【展望】ACL ホームソウル戦 アンカーの横

展望
02 /26 2017
試合は容赦なく続きます。
比較的慎重に入るACLの方が、今の浦和は結果が出そうですが。

ソウル

駒場の前半

____10____
11______08
__25__13__
____15____
21______88
__22__55__
____38____

駒場の後半

____09____
17______14
__19__06__
____05____
07______88
__04__03__
____01____

前半はパクチュヨン、後半はデヤンのワントップ。
後半の方が主力組の印象がありましたが。

ACL 上海上港戦

____09____
11______08
__17__06__
____05____
07______13
__04__55__
____01____

映像見てないので、駒場の配列参考に並べてみました。
17と13の場所が怪しいですが。

基本システムは4-3-3もしくは4-1-4-1。
ミラーではありませんが、浦和のシステムには順応しやすそう。

アンカーのオスマールのところでがワントップ監視、
前の3枚がスライドしながら浦和の攻撃時4バックに食いつき、
インサイドハーフの2枚が陽介のところを蓋する感じでしょうか。

いずれにしても、CWCよりはサイドにスペースを許さないし、
前からも追ってくるので、球回しは窮屈になりがち。

去年、ソウルで土壇場に同点弾食らったのが13番のコ・ヨハン。
大宮のマテウスにも同じようなのぶちこまれたよなあ。
マリノス齋藤にも左からのカットインでやられ放題でしたから、
逆に縦開けてぶち抜かれたりと、まだまだ弱点は解消できていない。

アドリアーノが抜けて、デヤンは何となくゴールするタイプなので、
ゴールに向かう迫力という点では、多少薄くなった印象はありますが、
イルロクとかもいい選手なので油断できません。

浦和は何とも中途半端な開幕戦を戦ってしまいましたが、
武藤、チュンはしっかり温存できたものの、誰と組ませるのか。

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
菊池______関根
__アベユ__長澤__
_槙野_那須_森脇_
____周作____

KLMでスタートして、後半ラファ投入かなあと。
あと、陽介はまだ無理させちゃダメなんじゃないかと。
合わせて、航はちょっと頭冷やした方がいいんじゃないかと。

強敵ですが、駒場で見る限り昨年のソウルではない。
十分チャンスがあるのなら、ホームで勝って一気に引導渡したい。
ここでソウルを連敗に追い込めば、上海と浦和でほぼ決まりでしょう。

まだ初っ端ですが、早くも大の不得意の勝負どころでございます。

とにかく2点離すこと、
同点にして、勝ち越して一息つかないこと、
イーブンの時は無理せず、リードした時こそ前に出ること。

ミシャの代わりにカーネルおじさん立てておくこと。

ソウルのシステムは、アンカーの横のスペースにどう入るかがカギ。
降りて来てそこ使うのが得意そうな武藤と、
前に当ててどんどん上がってくる長澤がもし出てくれば、
この試合のキーマンになれるんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

【展望】Jリーグ アウェイ横浜戦 得点力は上がったの?

展望
02 /23 2017
1月のタイでのゲームしか見ていないので、
鞠さんがどんなふうに仕上がっているのか見当つきませんが。
2月の練習試合から妄想するに。

ファーストチョイス

____富樫____
マナブッシ_ウーゴ_マルティノス
__扇原__バブンスキー
山中______松原
_デゲネク__中澤__
____飯倉____

交換用パーツ

____翔サン____
遠藤__天野__前田
__中町__喜田__
新井______金井
__パク__高野__
____原田____

こんな感じなんですかねえ、栗原と下平のかけらもありませんが。

齋藤残留というまさかの僥倖によって、なんとか体裁を保った印象。
こうやって見ると、新しい外人が機能さえしてくれれば、
俊様、小林、兵藤、ファビオ、榎本といった主力の流出も、
逆に世代交代を進める契機にもなり。戦力もさほど落ちていない。
正直、上手いことやったんじゃないかな、シティは。

それにしても、
クロアチア人とマケドニア人とオランダ人とポルトガル人と韓国人は、
フランス人監督とどのようにコミュニケーション取ってるのか心配です。

2月は喜田とパクの姿が見えませんでしたが(怪我ですかね)、
開幕には誰が間に合うのか、関心もないのでよくわかりませんが。
モンパさんは新戦力がきっと好きなんだろうと勝手に妄想して。

ワントップは富樫か翔さん。
両翼の齋藤、マルティノスは鉄板と思われますが、
マルティノスは弱虫なので、途中出場もあるんでしょうね。
去年、先発は前田というのがよくありましたし。

ウーゴはセカンドストライカー、バブンスキーは配球役ですかね。
まずは一度見てみないと何とも。

ボランチは喜田、中町が間違いないんでしょうが、
扇原さんがウリですし、左利きのボランチというのも楽しみでしょう。

サイドは山中、松原の新入りに金井が絡む感じ。
CBは中澤さんにパクなのか、新しいクロアチア人なのか。

フィットしてなければ、大崩壊しかねないのも事実ではありますが。

ただ、浦和対策を施すモンパさんの事ですから、トップ下削って、

__扇原__バブンスキー
____中町____

とアンカー置いて4-3-3(5-2-3)というのも十分考えられます。
昨年の最終節もこの布陣でしたし。


一方の浦和は、こんなかなあ。

____ラファ____
__慎三__忠成__
菊池______駒井
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

ラファは使える目途が立ちましたし、慎三もチュンもフルには使ってない。
サイドはターンオーバーしても、全員好調なので心配はない。
青木のところに、ヤジか長澤というのは十分にあると思います。

次のソウル戦も大事ですが、ACLはまず勝ち点3取れたので、
リーグ開幕戦もしっかり取りに来るんじゃないかなという気がします。
崩れかけた守備をしっかり修正して完封できたのは大きい。

俊様がいない以上、昨年以上に「戦術は学」という傾向は続くでしょうから、
飛行機で疲れた疲れた言ってる森脇のところがポイントになると思いますが、
まあ、何とかしてください、知りません。

ソウル戦、鹿島戦、WSW戦を見て、前線でのダイレクトプレイが目立ちます。
タレントも揃ったし、攻撃力は上がっていると思います。
先制した後、何点追加して相手を叩きのめせるか、
追いついた時にいかに一息つかずにひっくり返せるか、
終盤でどれだけゴールを積み重ねることが出来るかが、今年のテーマかと。

そのために、リスク承知で前で網を張るわけですから、
当然、ハイリターンがないと割に合いませんからね。
それを試すには、堅守マリノスは格好の相手です。

今年も開幕から走らせてもらいましょう。

【展望】ACL アウェイWSW戦 トランジションがすべて

展望
02 /20 2017
ハーフコートゲームを仕掛けて、がら空きの背後突かれて失点する。
崇高な志はわかるけど、5点先に取ったら勝ちという競技でないし。
前線で確実に絡め捕る手立てがなければ、それは理想でなく妄想。

ACL初戦、上に進むためにはアウェイでの勝ち点1はノルマ。
華々しい打ち合いの末の清々しい惜敗など、何の価値も持たない。
とはいえ、がっちり組み止められるようなチーム編成でもなく、
タイトロープの上でどちらかに振れるしかないゲームは避けられず、
不運なラインブレイク喰らわないことを祈るだけではありますが。

腰の引けたこと言って、本当にすみません。


Aリーグシドニーダービーの時のWSW

____11____
16__06__10
__24__15__
03______12
__22__18__
____20____

楠神は後半に2列目投入でしたね。

この試合では、11番ワントップの4-2-3-1。
例によって皆様ご立派な体格で、空中戦はノーチャンスでしょうな。
意外と浦和みたいに最終ラインから丁寧に繋ぎたがります。

6番のトップ下は11番と縦関係のシャドウストライカータイプ。
右前の10番の方がテクニックがあって、ボールが収まって、
スピードあるウイングタイプではないけど、よく起点になってました。
2ボランチもどちらかというと、しっかりブロック形成して守る方。
マイボール時に高い位置を取るサイドバックをしっかりフォロー。

守備時にはきれいな4-4-2の3ライン作ったりしますし、
4バックもむやみに真ん中に絞るので、中は堅い印象です。
スライドうまくいかず、前半シドニーFCにボコボコにされましたが。

大きい人たちの割にはロングボールやクロスにあまり頼らず、
ショートパスをしっかり繋いで崩してくる感じでした。

フォアチェックはそれほど厳しくありませんし、
5バックで相手を広げる浦和のサッカーにとって、相性は悪くないかな。


浦和の予想スタメン

____ラファ____
__武藤__慎三__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

ゼロックスの感じだと、周作がかなり不安なんですが。

それよりも懸案事項なのは左ストッパー。
どうしても槙野と森脇のところが特殊すぎて替えが利かなくなってますし、
フィジカル勝負のオージー相手に、槙野の強さは必要不可欠。
肝心の当人は年末年始に遊び過ぎたか、コンディション上がりませんが、
何度もウガの限界を目の当たりにして、尚更、彼の復帰がカギになる。

次のポイントはボランチの人選。
うちの10番があてにできない以上、青木がファーストチョイスですが、
この2試合で突然浮上してきた長澤を見たくなるのもまた人情。
リズムを変えられるヤジに対して、リズムに乗って行けるのが長澤。
前半はしっかりクリンチして、後半チャンスがあればという感じですか。

そして、戻って来たラファ。
沖縄での暴れっぷりが、どれだけ実戦で再現されるか知りませんが、
ワントップのポジションチェンジやシャドウのダイアゴナルランなど、
2017ヴァージョンの新しい浦和の攻撃スタイルも楽しみですし、
どうせ、高さではどうにもならんので、彼のアジリティには大いに期待。

まだ初戦とはいえ、ここで負ければ後の相手が相手だけに相当苦しい。
素晴らしいサッカーを見せるグッドルーザーでは意味がない。

もう前に行くのは仕方ないので、切り替えをサボらんで欲しい、ほんと。

【展望】ゼロックス杯 鹿島戦 セカンドチームの成否

展望
02 /15 2017
勝ったら3000万円、負けたら2000万円。
出場するまでが遠足とも言えるこの試合。
もちろん、バナナはおやつに含まれない。

ACLの開幕が、リーグ戦開幕よりも先になる昨今の日程であれば、
必ずACLとかぶる本カップ戦の出場クラブの日程面での負担は小さくなく、
かつての開幕を彩る強豪対決の趣きは、変わってしまった感があります。

鹿島にしろ浦和にしろ、ACLを戦い抜くためには、
少数精鋭で連携を深めたところで、先がないことはわかってます。
分厚い戦力を用意して、より多くの駒を機能させることがカギとなります。

まあ、牛さんとか瓦斯さんのように、用もないのに分厚いところもありますが。

そういう意味では、ACL初戦のメンバーを考えることで、
ゼロックスのメンバーが浮き上がってくるんじゃないかと。


鹿島のファーストチョイス

____金崎____
PJ__土居__遠藤
__レオ__満男__
三竿雄______西
__昌子__植田__
____スンテ____

水戸線を参考に。

PJの加入、鈴木の台頭で2トップという選択肢も現実味帯びてますが、
去年の躍進のキーマンは土居の確変じゃないかと思ってまして。
新顔のレアンドロが相当好印象ではありますが、まずは実績重視かと。
カイオロス後、ファブリッシオもあつたかも定着できなかった左前は、
ホームシックの胃腸炎が帰って来るまで、PJで良いのではないかと。

山本は間に合わず、世界2位の原動力であるアゴハタさんが干されてる状況下、
満男さんはベテラン特別待遇受けずにこき使われてるのがTMの概観。
これがホーム蔚山戦の基本陣形かなと。

で、ゼロックスということでは、

__鈴木__赤崎__
中村_____レアンドロ
__永木__三竿健_
三竿雄_____伊東
__昌子__植田__
____アゴ____

なんてこともあるのではないかと。
CBの層が薄そうですな。


一方、浦和のファーストチョイス

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

ラファいないし、やはりKLMが一番安心感あります。
槙野が遅れてるとはいえ、海外相手では外せませんし、
その相棒であれば、やはりウガということになるんじゃないかと。

これを踏まえてゼロックスを考えると、

____ズラ____
__ヤジ__アド__
菊大______ヒラ
__青木__長澤__
_田村_那須_森脇_
____エノテツ____

ここまで入れ替えることもないかも知れませんが、
やはり、こんなところで消耗したくもありませんし、
両チームとも、十分戦えるメンバーなのではないかと。

川崎との内緒試合では、中1日で完敗したようですが、
まあ、このTM自体ミシャの陰湿な虐めのようなものですから、
結果をそれほど悲観するような必要もないでしょうが、
ソウル戦同様、鹿島の前からのプレス受けると、
それを掻い潜るだけの連係は、まだ構築されてないような気もします。
(いつ構築されるか知りませんが)

ヤジと長澤は逆ではないかという議論もありますが、
ヤジがプレッシャーの少ないボランチで自由にしてることで、
逆に伸び悩むんじゃないかという懸念も個人的にはありますし、
長澤の最近の決定力見ていると、青木に任せて前に出る迫力は期待大。
アドも試合に出ることで伸びそうな素材ですし、
駒井が出遅れている間に、菊池がポジション獲る勢いなのも心強い。

このメンバーで3000万円獲るのを見たいような気もします。

チェアマンがACLで勝てだなんだ言ってますが、そんなことは百も承知。
ゼロックスは、どちらがACL勝ち抜くためのセカンドチームを手にできたか、
そういう意味合いの試合になるんじゃないですかね。

鹿島は、強烈な補強で相当強くなったはずなんですが、
TM見る限りは、疲れているのか、ピークを調整しているのか、
フルスロットルには程遠い状況のように目に映ります。
昌子のパフォーマンスなんかもあれですし、3000万円もらえるんじゃないかと。

まあ、気のせいでしょうが。

【展望】CSアウェイ鹿島戦 恐れることはない

展望
11 /26 2016

他人事ですが、なんか悔しいですね。
勝ち点72の2位が、勝ち点59の3位と、
たった90分のゲーム一つで順位を入れ替えないといけない。

電通というブラック企業には、もうサッカーに関わって欲しくない。

一発勝負の大一番で甘さがあったと言えば、否定もできませんが、
そもそも、失うものしかない試合を強いられた側のモチベーションは、
そんな単純に理解されても困ると思いますが。

CS川崎戦の鹿

____むう____
ファブ__土居__遠藤
__満男__永木__
山本______西_
__昌子__ソッコ__
____アゴ____

前半からクロスの出所へのプレスが甘かった川崎でしたが、
後半早い時間に左の山本からクロス入れられ、ピンポイントで金崎。
少ないチャンスを生かした鹿島はさすがでした。

しかし、それ以降は腰が引けてビルドアップもままならず、
川崎の攻勢に押し込まれる展開。
憲剛や登里に何度も決定機を作られましたが、何とか逃げ切った試合。

鹿島=勝負強い、というお決まりの文句に拘る各メディアでしたが、
風間さんの言うように、単に川崎が決められなかった試合であり、
鹿島が盤石な試合運びをしてたわけではありませんでしたが。

最後に谷口が決めていれば。紙一重でしたね。

ただ、鹿島に関しては、
しっかり止めてしっかり蹴る川崎には、多少相性が良いイメージ。
逆に、フリック、スルー、ダイレクトを多用する浦和の方が苦手そう。

カシマスタジアムでは、ギド以降、負けたのは実はフィンケだけですし、
別に3冠獲った時の鹿島ではないので、さして怖がることもないかと。
浦和は鹿島に対しては、油断もせず、不用意に見下すこともせず、
純粋にぶっ潰したいという雰囲気が作れるので、結果が良いのかも。

鹿島は前の4人が流動的。
SHはカットインしてくるし、むうはサイドに流れるのが大好きだし。
ボックス内では土居が結構うまくボールを持ち出すので要注意。
むうも流れる割には、肝心な時には突然真ん中にいるので要注意。
遠藤は左足で巻いてくるシュートがえげつないので要注意。
ファブリーズは、・・・・戸田にしか見えない。

攻めてくるときは2-4-4。特に西より山本が抉ってくるので、
何かフィジカルなファブリーズと、左に流れるむうさんと、
いろいろ、駒井と森脇が大変そうです。

ボールの奪いどころは永木と満男のところなのですが、
もともと、浦和はあんまり真ん中でボール持たないので、
そこら辺も鹿島からするとやりにくさはあるのでしょうが。

最終的には、鹿島のボランチがどれだけ前線に絡めるかでしょうが、
浦和には、ボランチの1枚が落ちて(多分満男)、5バック形成するので、
前までの距離は、結構空いちゃうでしょうが。

CBは、中澤さんのとことかと比べると、言うほど大したことないので、
後半のリーズラ大作戦の頃には、何とか攻略できるでしょう。

川崎に比べれば、やりやすい相手だと思います。
それでも、リードされるといろいろ面倒な相手なので、
アウェイゴール取って、しっかりリードして帰ってきたいと思います、
平日夜の日帰り海外旅行。