Jリーグ第18節アウェイ名古屋戦 熱かったけど暑かったよ

観戦記
06 /26 2011
金曜日に、寄居・熊谷・館林で展開された、気温39度ラインのデッドヒート、
さいたまと遜色なく、無駄に暑い名古屋ですから、
6月とは言え、まさに、まつなッ盛りのトヨスタ(マイッタヨ、アタマオカシクナリソウダ)。

こんな中、暢久のボランチ起用は、自殺行為と言わざるを得ない。

先発は、マゾ→一樹、秀仁→暢久以外は福岡戦と同じ。
さすがに元気はベンチスタート。
控えにマゾ、司、元気、陽介、秀仁、ウガ、ギシと、
もう、後半は攻撃重視というか、先制される前提というか、
ある意味、ペトロはいい予測しているな。

こういう試合は、もう内容より結果でしかない。
いくら綺麗なサッカーをしても、負けていては仕方がない。
この2年間、痛切に感じてきたことであり、
また、福岡戦で一息ついた浦和としても、浮上の足取りを確かのものにしたい。

もう、スコアレスドローでもいいから、勝ち点3が欲しい(ムリ)。

20110625a.jpg 20110625b.jpg
20110625c.jpg 20110625d.jpg


名古屋は最初3バックかと思いましたが、
落武者さんが一列前でうろうろしてたので、多分アンカーのつもりだったのでしょう。
彼のボランチって・・・、あんまりいい思い出がないのですが、
まあ、是非、今後も続けていただくことをお薦めいたします。

前半は、両チーム得点機らしきものは作りますが、
どこかトップギアを入れない、むしろ後半の本当の勝負に備えたような
丁重な、でなくて低調なゲームが続きます。

男のゴールデンタイムのようなものだな。

しかし、休憩時間を、名古屋がちょっとだけ先に切り上げてしまいます。
前節の啓太のような、パス&ゴーを磯村が開始、
ケネディのポスト、小川のフリーランを利用して、しっかりフィニッシュ。
順大も、ボールの出所が見にくかったのか、反応が遅れました。

名古屋には、いつもこのパターンでやられているような気がする。

エジというターゲット(になってませんでしたが)を失い、
前半にゴール前で痛んだマルシオがそのまま負傷退場。
予定よりも早い時間に元気を投入せざるを得なくなった浦和が、
後半、飛車角失った状況で、どのような攻撃を見せるか、と心配しましたが、
そこそこ、楽しませてくれました。

古きよき時代のドリブルでの突進と、フィンケ時代のパスワークが相俟って、
さして運動量の上がらない名古屋を押し込みます。

疲れも見せずに、一人で攻めきってしまう元気、
時々、なんか守備っぽいことをしてみているマゾ、
ゴール前への鋭い侵入で決定機を作り出す一樹、
それらを一つにリンクさせ、監督無視して移動しまくる直輝、

リードはされていましたが、なかなか楽しい時間でした。

楢崎も、野次られたの水かけられたのペット投げられたのレーザー光線だの
いろいろ大変だったみたいで気の毒でした。どこまでホントか知らんけどね。
浦和サポーターに向かって物投げたり、集音マイク蹴り飛ばしたりしたらいかんだろw。
とりあえず、ケガがたいしたことなければいいけど。これからはシュートよけてね。

敗色濃厚の後半ロスタイム、問題のPKシーン。

終了間際でのハンドの判定は酷という点には特に異論はないが、
落武者と暢久が競った裏で、スピラ?がトラップして浮いた球を、
名古屋の選手が手でコントロールしたようには見えたけどね。ゴル裏からは。
後は主審がどう判定するかという問題。

千代反田のあんだけ抗議するんだから、なんてのは何の根拠にもならない。
それを言うなら、浦和の2選手が瞬時にハンドアピールしてるし。

まあ、気持ちはよくわかりますけどね。うちもよく審判にはやられたしな。
ただ、マゾにまとわりついていた三都主とハユマは、本当に見苦しい限りでした。

そもそも、このシーン以外に2度ほど浦和にPK与えられてもおかしくない場面もあり、
名古屋のバックチャージやレイトタックルに寛容だな扇谷は、と思ってましたので、
判定が浦和寄りだった印象は全くありませんでしたが。

それもこれもフットボール。
痛恨のドローは、この程度の浦和にとどめをさせなかった名古屋側の問題でしょう。

PKに備えて、中央に詰める浦和サポーターの映像見て、
うん、なかなか良いシーンだったな、と自画自賛。
こういう機転は他サポにはない。爆心地さんGJ!

楢崎の件にしろ、PKの件にしろ、
最近、勝てなくなってくると、どこか白けたところがあったりして、
試合に熱くなったりすることが、正直減ってきたなと感じる今日この頃、
久しぶりに、エキサイトできた90分でした。

こういうのが、楽しいんだろうな、サッカーは。
ペトロはピクシーに無敗ですw。

現実的に、残留争いは続いています。半歩前進でしかないこのドロー。
ペトロのクビがつながる一方、ペトロの色が薄まっていくという皮肉な状況の中、
次は絶好調の遠藤が引っ張るガンバ戦。

そろそろ、水風船の呪いを解かないとね。

20110625e.jpg 20110625f.jpg
スポンサーサイト

不完全燃焼

浦和レッズ
06 /24 2011
本日で、エジがドナドナだったわけですが、
最後までいい奴でしたね、彼は。

ちょっと競り合いに弱いだけで、ちょっとトラップが大きいだけで、
ちょっとハンバーガーが好きなだけで、ちょっとシュートが正面なだけで、

随分と酷いバッシングを浴びてきた彼ですが、
それでも浦和を離れたくないなんて、涙ながらに訴えられたりすると、
感情の起伏の激しい赤サポさんには、もうたまりません。

これは、いいお別れの仕方なのかも知れませんね。
聞いてるか、落武者。

彼は、その性格同様、ピッチでも寂しがり屋で(知らんがな)、
ずっと、近くをうろうろしてくれる相棒が欲しかったのかもしれません。
もう少し、うまい使い方をしてあげられなかったのかな。

監督の考えるスタイルとか、システムとか、
そんなものがどれほどの価値があるのかと思う。

サッカーやるのは選手です。
今所属する才能を、どう組み合わせてどう光らせるかが、
監督の力量というものではないでしょうか。

そういう意味で、エジは監督に恵まれなかったんじゃないかと思う。
福岡戦のように、伸びやかに走り回るエジを見て、
彼のポテンシャルはまだまだこんなものではなかったんだろうな、
などと考えておりました。

浦和はちっこいドリブラー(とも言い切れないが)で出来ている。
マゾも達也も司も峻希も直輝も元気もウガもセルも、みんなそうだ。

彼らを光らせるのは、ポジション固定の個人技サッカーではない。
エジのように、その才能を不完全燃焼のまま眠らせるのではなく、
7割でも、5割でも引き出すことが出来れば、

まだまだ浮上できると思いますけどね。

Jリーグ第17節ホーム福岡戦 とりあえずビールは安かった

観戦記
06 /22 2011
生ビールが半額だと言うたところで、たかだか300円程度であれば、
そこらのデフレスパイラルなお店よりは、それでもまだ高いのに、
もともと経済観念が少々斜め上のうぃあ~さんがこぞってビールまみれでしたが。

北スタンドでは、2007年当時の上海申花よろしく、
分裂している場合ではなくなったのか、南に逃亡していたブーツさんが合流、
試合後の座り込みに備えて、本隊とともに前段に陣取っていました。

いくらフロントに後任を探す能力がないと言っても、
もし負けると12試合でたった1勝、最下位福岡にも歯が立たないということになれば、
まあ、世間様が納得するような対応をしなければならないであろうという、
ぎりぎりの一戦、と勝手に思っておりましたが。

20110622a.jpg 20110622b.jpg
20110622c.jpg 20110622d.jpg

福岡の方は、一人一人がよく走り(まあ、バテるのも早かったですが)、
やることがはっきりした、小気味のいいサッカー。
フィニッシュがスットコドッコイなのは、まあタレントの部分でありまして、
フロントの努力だとか、監督の戦術だとか、そういうことではなく、
貧しさに負けた、いいえ、世間に負けたというレベル。
浦和とは少々事情が違います。

とにかく、監督の首の皮一枚、しっかりとつながりました。
名古屋とガンバに勝てる気は、まだしませんが、いつまでもつのかな。

先発メンバーは、プレスとの関係改善をモットーとする経営方針に則り、
スタジアム行く前には、すでに公知の事実となっておりましたので、
非公開練習という言葉の意味が、どうにもわからなくなった今日この頃ですが、
せっかく、直輝、秀仁の先発というのに、ツインタワーにマゾ・達也の2トップでは、
試合前から「中盤は省略させていただきます」と宣言しているようなもの。

それよりも、前半は福岡の神風的出足の良さに、まったくサッカーさせてもらえず、
どうにかスコアレスに終われたというような状況でした。
尋常でない運動量の重松や、中盤で捕まえられない鈴木らが浦和を翻弄するものの、
ここでリードできなかったのが、福岡の致命傷でした。

後半、福岡の前線の出足が明らかに鈍ると、浦和が反転攻勢。
ここが一年で一番大事な試合と勘違いした啓太が、”年いち”の最終兵器を発動、
縦パスからPAに侵入し、マルシオのリターンを落ち着いて流し込み先制。

追いつきたい福岡が、最後の気力を振り絞って浦和を押し込むものの、
啓太→暢久、マゾ→エジと選手を入れ替えて、凌ぐ浦和。
また入った2人が、意外にもスーペルな出来栄えで、
右サイドぶち抜いたエジのグランダーに、中央でマルシオが合わせて、ジ・エンド。

心の折れた福岡に畳み掛ける浦和は、達也に代わった陽介が決定機を外すも、
このまま終わったら、またサポに苛められるのを恐れたのか、
直後に左サイドを突破して、素早く渾身のセンタリング、
中央でエジがトラップミスりながら何とか押し込み、ダメ押し。

まあ、ゴールが入ると、楽しいねサッカーも。

思い切ったスタメンの入れ替えが、スターターにも、エジや陽介にも、
まずはいい効果を及ぼした、様な気が、しないでも、ないですが。

直輝は、ペトロの趣味に決して合ってはいませんが、
自力でここまでこぎつけたからか、何かたくましさを増したような気がします。
秀仁は今日の最大の収穫で、高卒新人が初スタメンフル出場は素晴らしい。
中盤の底を任せられるニュースター、長谷部の後継者がやっと登場、かな。

ベテランをないがしろにするつもりはないですが、
水輝を含め、こうした若い才能を大事にして欲しいと思います。

でも、勝てたのは福岡だからだと思う。
名古屋・ガンバ・川崎といった上位陣と当たるこの先1ヶ月、
どこまで食い下がることが出来るか。
ここからが本当の勝負です。

20110622e.jpg 20110622f.jpg
20110622g.jpg 20110622h.jpg

Jリーグ第16節ホーム清水戦 チームを壊しているのはサポーターじゃないの?

観戦記
06 /19 2011
こんなことを書くと、頭がおかしくなったと思われるかもしれませんが、
悪い内容の試合ではなかったんじゃないかなと思っています。

広島戦は見ていませんが、大宮戦も山形戦も良かった。おもしろかった。
チームは正しい方向に向かっているのではないでしょうか。

この時点で勝ち点8というのは、降格の可能性が非常に高いそうですが、
そんなに悲観しなくてもいいんじゃないのかな。

そもそもペトロのやりたいサッカーが見えないだの言ってましたが、
なにか、フィンケサッカーとペトロサッカーの妥協の産物のような、
なんとも形容しがたいサッカーが、そのまま精度を高めているような。

ペトロの選手起用についても、
まずは、ツボ・暢久・啓太を入れて、ロースコアの展開を狙い、
終盤に、攻撃のコマを入れ替えてギアチェンジを図ろうとする戦術かな、
と考えれば、至極まっとうな考え方ではないかと。

結局、壁の作り方が甘かったのか、ボスナーがスーパーだったのか、
2発もFKを叩き込まれたのは誤算でした。
高原の2点目は、赤サポ的には悔しかったのかもしれませんが、
柏木・マルシオのボランチになった時点で、リスク覚悟の采配であり、
右サイドでマルシオが軽くかわされて、
数的不利のまま、清水にゴール前になだれ込まれたので、
追いかけながらの守備でしたから、高原のマークが外れたのも仕方なかったかな。

あえて愚痴を言えば、僕らの見えていたものと西村さんの見えていたものに、
多少、違いのあったところでしょうか。

ツボは、CKにも合わせることも出来たし、総じて落ち度なかったと思います。
原との交代も、CB三番手の暢久を下げ、2トップ移行のためならやむなし。
運動量の落ちた清水に対し、マゾや司の仕掛けは迫力ありましたし、
全員がサボることなく、よく走っていたと思います。

ただ、結果が出なかっただけ。

だから、試合後のブーイングは、なんともピント外れだな、と。
GM呼び出すんなら、話はわかるんですけどね。

バクスタ前で切れてた柏木には同情します。
僕だったら、浦和でやりたいと思わないね。
柏や大宮の方が、よっぽど楽しそうだ。

何が日本一のサポーターだよ。人数が多いだけじゃね。
上から目線で文句ばっかり言ってる、日本最低のサポーターだよ。

って、裏の婆さんが言ってた。

今、一番気になるのは、選手が迷っているように見えること。
順大が守るようになってから、とても試合のテンポが速くなりましたが、
まだまだ、ボールを持ちすぎたり、パスミスしてリズムを崩すことが多い。

迷うから、決めてないから、必ずトラップして、ダイレクトプレイが少ない。
相手に詰められて、選択肢が狭められ、シュートチャンスもふいにする。

それって、フィンケの教えの悪影響もあるかもしれないけど、
サポーターがプレッシャーかけているせいなんじゃないかと思うことがあります。

選手の選択を支持し、失敗を擁護し、再チャレンジを促すこと。
これがサポートなんじゃないの。

素人の経営者と、素人のGMと、素人の監督に苦しめられながら、
それでもなんとか浦和を支えているのは、まさに選手たちなのですから。

福岡戦、名古屋戦と連戦が続きますが、
そろそろいいことあるんじゃないかな、と思いませんか?

20110618a.jpg 20110618b.jpg
20110618c.jpg 20110618d.jpg

Jリーグ第14節アウェイ大宮戦 元気が浦和の中心です

観戦記
06 /12 2011
週間予報では、ずっと雨の予報だったナクスタでしたが、
幸運にも、青空さえのぞく、気温も湿度も適度な土曜日の夜。
暢久さんの早退は、天気のせいではありません。

今日も負けなかったね。順調に降格ペースですが。

20110611a.jpg 20110611b.jpg
20110611c.jpg 20110611d.jpg

正直言って、展開の速い、面白い試合でした。

これは、裏返せば、
大宮にとって、浦和が引きこもらなくてもいいレベルの相手であり、
ガンガン攻め込んだからに違いないのですが。

帰り道の栗鼠サポさんからも、引き分けを悔しがる声を多く聞きました。
この間まで、浦和に引き分けても、ざまあみろみたいな勢いだったのに、
今は、勝ち点3を取らなければ行けない相手ということなのでしょう。

一方、2点差を追いついたことで、バクスタの赤サポさんには、
なんとなく安堵というか、納得というか、ポジティブな空気が流れていました。

落ちぶれたもんだな、浦和も。

20110611e.jpg 20110611f.jpg
20110611g.jpg 20110611h.jpg

相も変わらず、クロスは入れられ放題、ゴール前のマークは外され放題、
ラファエルと深谷に、いつもの通りにやられて2点差となった時点で、
惨敗ムードが漂っていたのは事実ですので、
そこから盛り返して、ドローに持ち込んだというのは、評価すべきなのかもしれない。

しかし、相手は大宮だからな。
このチームに勝てなかったら、あとどこに勝てるんだよ。
福岡爆弾も迫ってきているというのに。

それでも、希望が見えてきている部分もあります。

順大は、ナビ山形戦に続いて、そこそこやってくれました。
とにかく、フィードの速さ、スローの速さ、見ていて小気味がいい。
まだまだ良くなると思う。ギシには悪いが、のびしろ考えれば順大の続投希望。

それと、2ボランチの定着。
まだまだではあるが、前のスペースが広がったことで陽介が生き返りつつあります。
ラインもコンパクトになり、CBの縦パスも増えつつあり、
ピッチ上で啓太・陽介が躍動する場面が目立つようになって来ました。

そして、2トップの機能。
ターゲットが2枚あることは、エジの孤立を解消し、得点の匂いを増幅させています。
ただ、ボールがまだまだ収まらない。
後半頭から登場した達也の出来が良かっただけに、達也・エジがファーストチョイス。
そもそも、ヘッドもポストプレーも、達也が一番うまいのですから。

前半、大宮の激しいプレスに苦しみ、押し込まれる時間が長かっただけに、
0-1でリードを許したのは妥当な結果。

後半、急激に運動量の落ちた大宮を逆に押し込む展開だったので、
同点に追いついたのもまた妥当。
そのまま、逆転できるのではとほくそえんでいたものの、またもや選手交代で沈没。

啓太下げてマゾ投入、ボランチの陽介・マルシオは攻撃的な選手。
結果論として、DF面で大きな破綻はありませんでしたが、
ホリの起用で、逆に攻撃力を向上させていたフィンケのような考え方は出来ないものか。
マゾはただ突っ込むだけで何の役にも立たず、一列下がった達也まで消してしまいました。
鹿島戦の再現を望んで使い続けるのであれば、早く目を覚まして欲しいものです。

また暢久が退いてスピラが入り、大宮が投入した石原が、
浦和の最終ラインの裏をかき回すようになってからは、
ドタバタと後手を踏んでは何度も決定的なチャンスを作られていました。
高さはあるけどスピードがない。暢久がいなければ、ラインはズルズルと下がっていく。
そろそろ、ツボの生かし方も考えて欲しいな。

それでも、きょうは元気に尽きる。
「PKだ!」と思った瞬間、倒れながらゴールぶち込んだ執念、ド迫力。
確実に一段上へと階段を上った彼のプレイには、鬼気迫るものがありました。
そして、サポーターへの思いも、十分に伝わってきたな。

エジ、9番譲ってくれよ。

彼の進化については、ペトロのサッカーによるものが小さくないと思いますが、
彼の成長が加速するほど、海外への移籍が迫ってくるようで、なんとも複雑な思いですが。

U-22はもうすぐいなくなります。
元気がいない浦和が、果たしてどこまで戦えるのか。
個人的には、次は直輝の出番だと思っています。

20110611i.jpg 20110611j.jpg
20110611k.jpg 20110611l.jpg

ナビ杯1回戦ホーム山形戦 まだ前半が終わっただけ

観戦記
06 /05 2011
ともかく、勝ち点3がやっと取れまし(違

20110605a.jpg 20110605b.jpg
20110605c.jpg 20110605d.jpg
20110605e.jpg 20110605f.jpg

布陣は新潟戦と同じく4-4-2。
スピラに代わって暢久がCBに入り、順大は初先発。

このシステムは、やはり、今の浦和のタレントに合っている、
というか、ペトロ式3トップが合わなさ過ぎるというか・・・。

今日は、順大がとてもよかったと思います。
フィードが素早く、流れが止まらないので、チームに良いリズムが生まれます。
これぐらいのパフォーマンスであれば、リーグ戦もいけるんじゃないかな。

暢久がCBに入ると、ぐんとラインが上がるので、
新潟戦よりも、ラインもコンパクトでした。

今日の主審には、いろいろと僕らには見えないものが見えていたようで、
元気の先制ゴールが取り消されるなど、フラストレーションのたまる展開でしたが、
前半にPKゲットし、後半は元気が叩き込んで2-0の勝利。

勝つには勝ちましたが、山形の出来に救われた点が多々あり、
納得して帰ったお客さんは少ないんじゃないですかね。

ペトロの作ろうとしている浦和って、
外装や内装はきらびやかに見せているけど、
土台や骨格がでたらめの違法建築で、ガス・水道・電気がきちんと通ってない、
そんな建物のようなものなんじゃないでしょうか。

「攻撃的で魅力あるサッカー」というようなフレーズを聞くたびに、
サポーターの目を、随分と見くびっているんじゃないかという不安に駆られます。

なぜ、マルシオをボランチに回すのか、
なぜ、いつまでもマゾーラが戦術の中に組み込まれないのか、

選手が交代するたびに、修正されるはずのピッチ上のバランスが、
毎度のことながら、逆にどんどんと崩れていく様をを見ていると、
今回の勝利など、ただの偶然の積み重ねとしか思えなくなっていく。

思うことはたくさんありますが、
頭冷やしてまた書きますわ。

20110605g.jpg 20110605h.jpg
20110605i.jpg 20110605j.jpg

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito