Jリーグ第8節アウェイ仙台戦 まだ3試合目だし

TV観戦記
04 /29 2011
埼スタのPVに行って来ました。

先に、レディースの試合から。
本日も、メインロアーと北スタンド開放。
無料シャトルバスにメイン正面までお送りいただきましたよ。

20110429a.jpg 20110429b.jpg
20110429c.jpg 20110429d.jpg

あまりなでしこリーグは明るくないので、
相手の湯郷で知ってる選手は、宮間と福元と保坂ぐらい。
宮間は曲者なので、ヘンな事しないかだけ見てましたよ。

女子は、キックのリーチが狭いので、
結構小さなエリアに偏った攻防が面白いです。
狭いところでの勝負が多いから、
ボール受ける技術がしっかりしていたりします。
足が短いのは、仕方がありませんがね。

20110429e.jpg 20110429f.jpg
20110429g.jpg 20110429h.jpg
20110429i.jpg 20110429j.jpg

浦和も、安藤が抜け、男前北本が抜け、
何とか、ボンバー荒川が「顔」として支えてくれてますが、
若い子が、オーラ出すまでには、もう少し時間がかかりそうだね。

後藤はスピードあるし、最後まで良く走るね。シュートまでいかないけど。
きらちゃんはまだ細いのに、テクニックあって、しっかり楔も受けてましたが、
まだちょっと、空回り気味かな。

点を取れるようになるには、しばらく苦労しそうだね。

試合終了間際の埼スタは、入場者が急増する異常な光景でしたが、
こういうレッズファミリーのコラボ企画は、この間の山形とのTMといい、
赤けりゃ何でもいいうぃあ~さん向けとしては、
良いんじゃないですかね。

さて、PV。・・・ちゅうか、トップチーム。
実は、PVって初めて。ああいうものなのね。
はっと振り返ると、みんなが同じビジョン眺めてて、不気味だったわ。

やっぱり、テレビ見てる方も、黙祷した方がいいのかな。
レディースと合わせて2回やってるのも、ある意味滑稽な感がありますが。

20110429k.jpg 20110429l.jpg
20110429m.jpg 20110429n.jpg

復興の象徴としての、4/29の楽天とベガルタのホームゲーム。
ナイーブではありますが、デリカシーに著しく欠ける浦和ですので、
東北の方々の心のひだに触れるような心遣いなどは到底望むべくもなく、
まあ、日本国中の判官贔屓を敵に回す、敵役としてはうってつけ。
しかも、こうしたメモリアルな感じのものには、無類の弱さを発揮しますので、
ツンデレとかそういうことではなく、単なる予定調和は予想し易いところです。

身も蓋もない。

結局、人間のやるスポーツですから、団体競技であろうとも、
バイオリズムのような、技術や気合ではどうにもならないものがあるんでしょうな。

この日の浦和は、仙台の各選手に比べて、
運動量、執念、反応の速さといったベーシックな部分で、
大きく劣後していたように思います。

もちろん、リャン含めた前線4人の流動的な動きと、
きちんとブロックを形成した堅いディフェンス網に手こずったというのもありますが、
やはり、相手よりも一歩前に出られるかどうか、で全て決まるような気がしす。

今日の仙台が相手であれば、どんなスカウティングをしたところで、
結果は同じなんじゃないかと思います。
関口と太田の運動量、ハンパないわ。

本当に強いチームなら、優勝狙うようなチームであれば、
うまくクリンチしたり、ゲーム殺したりできるんでしょうがね。
劣勢なのに、中盤の反応競争に巻き込まれてしまいました。

失点シーンも、試合全般通して、判断の遅かった宇賀神が、
まんまと網にかけられてしまったところが全てでした。
彼だけでなく、頭の整理がまだ出来てない感じがチーム全体に感じられます。
それを、何とか暢久がバランス取って、破綻を回避していたんですがね。

前半、何かと手詰まりだった攻撃でしたが、
時たま、相手CBの前に、ズドーンとミドルレンジの楔が入っちゃうことがあり、
もしかして、サイドより真ん中が弱いんじゃないの?と思ってました。

だから、高崎入れて2トップに変更してきたことは、我が意を得たり、だったわけですが、
高崎がもう一息な領域でしたね。

マゾ入れて、暢久が下がった時点で、もうムリかな、と。
PV組は、淡白でいけません(俺だけか)。

20110429o.jpg 20110429p.jpg
20110429q.jpg 20110429r.jpg

この敗戦で、やり方を変える必要はないと思います。
だって、今のやり方も、何も完成してませんから。
まだ、3試合目だしね。悲観も楽観も無用。

GWは、何の反省も出来ぬまま、次の試合がどんどんやってきます。
むしろ、コンディションを整えられるのか、リザーブが用意できるのか、
ペトロはピクシーおちょくってる場合じゃないんと違うか。

ちゃぶられんようにせんとね。
スポンサーサイト

仙台戦展望 そういいことは続かない

浦和レッズ
04 /29 2011
お互いにね。

跳ねてもいいんですね、ユアスタ。
うぃあ~の力を借りた、耐震検査でないことを祈ります。

残念ながら、今回は留守番組。
被災した仙台に赴いて、自分のすべきことが定まらなかったので、
チケット争奪戦にも参加できませんでした。

まあ、堅苦しいことを言うのはやめにして、
等々力同様、気持ちよくヒートアップして欲しいものです。

名古屋には、うまくはまったショートカウンター。
ああ、懐かしい甘美な響き、・・・ショートカウンター。
蘇れ、2004年・・・。

そういいことは続かない。

仙台は、関口・太田あたりのサイドアタックが怖いわけですが、
永井・金崎の方が、その数倍怖かったわけで、
過度な警戒は必要ないんでないかな。

むしろ、リャンが不気味だわ。ビジュアル的にも。

去年の宮スタでのFKが、今でも頭にこびりついております。
ああいうFKに悉くやられたよな、ギシは。
等々力でも、リャンが1列下がってボール触り出してから逆転したし、
やはり、啓太あたりにストーカーのようにつけ回させたら、
いいんじゃないかな、・・・今日あたりから。

去年よりも、セットプレー耐性は備わっているような気がしますが、
やられるとしたら、流れからじゃないような気がする。

一方、最近、練習試合含めて、点が取れているのが頼もしい。
直線的にゴールを目指すから、
逆に去年までに覚えた「すかした」パスサッカーをすこしかますだけで、
守ってる方は、パニックになります。

サイドチェンジだとか、ビルドアップだとか、
出来てない点は多々あろうかとは思いますが、
あまり欲張らずに、出来ることだけやって、シュートを打って欲しいね。

派手なゴールラッシュの影で、黒子に徹したシセ、・・・みたいなエジに、
今度は点とって欲しいと思います。

なんせ、「浦和の9番」なんですから。

Jリーグ第7節ホーム名古屋戦 ペトロもやるじゃないか

観戦記
04 /24 2011
いかん、・・・幸せ過ぎる。
家の中で大宴会中だわ。

山形との練習試合の段階でも、
オフェンスは急速に整理されている感はあったのですが、
ディフェンスも一本筋が入ってきたというか。

まずは、レギュラーを絞り込んで、短期間に連携を高めるのは、
オフトジャパンでもやっていたことではあります。
日程がきつくなるまでには、控えの底上げも必要ですが、
とりあえず、リーグ再開にうまく合わせてきたようです。

ペトロもやるじゃないか。

この試合、埼スタに集まったのは42,767人でしたが、
それでも、リーグ再開を待ちわびたサポーターの熱気は、
スタ全体に十分に広がっていました。
試合前の北の待機列がはけるのに1時間以上費やしていましたし。
最近にしては珍しいことです。

相手は昨年のチャンピオン。落武者さんの埼スタ復帰戦。
久々の赤白黒のビジュアル。開幕戦落として、負けられない2戦目。
モチーベーション上げる材料には事欠きません。

今日は北の声、迫力あったんじゃないですかね。
名古屋にいいプレッシャーかけられたと思います。

20110424a.jpg 20110424b.jpg
20110424c.jpg 20110424d.jpg

立ち上がりから浦和の攻勢。
無駄なつなぎが減り、シンプルにゴールをめざすので、
楢崎も怖かったんじゃないですかね。

達也のシュートのこぼれ球を、マルシオが蹴り込み先制。
マルシオが抉り、高速マイナスグランダーを達也が蹴り込み追加点。
もう、祭りですわ。

落武者さんは、前半痛んだ姿が嘘臭かったので大ブーイング。
その後もボール持つたび、大ブーイング。
南にいたせいか、山瀬や土屋ほどではないな、と思ってましたが、
ロングフィード2発吹かしてからは、やる気のないショートパスに終始、
簡単に、心が折れてしまったようです。
徘徊はしていましたが、大作戦する機会もありませんでしたし。
暢久の20分の1程度だな、ブーイング耐性。

永井のスピードは大したものでしたが、今日は峻希が良すぎました。
振り切られる場面もありましたが、よく食らいついて互角に渡り合い、
洒落たドリブル突破を見せたり、機を見て前線にも殴り込んだり。

金崎が消えてたのは、ウガの功績かな。
去年はどうしようもなかったケネディも、
うちのツインタワーが自由にさせてませんでした。

リードされてからも、引きすぎることなくゲームをコントロールし、
後半立ち上がりの猛攻も、何とか凌ぎ切りました。
日に日にうちのツインタワーも安定感を増しているようです。

そして、元気の、名古屋DFの一瞬の隙を突いたボール奪取。
単騎、ゴールに突進し、一人で決め切りました。
今日、一番、心に響くゴールでした。さすが、鯱キラー。

そこから繰り出されるマゾ・セルって、いじめだろw。
最高の試合でした。

20110424e.jpg 20110424f.jpg
20110424g.jpg 20110424h.jpg

でも、まだ8位なんだよな。

でも、仙台と水戸が気持ちよく勝利し、
鹿島とガンバと名古屋と、
ついでに瓦斯までもがボコボコにされるなんて、
これ以上の週末はないですな。

名古屋戦展望 いよいよ再開

浦和レッズ
04 /23 2011
天下のNPBのとんちんかんな対応とは違い、
いち早く世間の空気を読むことのできたJですが、
満を持して、リーグ戦再開となります。

いやいや、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
ここから、新たな気持ちで再スタートするという意味でも、
開幕戦はなかったことに、・・・なりませんですかそうですか。

今日の等々力、震えましたね。
感動しました、本当に気持ち見せてもらいました。
もう十分です。ぜひ、次節から平常モードで。

荒れ模様の土曜日から、晴れ模様の日曜日に。
花粉も一段落し、一年で一番気持ちのいい季節ですな。

世間一般のスタメン予想。


名古屋

__ブギー_ケネディ__
藤本______金崎
__小川__中村__
阿部______ハユマ
__増川__落武者_
____楢崎____

名古屋は4-4-2なんですね。
永井と金崎が、調子に乗ってるようです。
うちのでかいの2人がついていけるのか不安ですが。

むうくんあたりはだいぶJでも揉まれてますし、
フロックというよりは、本物になってきたっぽいので要注意。

永井は、J全体がそのスピードに度肝を抜かれているだけで、
追々、各クラブが対策を講じてくるでしょう。
Jは、そんなに甘いところではありません。
まあ、それもよそのクラブの話であって、
浦和の場合は、簡単にやられちゃうのではないかい?

ただ、前にスペースがあって初めて生きるタイプですから、
大作戦開始すると、消えてしまうというのが悩ましいところかな。


浦和

____エジ____
元気______セル
__陽介__マルシオ__
____暢久____
ウガ______峻希
__永田__スピラ__
____山岸____

平川と達也があかんと聞いております。
ライターの先生方は、4-1-2-3だと色めき立っておりますが、
6番様に、ワンボランチなんか務まるのか、
というか務める気になってくれるのか。

山形戦で、エジのキレが戻っていたのは朗報でしたが、
あれから2週間たったからなあ。今はどうだか。

とりあえず、ロースコアで前半粘りながら、
マゾ投入まで、いかに落武者さんあたりをヘロヘロにしておくかだな。

そこら辺は、ぜひとも、鯱キラーの元気くんに一肌脱いでもらわんと。
彼も、18歳の父になった宇佐美くんに(え?違うの?)、
変なところに刺激を受けているかもしれませんが、
このままくすぶっていたら、同世代から置いて行かれてしまいますよ。
まあ、確変したらしたで、海外連れて行かれちゃうんだけどね。


いやいや、待ち遠しいねえ。

トレーニングマッチ山形戦 快勝なんだが

観戦記
04 /10 2011
このような形で、今年初めて埼玉スタジアムを訪れることになるとは、
思ってもおりませんでした。

僕の中では、寄付だのチャリティだのというのは、
日頃より、サッカーと切り離して考えるたちなもので、
本日は、単純に今の浦和の状況が知りたくて、足を運びました。

3.11以降の件については、色々な思いもありますが、
ここで何かを語る気もないので、スルーさせていただきます。

20110410a.jpg 20110410b.jpg

さて、メインロアーと北スタンドだけにぎっしり客の詰まった、
みょうちくりんな風景の中、天敵山形との練習試合。

試合は3-0の快勝。

今日は、比較的ビルドアップの段階から細かくつなぐシーンが多く、
サイドを基点にじわじわ押し込む、去年に似たスタイルでした。

これまでのペトロのサッカーは、ロングボールを前線に当てて、
ウィングがサイドから単独突破をはかるシーンが多く、展開が速い分、
ボランチから後ろには「後はよろしく」的な空気が漂ってましたが、
今日は、前の4人にSBや柏木との絡みも多かったように思います。

ちょっと特徴的だったのは、スルーがうまくいっていたこと。
スルーする選手がマーカーをひきつけ、
スルー後にリターン受けたり、フリーランニングでスペース作ったりと、
これまであまり得意でなかったこのようなシーンが増えたことは、
攻撃面での連動性が高まりつつあるのかな、とちょっとにやけました。

20110410c.jpg 20110410d.jpg
20110410e.jpg 20110410f.jpg

一方、守備の方は、もうお粗末な感じで、
安心して見ていられる時間帯も、まあまあ長かったわけですが、
前半、後半とも15~30分ぐらいの時間帯で、急に押し込まれ、
全く押し上げられずに決定期を作りまくられていました。

スケールダウンした山形の決定力のなさにも助けられましたが、
ちゃんとしたチームなら、7~8点ぐらい決められていてもおかしくないほど、
浦和の最終ラインのボール処理は危ういものでした。

それは、中盤でのボールホルダーへのチェックが緩んだからかなあ、
なんて考えておりましたが、
最も運動量を求められる、要の中盤の底に君臨していたのが、

や ま だ の ぶ ひ さ で し た か ら 、

まあ、その可能性も否定できないかな、と。

CBのポジションは奪われたわけですが、
ピンチになったら、とっとと2人の間に割って入って、
サイドのケアさせたり、ストッパーさせたりと、
ピッチ上では、実質的にポジション奪い返してましたしw。

暢久がボランチの位置で前向いてくれるのなら、結構楽しみなんだけどな。
どうも、鮮やかなバックパスだけが脳裏に焼きついているもので。

1点目は、元気がドリブルで持ち上がりスルーパス、エジが抜け出し中央へ、
マルシオのシュートはポストに当たりますが、すぐさま右から達也が折り返し、
マルシオのダイビングヘッドはお見事でした。

2点目は、柏木のCKが素晴らしかった。スピラが落として混戦となったところを、
エジが左足?でズドン。

3点目は、途中交代のセルが、右から斜めに重戦車ドリブル、
十分に相手をひきつけたところで左に優しいパス、
それをマゾーラが持ち込み、至近距離からニアにズドン。

背中に抱きついたセルを、非常に重そうに背負うマゾーラを見て、
セルはまだまだ絞り込む必要があるな、と思いました。

気分のいい快勝。
でも、これが名古屋をはじめとする上位チームに果たして通用するのか。

どうも、試合に落ち着きをもたらせられないのは、
ボランチの人材不足によるような気がしてなりません。
まだまだ、ペトロとの冒険は、始まったばかりです。

この日の入場者数 16,200人。
週末にフットボールがある幸せは、きっと噛み締められたよね。

浮間の桜は、満開でしたが、さて、浦和はいつ満開になるのやら・・・。

20110410g.jpg 20110410h.jpg

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito