズ
03 /19 2012
なんか、よくわからないから、希望のスタメン。

____達也____
__直輝__ポポ__
ウガ______岡本
__小島__暢久__
_水輝_永田_スピラ_
____ギシ____

なんか、だめだなこれじゃw。

どうせなら、いっそ、

____達也____
__直輝__矢島__
ウガ______岡本
__小島__野崎__
_水輝_暢久_スピラ_
____大谷____

いよいよ、だめっぽいなw。
セル・峻希・丸塩はあかんのかいな。
やっぱ、わかんないや。まあ適当に頼む。

仙台は、強いといっても、こんなに入れ替え無理でしょ。
そこが、狙い目ですよ、狙い目。

もともと、要領よく、手間を省いて、という感じでなく、
魂の、気迫の、血と汗と涙の情熱守備型サッカーだし、

まあ、そんなに長くは持たんのじゃないかなあ。
去年も夏頃には絶望的な連敗してたし。

リャンさんいないし、そんなに攻めるのがうまかないし、
ボール持たしちゃえばいいんじゃないすか?

なんか、どうぞどうぞ、な試合になったりして。

うちの柏戦でのダメージは、小さくないと思うんですよね。
この試合は、いい形を求めるとか、控えのアピールの場とかより、
何とか引き分けに持ち込めるような泥臭い戦い方がいいと思う。
そういうシンプルな考え方の方が、意思統一が図りやすいし、
むしろ、活路が見出せるんじゃないかと。

ただ、小島が狙われるような気がしますから、
やはり、阿部先生か啓太先生のご出馬は避けられませんかね。

アウェイが続く仙台の方が、コンディション的には厳しいし、
いいスタートしたので、変に手を抜けないというか、
この試合の位置づけが難しいのは彼らの方かな、と。

面白いことになるんじゃないですかね、意外と。




ランコさんは、ナビ好きだから、出たがるかもしれないな。

【観戦記】J1ホーム柏戦 会心のリベンジマッチ

観戦記
03 /18 2012
柏さん、やばいんじゃないの。
同じやり方が2年続けて通用するほど、甘くないですよJ1は。
だから、うちは毎年変えて(違

もう、早く手を打った方がいいんじゃないですか?
本当に、監督変えちゃった方が得策じゃないですか?

あ、いやいや、ガンバさんはそのままで。


冷たい雨で、400試合目イベントも盛り上がりに欠け、
せっかくの400円ビールも、凍える思いで飲んでおりました。
そんな、勝てる気のしない弱気な土曜日ではありましたが、
ピッチ上の選手たちが、
スタジアムの沈滞ムードを吹き飛ばしてくれました。

ミシャの元で培われてきた見事なコンビネーション。
永田から啓太、そこからの鋭い縦パスを陽介がスルー、
ワグネルがはたいて、最後はランコが突き刺す見事な先制点。

え、何か違う?

とにかく、そのどさくさ紛れに奪ったゴールを、
選手は最後まで身体を張り、サポはワーワーブーブー声を張り、
そのまま逃げきってしまう浦和の必勝パターン。

いいよいいよ。
これが埼スタですがな。

でも、偶然の勝利ではありません。

蘭子の1トップ。もう後がないわな、彼も。
夏の移籍というのはコンディションが厳しかったろうから、
去年は波に乗れずじまいで少し可哀そうでしたが、
FWは、点取れば乗ってくるからね。

陽介がシャドウに入り、あべゆがボランチに上がり、
リベロの位置にはうっかりミッツさんが君臨、
守勢に回るからか、水輝ではなくツボで脇を固めます。

____蘭子____
__元気__陽介__
梅崎______平川
__阿部__啓太__
_槙野_永田_坪井_
____順大____

メンバー固められずに迷い続けたミシャの答えが、
この試合、見事に嵌りました。

レドミは阿部、ワグネルは啓太と、
浦和最強の門番が迎撃し、思うようにボールを持たせない。
新戦力のボロさんも、まあ何がいいんだかわからず終い。
これでは、いつものSBのオーバーラップも不発。

レドミさんに向かって突進して行き、
もじもじくんみたいな体当たりかましてた元気に大拍手w。
本当に怒ってたな、レドミさん。

うちでもここまでできるとなると、
今年、まじめに大変だと思いますよ、柏さんは。

一方、浦和も、攻められっぱなしというわけでもなく、
ちょくちょく、いいチャンスを作ります。

前に抜け出しての、陽介のボレー、
FW顔負けの最後のフェイクから、槙野の右足、
左から深く抉っての、槙野のセンタリング、
右からDFぶち抜いての、平川のクロス。

槙野、阿部が飛び込むCKも迫力満点ですし、
全員が球際で負けてなかったのが嬉しかった。
うなだれるしかなかった、3か月前のホーム閉幕戦の借り、
しっかり返せたんじゃないですかね。

選手たちもここまでできると思ってなかったのか、

歌詞覚えてこなかっただろ、おまえら。

でも、ここまでは去年と同じ。

ナビ仙台戦をどう戦うか、ということもありますが、
まずは、札幌でのゲーム、しっかり勝ち切れるかどうか。
ここで勝てれば波に乗れるし、星を落とせば逆戻り、
今年を占う、とても大事なゲームではないかと思っています。

P3170017_convert_20120318153622.jpg P3170016_convert_20120318153304.jpg

【展望】J1ホーム柏戦 ホーム開幕ですぞ

浦和レッズ
03 /16 2012
とにかく、たとえ勝ち点3を取られようとも、
絶対に負けない、という強い気持ちで戦って欲しい。

システムだの、戦術だのは飲み屋で考えればいいですのよ。
去年、あれだけこてんしゃんにやられたレイソルに、
一泡吹かせないで、何がプライドですか。

よそのクラブの倍のサポーターがついてるんです。
(うち、半分は足引っ張ってるのでチャラですが)

攻めろ!というサポも、守れ!というサポも、
トライしろ!というサポも、ミスするな!というサポも、
万遍なくいるんです。

これ以上、心強いことはないじゃないですか。

年に一度、あるかないかのホーム開幕戦(必ずあります
天気は残念な感じですが、関係ありません。

明日負ければ、自力優勝がなくなるんですよ。
勝率5割に挑戦できるのは、これが最後かも知れないんですよ。

今 盛 り 上 が ら な い で ど う す る 。

帰りの飲み屋は葬式だぞ(違

まあ、去年も前年チャンピオン撃破したしな。
ちょろいもんだろ。

____ポポ____
__元気__陽介__
梅崎______平川
__啓太__阿部__
_槙野_永田_水輝_
____順大____

2シャドウは元気・陽介でしょう、やっぱり。
島崎さん曰く、相性最悪の2ボランチですが、
ここはひとつ、あべゆのなんとか頑張ってもらって。

まあ、きっとミッツさんがうっかりするんでしょうがねえ。

両外人に細心の注意を払っている間に、キタジさんがゴン、
みたいなのだけは勘弁してください。
とにかく、完封負けは盛り上がれないので、まずはゴールを。

この新しい陣形、きっと柏はやりにくいと思うんだよな。
去年の柏戦は、まったくいいところなしでした。

05/07 第10節 浦和1-3柏(国立)
12/03 第34節 浦和1-3柏(埼玉)

あっさり先制されて、引き離され、ダメを押され、
可能性をまったく感じることの出来ない完敗でした。

でも、でも、このサッカーを熟成させている”先輩”広島なら、
きっと、きっと、王者柏といえども、翻弄されたに違いありません。

07/13 第04節 広島1-3柏(柏)
10/22 第30節 広島1-3柏(広島)




同じじゃん。

【観戦記】U-23日本代表vsバーレーン代表

日本代表
03 /15 2012
キックオフとともに、急に寒くなった国立競技場。
相変わらずぬるいゴル裏の声量はいかんともしがたく、
さしたるホームアドバンテージも作れず仕舞い。

オレンジのジャージを見ると、
どうも応援する気がなくなるのは仕様なので勘弁。

試合前のバーレーンの練習風景はのどかなもので、
それが半ばあきらめの境地なのか、国民性なのかは不明ですが、
こういう相手でも圧倒は出来ないのがサッカーの難しいところ。

____大津____
元気___東___清武
__扇原__山口__
比嘉______酒井
__水輝__鈴木__
____権田____

試合が始まると、バーレーンはかなりコンパクトな陣形で、
プレスもしっかりかけてくるので、日本も容易に侵入できず。
しかし、シリアに負けてから肝が据わったのか、
慌てず騒がずボールを散らして、相手を消耗させていきました。

大津、ちゅうか、誰がトップでもいいや的な流動性で、
辛抱強く相手のバイタル出入りしながら、チャンスを窺う前4人。
特に清武は、もうこの世代では抜けた存在感でした。

元気も良く頑張ってたけどな、らしくなくスマートに。

後半に入り、少しバーレーンの集中力が薄れた感のあった時間帯、
小気味のいいパス回しから、攻撃のスイッチが入り、
扇原、清武が続けざまの綺麗な弾道のシュートを叩き込んだ時点で、
勝負は終わりました。

多少、攻めるのか守るのか意思統一が曖昧な部分もありましたが、
そのあとも危なげなくゲームをコントロールして終了の笛。
寒いので、赤ユニ見ないでとっとと帰りました。

とりあえず、五輪最終予選突破、おめでとう。


ただ、アテネ、北京と惨敗した後のロンドン、
果たして通用するんだろうかね。
日本にとって、予選グループ突破は、そろそろノルマでしょう。

うまい、確かにこの子たちはうまい。
しかし、強いと言うよりも、軽いという印象。
泥臭さ、とか勝負強さとか、
得点差ではなく、オーラで圧倒するような怖さがない。

例えば、この子たちが韓国に勝てるのだろうか。

左SB、CB、ボランチ、CF、
今は補強ポイントだらけのチームです。

5月のトゥーロン国際ぐらいしか強化試合がない中、
7月の本番までに、出来ることは限られています。

OAを含めた生存競争、どんどん煽って欲しいですね。
で、水輝も直輝も元気も、死に物狂いでアピールしなきゃね。
啓太も山瀬も落とされた最終メンバーに残るのは、
簡単ではないだよ。

是非是非、シドニー組を超えて欲しいね、彼らには。

__元気__大津__
宮市______清武
__扇原__ベハセ__
長友______酒井
__水輝__吉田__
____権田____

本番は、こんなんで、いいんじゃないか。
(個人的には、長谷部に行かしてやりたいなあ)

明日は実は大一番

日本代表
03 /13 2012
引き分け以上恋人未満だわさ。
本命チョコ以外は禁止にして欲しいよ、もう。

何の話だっけ。

明日は最高気温9度だって。3月も半分終わるんだぞ。
そんな中、20時キックオフなんて、耐えられるんだろうか。
週末の風邪が、またぶり返すやないか。

とりあえず、水輝と元気は頑張れ。

____大津____
元気__清武___東
__扇原__山口__
比嘉______酒井
__水輝__鈴木__
___権田先生___

こんななんか、よう知らんが。
つうか、大津と清武のツートップ、って何なん?
杉本でも久保でも呼んどいたら良かったんやないの?

永井でいいだろ、普通に(忘れてた

大迫のバックアップ、何も考えてなかったんだろうな。
まさか、頭ぶつけて、眩暈して、倒れこんだら遅延でイエロー、
なんて誰も予想はしてなかったでしょうけどね。

まあ、いないもんはしゃあない。
ゼロトップでもなんでも、お任せしますわ。

元気はダメダメだったから、斉藤くんかも知れませんな。
それより、キョトン顔のキャプテン復帰は勘弁。

どんなに自分がやらかしても、
キョトンとして、まったく反省の色のない彼を見ていると、
どんなに自分がやらかしても、
キリッとした顔で周囲を鼓舞し続けたあの方が思い出されます。

FIFAの大学院、頑張ってね。

まあ、権田先生が今、神だから点は取られないだろ(全幅の信頼

しかし、この面子で、よくオリンピック王手かけたよなあ。
比嘉の眉毛以外は、結構好きですよ、このチーム。
本番で、海外組にいいとこ取りされないよう、
90分集中して、文句ない内容で、出場権を獲得して欲しいかな、と。

まだまだ疑心暗鬼

浦和レッズ
03 /13 2012
昨晩、八丁堀でのトークライブ言ってきました。
初めてだったんだけど、楽しかったですわ。

島崎さん、水内さん、ありがとうございました。
飲み屋での僕らと、あんま目線変わらんのねw。

まあ、内容に興味のある方は、
来月もやるから、来てみればいいと思います。
ウラマガもただでもらえるしね(何の宣伝?


それにしても、ミシャのサッカーというのは、
研究されると、攻略しやすいんでしょうかね。
いくら勝手知ったるミシャのサッカーとはいえ、
広島に完璧に迎えこまれた(らしい)のはショックでした。
井原さんも、準備万端、自信満々なようですが。

浦和は、何年やっても、
広島を効果的に崩したことはありませんでしたけどね。

ミシャのサッカーが最初は広島に馴染まず降格した、
そんな印象を持っている方は多いようですが、
初年度(2006年)は13節からチーム引き受け10位フィニッシュ。
翌年にクラブのゴタゴタや選手層の薄さに足引っ張られて、
京都との入れ替え戦に負けちゃったわけですから、
あまり戦術の浸透度は関係なかったような気もします。

むしろ、すぐに結果が出て、すぐに壁にぶつかる方が怖い。

成熟度が低いからどうにもならんという部分と、
成熟度が高くなってもどうにもならんという部分がまだ見えてないので、
ちょっと心配なんですな。

ましてや、次節は守備崩壊気味とはいえ、王者柏。
アウェイ札幌も控えていて、よもやの3連敗とかにでもなれば、
香ばしい雰囲気が醸し出されないと言えなくもない。

今期の流れを決めかねない2試合を前に、何の手応えもないのよね、まだ。
ハードトレーニングの疲れが、出てきちゃってるのかしらん。

とにかく、早く勝ち点積み上げて、
セホーンガンバのヲッチングに専念させて欲しいものだよ(心得違い

アウェイ広島戦 まだまだ発展途上

浦和レッズ
03 /11 2012
ゲームを見ることはできなかったので、内容の方はよくわかりませんでしたが、
毎年恒例の黒星スタートというわけですね。

ミラーゲームと言われる、同じ指向性のチームがぶつかれば、
まあ、長年やってる方には敵わんわね。

むしろ、新監督とはいえ、チームをいきなりぶっ壊すことなく、
去年までのチームとしての積み上げをうまく利用した、
森保監督の手腕を評価しなければいかんのでしょうね。

直輝・達也の起用はサプライズでしたが、空回りに終わったようで、
今後も様々な組み合わせが、当面は試され続けるんでしょう。

新潟相手のトレーニングマッチでも、セル、秀仁あたりが頑張ってたようですし、
開幕スタメン組も、うかうかはしてられんでしょうね。

現地組の感想も、将来に期待が持てるといったポジティブなものが多く、
結果に一喜一憂することなく、今後の成長を見守りたいですね。

10連敗ぐらいで、ガタガタ言うんじゃないよ(それは無理

【観戦記】J1ホーム柏戦 会心のリベンジマッチ

観戦記
03 /10 2012
フンフン、柏、やばいんじゃないの?
早く、監督変えた方がいいんじゃないの?

あ、いや、ガンバさんはそのままで。

冷たい雨の中でも、爽快なゲームでした。

素晴らしいコンビネーションからの先制点、
でなくて、事故のようなどさくさ紛れの先制点。
(ランコさんのフィニッシュはうまかったよ)

あとは、ブーブーワーワー言いながら逃げ切る。
なんとも浦和らしい試合運びじゃござんせんか。

去年のホーム閉幕戦の敵を討ってくれた槙野隊長ありがとう。

選手も、今日勝てると思ってなかったのか、
あまり、勝利の凱歌の歌詞、覚えてなかったみたいやね。


この日は、ランコさんが1トップ。元気でなかったw。
実力はともかく、タイプ的にはそりゃそうだろう。
陽介がシャドウに上がり、ボランチにあべゆが上がり、
うっかりミッツさんがリベロに君臨。まあ、納得です。

最終ラインでボールこねくり回すスピラは、
もう、ノーチャンスなのかも知れんね。

____蘭子____
__元気__陽介__
梅崎______平川
__阿部__啓太__
_槙野_永田_坪井_
____順大____

スタメン紹介の画像もなかなかハイクオリティでいい。
去年の角膜認証みたいなのより好きですね。
まあ、吹田の斬新さには遠く及びませんが。

レドミに阿部、ワグネルに啓太をつけて、
ストッパーやSHと連携しながら、潰しにかかる。
レドミに向かって、元気が突進し、
もじもじくんみたいな体当たりかましてて笑った。
守勢に回るであろうことと、コンディションを考え、
水輝でなくツボを起用、最後までしっかり守ってくれました。

柏は飛車角が思うようにボールを持たしてもらえず、
酒井も行っていいんだか行けないんだかしてるうちに、
中2日の疲労に襲われ、次第にシフトダウン。
ロボもまだJ1仕様ではないようでボロボロ(ナンチッテ
イケメンTJもミドルレンジから吹かすばかり。

浦和も一方的にやられていたわけでなく、
しっかりリトリートしながら、早めに相手潰して、
ポンポンボールつないでゴール前まで攻め込んでました。

まさに浦和のプラン通りの展開。
決定的チャンスも結構あったので、勝利は妥当でしょう。

陽介は、やはり2列目で輝くね。
少し余裕があるより、瞬間的にプレイを選択する方が、
彼の特性に合っているような気がします。

サポーターも、バックパスに万雷の拍手という
信じられないような暖かさでバックアップ。
いい雰囲気でした。


何もかもがちぐはぐだった去年に比べ、
ミシャを中心に色々なことがかみ合いだした浦和には、
去年とは明らかに違う、手応えが感じられるゲームでした。

次はナビ仙台戦ですが、
その次のアウェイでも札幌戦がとても大事になってきました。
このゲーム、しっかり勝ち切れれば、波に乗れますが、
足をすくわれるようだと、去年の二の舞です。

ナビ含め、ミシャの采配が注目されます。

W杯最終予選組み合わせ決定

日本代表
03 /09 2012
抽選会の映像も、ネットでリアルタイムに見られる時代になりましたねえ。
(仕事中でしたが)

グループA イラン 韓国 ウズベキスタン レバノン カタール  
グループB 日本 オーストラリア イラク オマーン ヨルダン

韓国は時差との戦いですなあ。
とは言っても、日本同様、欧州組が増えているので、
ホームでやるより体調よいかも知れんね。 

でも、韓国と分かれたのは良かった。
なんだかんだ言っても、韓国と本番でぶつかれば、
札幌みたいなわけには行かないでしょうし、
いまや、韓国の方が勢いあるしな。

苦手だけど、オージー相手も悪くないと思います。
アジア杯でも勝ったし、世代交代進んでなさそうだし。
イランやウズベクの方が、よっぽど不気味です。

また、オジェックとかあ。
ヒディングより正攻法(引き出し不足)だから怖くない。
ケネディがめんどくさい。スピラはがんがれ。

イラク_ グループA1位 5勝1敗0分 勝ち点15
ヨルダン グループA2位 4勝2敗0分 勝ち点12
ジャパン グループC2位 3勝2敗1分 勝ち点10
オージー グループD1位 5勝1敗0分 勝ち点15
オマーン グループD2位 2勝2敗2分 勝ち点08

3次予選一緒だったからって、分かれるとは限らないのね。
日本弱いんだな。

06/03 オマーン(H)
06/08 ヨルダン(H)
06/12 オージー(A)
09/11 イラク_(H)
11/14 オマーン(A)
03/26 ヨルダン(A)
06/04 オージー(H)
06/11 イラク_(A)

6月の埼スタ連戦で格下に連勝し、
連携高まったところで、時差のない豪州にひとっ飛びか。
いいじゃんいいじゃん。

一気に流れを決めちゃいたいところですが、
8試合、ちゅうか丸1年はやっぱ長丁場だしな。

コインブラさんには、是非、カイザースラウテルンの仇を、
・・・・取ったりしないでおとなしくしててくれ。

オマーンは3連続1-0とかありませんでしたっけ。
苦戦するイメージ強し。
ヨルダンとは、是非PK戦を(ないない

3月のアウェイヨルダン戦で、決まらないすかねえ。

【展望】アウェイ広島戦 さあ逆襲ですよ

浦和レッズ
03 /09 2012
ダービーの存在しなかった寂しい広島にとって、
まさに身内同士の様相を呈しているこの浦和戦は、
盛り上がるには格好の開幕カードなんでしょうが、

まあ、八つ当たりもいいところでして。

既に浦和の”ウラ番長”である陽介はともかく、
年俸を払えずに放り出したミシャと、
年俸を用意できずに受け入れられなかった槙野に、
逆に、よく顔向けできるわな、という話なわけで。

確かに最近の相性は、決して芳しいものではありませんが、
王と飛車角いただいたんだから、今年はなんときゃしなきゃね。

予想スタメン。

____蘭子____
__元気__ポポ__
梅崎______平川
__柏木__啓太__
_槙野_阿部_水輝_
____順大____

万全なら、達也1トップも結構いけると思うのですが、
まずはがっつりと蘭子さんに体張ってもらって、スーパーサブで。

蘭子さん、今年はコンディション調整してのシーズンインですから、
頭2~3試合で当たれば、結構確変するような気もしますが。

今年の広島は、傀儡政権のガンバ同様、
去年の攻撃力を生かしながら、堅実な守備力も身につけよう、
などと夢みたいなこと考えてると思いますので、
去年より、前線からガツガツ来るんじゃないかと思いますと、
ちょっと、秀仁はまだ心配かなと。

いかんせん、やってみなけりゃ、どうなるかわからんサッカーです。
TMでの、まあまあの成績は全て忘れて、生ぬるく見守りましょう。

まあ、いくら槙野が強気でも、やりにくいことは間違いないし、
明日は多少精彩を欠いても、大目に見てあげないとね。

まだ、現行踏襲によりドラスティックなシステム変更はないため、
チームの完成度では広島に一日の長があると思いますが、
それが、必ずしも新監督保一さんの志向するものとは限らない以上、
監督と選手の見ている方向には、微妙なズレがきっとあるはず。

方向性ががっつり一致している今の浦和に分のある戦いになるのでは、
そう思うんですが。

耐え忍んだ2011年から、逆襲の2012年へ。
楽しみで仕方ないですね、今年は。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito