【展望】ACL アウェイ済州戦 さあラウンド16

展望
05 /21 2017
浦和もACLでは圧倒的な強さを見せているとはいえ、
最近のリーグ戦では圧倒的な守備の不安定さを露呈してるので、
破壊力に定評がある済州さん受け止められる気がせんのですが。

グループリーグ アウェイガンバ戦

__10__22__
13__14__17
__07__40__
04__20__37
____21____

グループリーグ ホームガンバ戦

__22__11__
13__10__17
__07__14__
03__20__05
____01____

Kリーグでの現時点、7勝2分け3敗の勝ち点23。
あれ、浦和と一緒w。
直近のリーグ戦では、3勝2敗。浦項と水原に負けてる。

基本布陣は3-2-3-2か3-4-1-2かな。

GKは1番と21番が見事なまでに1試合交代でスタメン。
3バックも3番、4番、5番、20番、37番を頻繁に入れ替え。
中盤も7番、10番、13番、14番、17番中心にターンオーバー。
2トップも11番、22番、88番を軸に回している。

追ってみて驚いたのですが、チェ・ヨンスの選手起用は、
極めて流動的で、メンバーはまったく固定化していない。
ファーストチョイスを休ませることを全く怖れない。
これならコンディションは良好で、健全な競争も行われる。
どっかのおっさんに爪の垢を煎じて飲(ry

一番怖いのは10番マルセロ、22番サントスのブラジル人?
88番のメンディも出ればよく決めてるようですし、
ガンバは14番イ・チャンミンにやられている。

布陣だけ見ていると、ガチのミラーゲームになりそうですが、
相手の2列目の両サイドが最終ラインまで下がりそうになく、
逆に、うちが押し込まれる展開が多くなりそうな悪寒が。

とはいえ、今の浦和は押し込まれるぐらいの方が、
地に足の着いた、落ち着いた戦い方ができるかもしれません。
前へ前へ体重がかかり、切り替えが遅れて戻れないのがここ最近。
相手が攻め突かれたところにちょいちょいカウンターくらわし、
ドローで戻ってくれば上等なんじゃないでしょうか。

なまじ初戦1-0とかアドバンテージ持ってしまうと、
昨年のラウンド16やCSみたいに、逆に浮き足立ってしまう。
リードするなとは言いませんが、まずはしっかり耐えろと。

森脇も戻って来て、何かと煩わしいとは思いますが、
言動にも気を付け、ニヒルなクールガイとしてリニューアル(ムリ

____ズラ____
__慎三__忠成__
ウガ______関根
__青木__陽介__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

ぐらいでいいんじゃないですかね。
キャプテンも航も最近なんか危なっかしいから。

とにかく、勝負は埼スタに持ち越してください。
スポンサーサイト

【展望】Jリーグ ホーム清水戦 ウガの使い方

展望
05 /17 2017
済州戦を睨みながらのゲームとはなりますが、
8位まで勝ち点差3で横一線となっているリーグ戦も落とせない。
5~6月の残る相手は、清水、柏、磐田、鳥栖。
厳しい夏を前に、一気に抜け出したいところではありますが。

大宮、鹿島が尾を引く負け方でしたが、逆に思いきり沈んだ分、
新潟戦を弾みに、無反省に突っ走って欲しいものですが。


前節の鳥栖戦

__テセ__チアゴ__
白崎______枝村
__竹内__六平__
松原______鎌田
__二見__犬飼__
____六反____

犬飼の離脱も、角田がいれば十分。むしろなんで控えだったの?

チアゴアウベスの出現は、衝撃的でした。
川崎戦での終了間際の劇的な同点弾で、がっつり居場所を掴むと、
吹田戦での開始早々の先制ゴール、そして鳥栖戦のゴラッソ。
4試合で3ゴールと圧倒的な存在感。

動揺のあまり、テセがコイントス忘れてしまうのも仕方ないです。

大前が去って、テセが都倉並の負担感でチームを背負ってましたが、
前線の4人が固まって来て、マークが分散してきたような気もします。
金子、野津田、北川も、余計な荷を背負わずに思い切りいけるし、
核ができるというのは、大事だなと。

戦術が村田だけだった頃に比べると、手強そうです。

ポイントは、小林さんが浦和対策を施すかどうか。
攻撃力に比べ、守備力には多少不安を抱える4-4-2の3ライン。
横浜や鹿島のように、後ろ4枚のまま、真ん中を固めそうですが、
KLMの連係について行けるのかどうかは疑問残りますなあ。

かといって、5-3-2で耐えて耐えてカウンターという芸もない。
大量失点の可能性も、小さくはないと思いますが。


浦和は無森脇試合2つめ。ラファが負傷離脱で復帰は来月かな。
ズラは済州アウェイで行くと思うので、ミシャはこんな感じかと。

____慎三____
__武藤__忠成__
関根______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_ウガ_
____周作____

でも、本当はこうすべきだと思うんです。

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_那須_遠藤_
____周作____

空中戦に強いテセが、必ずウガのところのミスマッチを突いてくる。
いつもそんなに点が取れるわけではないですから。
航と陽介の状態も気になるところですし。

さっさと勝負決めて、休ませたいところではありますが、
そんなこと考えてる時ほど、足掬われるんだよな。
まあ、おのおの、ぬかりなく。

【展望】ACL アウェイソウル戦 命だけは大切に

展望
05 /08 2017

図らずも消化試合となってしまったグループF最終節。
開幕時には最もその強さに恐れ慄いていた存在であった割に、
戦ってみると他の韓国勢同様に凋落の度が著しかったFCソウル。

駒場でもなんからしくない、煮え切らないサッカーしてましたからね。

向こうも厳しいリーグ戦のさなか、ベストメンバーはないでしょう。
ミシャがこの試合をどう位置付けるか、興味はありますが、
今年の割り切り方を見れば、かなりメンバーは落としてきそうです。

チームのコンディションは下降中で、2試合連続完封負け。
これでは菅野は打てません。
ミッドウィークのこのアウェイゲームの後には、A新潟、H清水。
その後、ルヴァンの関係で1週空きますので、上手く乗り切りたい。

ぶっちゃけ、さぼりたい。

別に江蘇相手でもいいんじゃないですかね。
吹田の目はなさそうですが、アデレードは遠いし、済州も厄介。
1位になったところでQF進出が約束されるわけではなさそうです。

これから暑くなってきますし、少しでも底上げしませんと。
特に、今期待するのは長澤、ヤジ、菊池、アドの4人。
困ったときにはヒラさんいつでもOKですし、
夏までにはウメとトシも全開でしょうから、今しかないですよ。

____ズラ____
__ヤジ__忠成__
菊池______駒井
__青木__長澤__
_槙野_那須_田村_
____エノテツ____

これでいいじゃないですかね。
モチベーション落ちてるのは向こうの方ですし、十分行けますよ。

とにかく、相手がシュート撃ってきたら、素早く身体で止めて、
ミサイルが飛んで来たら、素早く逃げてください。

【展望】Jリーグ ホーム鹿島戦 先は長いですから

展望
05 /01 2017
どうせ放っておいても客の入るせっかくの前半戦の大一番を、
どうせ放っておいても客の入るせっかくのGWにぶつけるなよ。

前節の鹿

__金崎__PJ__
土居______遠藤
__シルバ__永木__
山本______西_
__昌子__植田__
____スンテ____

天皇杯決勝後、大したオフも取らせずにすぐタイ遠征したブラック企業。
それなりに怪我やらなんやらで出揃わなかった戦力をやりくりしながら、
新加入選手のテストも兼ねたターンオーバーをのらりくらりと繰り返し、
瓦斯や桜や磐田に不覚を取っても、ちっちゃいことは気にもせず、
大崩れすることなく、いつの間にか陣容を整えている抜け目のなさ。

一番、友達にはしたくないタイプ。

随分と豪華な戦力補強をしたイメージがありましたが、結局のところ、
柴崎の抜けた穴にPJが入り、レオシルバとクォンスンテの上乗せ程度。
ゆーま、伊東と頼りになる若手はおりますが、その他は微妙で、
ソッコ抜けた穴は埋まらず、CB2人への負担は小さくない。

それでも、完成しちゃっているんだよな、鹿は。
まあ、そのうちバテるっしょ。


浦和の予想スタメン

____ラファ____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

慎三と陽介がちゃんとやれるのかなあ、という心配。
武藤→ヤジ、ウガ→駒井、遠藤→那須でも構いませんが。
絶対に、結果に大差はないと思いますし。

ミシャになってから、お得意様感満載だったものの、最近の雲行きは怪しく、
昨年は埼スタで2敗、今年のゼロックスでもあっさりやられてます。
鹿スタでは勝てるんですが、ホームではあまりいい印象はありませんな。

鹿は攻撃時に2-4-4気味になりますので、狙うならSBの裏ですが、
その時にはうちのSHがリトリートして5バック形成してるので手が足りない。
ボールロスト後、すぐに囲んで奪い返せればチャンスかも知れんです。
しかし、遅攻になると、ボランチ・CBの4枚が真ん中固めるし、
スライドも早くて忠実だから、なかなか綻ぶところが見当たらない。

もたもたしてると、引っ掛けられてカウンター食らいますし、
その精度は栗鼠よりはるかに上ですから、絶対に前掛かりにはなれない。
まあ、我慢我慢でしょうなあ。

逆に、乱れ気味の守備組織を作り直すにはいいきっかけになるかも知れません。

大事なのは、連敗しないこと。とにかく連敗しないこと。
ホームだからって、しゃかりきになっていいとこ見せんでもいい。
監督がそれをわかってるとは到底思えませんが。

ルヴァンで暇になる5月下旬を迎えるまでに、
ソウル挟んで、鹿島、新潟、清水の3試合をどう戦うかを考えないと。
ここで勝ち点7取れれば上出来。ドローでもいいやという気持ちが大事。

くそ暑くなったこの季節に、後半頭からバンバンカード切ったりせず、
じっくりとイーブンの状況を楽しめるかが大事。勝負は最後の15分でいい。

先は長いのですから。

【展望】Jリーグ アウェイ栗鼠戦 寝た子は起こすな

展望
04 /27 2017
1年で最も清々しい季節に、最も清々しくない相手。
おまけに未勝利爆弾背負って来るという傍迷惑な相手。

あまり興味が無いので、家族旅行の予定。
ダービー語るとか、ホントおこがましいや。

前節の悲惨だった栗鼠

__大前__清水__
黒川______江坂
__茨田__岩上__
和田______渡部
__河本__山越__
____塩田____

悲哀の漂う塩田の目尻が印象的だったな。

今、ソウルに行くのは命に関わるからなあ。
代わりに栗鼠に行って欲しい。
悲しんでくれるのは、段ボールぐらいだろ。

家長、泉澤、横山が抜けたとはいえ、
茨田、瀬川、アーリア、大前は非常にいい補強だと思いましたが、
博多駅近くの陥没現場程度と思われたものが、
実は阿蘇のカルデラレベルだった家長の穴。

おまけに安心と信頼の大宮印の優良外人が、
揃いも揃って負傷欠場という惨状では、
吹田での天文学的弱さも理解できます。

相手は実質J3やぞ。

とにかくボールが繋げない。プレスに来られればすぐに降参。
当然、低いラインでの横パスがせいぜいで、縦パス入らないから、
トップはともかく、2列目にもボールは届かない。

点が取れないのはある程度予想できましたが、
それ以上に、売りであるはずの栗鼠の堅守が跡形もなくなっている。
吹田でも、相手に寄せきれず、思いきり足振られていますから、
失点止めるのは、ちょっと難しい感じでした。

8試合で勝ち点1というのは、それなりに根が深いのかなと。

今の浦和は、油断するしないという問題ではなく、
試合に出ること、そこで仕事してポジション掴むことに全員が必死。
KLMも2ボランチも安泰ではなく、サイドも群雄割拠。
ストッパーの控えが田村だけというのがちょっと手薄ですが、
ミシャ政権下では、最も正しい競争原理が働いている。

ある意味、相手は関係ない。
そうなると、栗鼠の付け入る隙というのは、さほど大きくないのでは。

予想スタメン

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__青木__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

遺恨好きのミシャなので青木出すのかな、と。
いい意味で、負けることをあまり恐れていない今の浦和であれば、
変に縮こまることなく、前半から主導権を握ると思います。

4試合続けて後半緩んでるのは、体力的な問題というよりも、
まだ、受けに回った時の守備の整理ができてないのかなと思います。

鹿との大一番前にこけるわけにはいきませんから。
まあ、大丈夫でしょう。寝た子は起こさないように。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito