Jリーグ第22節アウェイ甲府戦 自滅かな

観戦記
08 /21 2011
Jリーグ第22節アウェイ甲府戦 自滅かな

まあ、相手を舐めていたということではないでしょうか。

ペトロがラインを上げたがっているのはわかります。
しかし、CBがスピード不足という理由だけでなく、
そもそも、フィンケでも覚束なかったリスク管理が、
ペトロの率いる今年のチームにできるわけもなく。

前半0-0で凌ぎながら、後半オープンな撃ち合いに持ち込むという、
ギャンブル性の高い戦い方で偶然積み上げてきた勝ち点ですが、
一息ついたら、高い志を思い出し、足元も見ないで、
出来もしない高度なサッカー試みて崩壊したような、そんな感じですか。

峻希の不出来から、右サイドが炎上し、
パウリーニョに好き放題やられてしまったわけですが、
何か、慌ててライン上げては、自分たちでバランス崩して、裏とられて、
チーム全体として、自滅してしまったような試合でした。

一人気を吐いた陽介には、気の毒でしたが。

ペトロに、そんな高尚なサッカーを求めているわけではありません。
とにかく、あと4勝してくれれば、多分残留できるでしょうから、
それだけ考えて、余計なことはせずに、残り試合を戦って欲しい。

そのためだけに、ひたすら今期中はペトロを全力で後押ししますがね。
その間、時間はたっぷりありますので、
クラブは来年のこと、将来のことをしっかり考えてくださいな。
スポンサーサイト

Jリーグ第21節アウェイ新潟戦 暑い暑い

観戦記
08 /18 2011
お盆の帰省ラッシュも残る8月の第2日曜日、
果敢に車で出動し、思いのほか順調に移動ができ、
燕市で背油ラーメンを堪能している頃には、軽い達成感が・・。

おまけに、ぶらりと突っ込んだ民間駐車場で、
スイカやメロンやとうもろこしの大盤振る舞いに遭遇。
いや~、いつ来てもいいな、新潟は。

イタリアン食いそびれても、おにぎり配られなくても、
4回目のビッグマック無料券ゲットし損ねても、
おおむねハッピーだった試合開始前でした。

しかし、暑いわな。

スタメンは、累積の丸塩の代わりに達也が右ウィング、
直輝は念願のど真ん中。
代表戦フル出場のスピラに代わって暢久が入りました。
大きなターンオーバーはないので、夏の連戦堪えてるはずですが、
今年は、夏に強いね、みんな。
夏に強い、後半に強いというのが、いまだによく理解できません。

新潟は、神戸と同じように高い位置からチェックに入ります。
浦和はロングボールで相手DF裏をシンプルに狙うというよりも、
前線が低めのラインを引いて、コンパクトな陣形で対抗します。

新潟は、それに対して、有効な崩しも、裏をとる動きもできず、
どうしていままで連勝できていたのかまったく理解できない酷い出来。
前半、危ないシーンは皆無でした。
きっと、カウンターぐらいしか、チャンス作れないのね。

浦和は、この日に限って、変に高い決定力。
右に移っていた元気がドリブルで仕掛け、前方の直輝に預けてゴール前へ。
ゴールライン際で受けた直輝が、浮き気味に出した軽いセンタリングを、
突っ込んで来た元気が押し込み、1点目。
続いて、柏木のフリーキックをランコが後ろにすらせ、
GKが何とか止めるも、目の前の永田が難なく押し込んで、2点目。

まあ、あとで画像確認しただけで、現場では何も見えませんでしたが。
後半、新潟がラッシュかけてくる最初の5分がヤマかな、と思っていると、
なぜか、浦和が押し込む展開に。

ただ、上げたラインの裏を衝かれて、順大があいて引っ掛けPK献上。
終了間際には、新潟の最後の意地にペナルティエリアに押しこまれ、
ハンドによって、二度目のPK献上。

まあ、これも、現場では何も見えませんでしたがね。
そもそも、照明がやはり薄暗いです。
最近、何試合も続いて審判の判定がおかしいのは、
ピッチが暗くて、プレイを正確に見ることが難しくなっているからでは?
(と、こじんまりした審判擁護。)

この試合もPKはともかく、変な判定多かったからな。
ここ何試合、双方のサポから審判への不満がもれるという異常事態が、
J1の審判の現在の実力を示しているような気がします。

そんな中でもはっきり見えた3点目。
後方からのパスに、オフサイドポジションにいたランコが必死に関与を否定w
(否定できていたかどうかは微妙)。
横から達也が突っ込み、グランダーでセンタリング。
ニアに走りこんだ直輝が、小憎らしいチップショットでトドメさしました。
こんなソフトタッチのゴールは、浦和には珍しい。シトン以来じゃないか?
ゴールに向かってフアフア浮いてボールが飛んでくる時間がたまらなかった。
これが、直輝のセンスなんだろうな。

3点も取った割には、どたばたと接戦に持ち込んでしまう浦和を、
嘆いたとて詮無いこと。これもまた、由緒正しき伝統芸能。
うちは鹿島ではないんだから。

お騒がせのマゾ・セル投入も、そこそこ楽しませてもらいました。
周期的にやってくる、神戸戦のような気の抜け方。
今後は、これをどうコントロールしていけるか。
残り13試合で、トップとの差は勝ち点15の12位。
上位陣を慌てさせられる位置には、まだぶら下がってるんじゃないかな。

J1第20節ホーム神戸戦 いい試合は続かないもの

浦和レッズ
08 /07 2011
あまりにもくだらない敗戦でした。

スタジアムに到着した4時半ごろの激しい雷雨。
雨はすぐに止みましたが、試合開始前にはものすごい湿気。
この蒸し暑さが、浦和DFラインの思考力を奪います。

消耗戦必至の気象条件にもかかわらず、
神戸は立ち上がりから、激しいフォアチェックを見舞います。
バックラインから細かくつないでビルドアップしようとする、
去年のフィンケサッカーが、最も苦手とした戦法です。

しかし、ペトロの好きな縦ポンではぐらかしておけば、
大きな痛手にはならなかったようにも思えるのですが、
明らかにぼさっとしていた浦和のイレブンはプチパニックに。

大きく蹴ったり、セーフティに蹴り出したりすべき場面を、
順大は明快にコーチングすることも出来ず。
失点後は、全員上がらせてパントキック蹴ったり、
神戸の足が止まってからは、短くつないだりと使い分けられていただけに、
悔やまれる時間帯でした。

そもそも、等々力で相当テンションの高いゲームをした上、
ケガ持ちの元気と直輝・陽介の3人は代表帰り、
ランコの身体のキレも、むしろ下降気味に見え、
チーム全体のパフォーマンスは、決してよくありませんでした。

ただ、川崎のように徹底的に攻め込まれるわけでなく、
時折、陽介の惜しいミドルなど、したいことも出来たりするから、
前半はきちんと守って均衡を保つという意思統一が、
実は意外に難しかったりするのが、神戸戦で崩れる一因かと。

失点シーンは、本当にくだらない。

ポポが浦和左サイドでボールキープ。
後方から飛び出した松岡に、啓太がまんまと振り切られ、
抉られて、ゴール前でルーズになったところを吉田にズドン。

次は、平川が神戸にフォアチェックを受け、慌てて順大にバックパス。
浮いたバウンドで蹴りにくそうにサイドに蹴り返すと、
出した平川に当たって、ゴール前の神戸の選手へとわたり、
最後は吉田のあざ笑うようなループ気味のジュートがズドン。

まったく、何回吉田にやられれば気が済むんだよ。
あきれてものも言えなくなるような、お粗末な失点でした。

はっきり言って、松田とはなんも関係ないよ。

後半から、啓太、直輝out、マゾ、達也in。

すぐに達也がゴール前混戦から右足振りぬいて1点目。
柏木のミドルを徳重がはじいたところを、マゾが蹴りこんで同点。
勝ったと思ったんですがね。

さすがに、今の浦和に3点取るだけの体力はありませんでした。
最後は佐藤に試合をぶち壊されましたが、
敗因はあくまでも浦和の前半のパフォーマンスに尽きると思います。

でも、そんなに毎試合いいわけないからな。
浦和らしいといえば、あまりに浦和らしい試合でした。

言いたいことは、山ほどありますが、
今日はやめておきます。