【TV観戦記&展望】ACL 済州2-0浦和 皆さん出番ですよ

TV観戦記
05 /25 2017
ノックアウトステージの戦い方としてはお粗末なものでしたが、
逆にリードに囚われて縮こまる浦和をホームで見たくなんかないし、
迷いなく戦える分、勝機はまだまだあると思いますよ。

ゴール

07分 マルセロ
90+2分 チン・ソングッ

済州

__22__11__
13__10__17
__07__14__
37__20__05
____01____

59分 22→09
74分 11→40
86分 14→18

だったんじゃないの?知らんけど。
大体、背番号が見にくいんだよ、あの色じゃ(八つ当たり気味

浦和

____ズラ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

58分 関根→駒井
71分 武藤→忠成
82分 ウガ→トシ


フラットでないピッチ、閑散としたスタンド、中途半端なKO時間。
何となく力が入らない、ミッドウィークのラウンド16、1stレグ。
それでも、浦和が立ち遅れた感じもなく、上手く入れた筈ですが。

済州は先日ホームに吹田を迎えた時とほぼ同じ布陣。
ギドの時の浦和に似た3-4-1-2、SHがちょっと強気。
ラインは全体的に低く、前からのプレスも強くない。
但し、カウンター時にはしっかり人数をかける統率のとれた攻撃。

ただ、先制点は浦和の問題。なんともお粗末な失点。
簡単に右から11番に上げられ、簡単に10番に頭で合わされる。
パスの出所に厳しくいけてないし、森脇は見てるだけで競りもしない。

その後もカウンターで何度も決定機を作られるものの、
この日は22番が悉く外してくれて、一命をとりとめる。

一方、浦和の方もしっかりボールを保持でき、攻めることは出来た。
森脇のミドルやズラの裏抜けなどで、ゴールまであと一歩。
後半に入ると、真ん中を固めていた済州のメッシュが粗くなり始め、
さらに攻勢をかける浦和のハーフコートマッチの様相。

ここで無理押ししちゃったね。
後半ATに、9番にカウンターから持ち込まれて痛い2点目献上。
2試合で勝負を決める試合、しかも慣れぬアウェイ、
今後の展開考えれば、ここで1点取ることと1点取られることの、
重みの違いというものをしっかり感じながら試合を進めて欲しかった。

大量得点を何度も取るうちに、1点の重みに対する意識が希薄になり、
自陣に戻らない淡白な守備が修正できず、未だに失点が止まらない。

新潟戦、清水戦と見る限り、今シーズンのボトムにあると思います。
今の浦和は。

それでも、オヒサルの連中たちのコメントを見ると、頼もしいことに、

反  省  の  色  が  全  く  な  い  。

何か、手ごたえをつかんでるのかも知れないね。
何も、考えてないのかも知れないけど。

カウンター得意の相手を「円で攻める」難しさ、
陽介が何を言わんとしているか、さっぱりわかりませんが(笑)、
要は真ん中固められても、中に当てたいから横に回して相手をずらし、
隙見て楔打ち込んで、中→外→中とかやりたいんでしょうな。
ただ、相手の縦への勢いに、中央で刈られて運ばれると追いつけない。
縦のパス交換、サイドに偏った球回し、裏狙いといった攻め方なら、
ターンオーバーの時も相手を追い込みやすいのではないかと。

ただ、次の試合はそれどころではない。
最低2点、失点すれば最低4点必要となる試合です。
そんな細かいこと考えている余裕はない。

まあ、1-0でリード守ろうとするより、攻めるしかない状況は、
意思統一に難のあった今の浦和にとって、悪くない。
何の気兼ねなく、攻めればいいんじゃないですかね。

チームが苦しい状況なら、サポーターが後押ししなければ。
月末だなんだ言わんで、3万人、4万人集まろうよ。
客慣れしてない済州の連中、声と拍手で吹っ飛ばしましょうよ。
あの時、あそこにいたんだぜ、って自慢できる城南戦みたいな、
そういう歴史を作っちゃいましょうよ。

ここが勝負所、みんなで乗り切りたいです。
スポンサーサイト

【TV観戦記】Jリーグ 新潟1-6浦和 大谷の恩返し

TV観戦記
05 /14 2017
点差がついたから満足というわけではなさそうですね、ミシャは。
でも、それはミシャにも責任あると思うんだがなあ。

ゴール

02分 武蔵
06分 武藤
20分 慎三
31分 槙野
43分 OG
45+1分 関根
47分 遠藤

新潟

____山崎____
武蔵_____ガリャルド
__ロメロ__小泉__
加藤ソン富澤大野川口
____モノノフ____

55分 ロメロ→堀米
64分 武蔵→ホニ
76分 ガリャルド→成岡

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
関根______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_ウガ_
____周作____

34分 ラファ→トシ
59分 陽介→青木
68分 ウガ→忠成


新潟は基本5-4-1。攻めるときには加藤大が上がります。
彼はただでさえ走行距離が長いのに、過労死させたいんでしょうか。

立ち上がりの浦和は、完全にスリープ状態。
攻め込まれて跳ね返しても、セカンドボールにさしたる関心なく、
漫然とボール運んではロストし、波状攻撃を食らう始末。
武蔵へのクロスも、出し手に行けてないから簡単に上げられるし、
さっそくウガのところのミスマッチを使われる最悪の立ち上がり。

それはこの試合に限ったことでもないので、
今後も狙われる時間帯になるかも知れませんなあ。
そもそもセットするというかホームポジションというか、
ゲームを落ち着かせるというメソッドが浦和には見当たらない。

ただ、こういうダウンフォースの弱さが得点力の源泉ですし、
現実には6点取って大勝しているわけですから。

シドニーの5-4-1は、5が高すぎて失敗してましたが、
新潟の5-4-1は、5と4と1の距離感ですかね。
山崎が犬死にしてしまうのは押し上げの足りなさが原因ですが、
4も守るのか攻めるのかしっかりセッティングされてないような。
陽介が自由に動けてましたので、ずいぶん楽でした。

それと、懸念していた新潟の左サイドですが、案の定、
ソンジュフンの外に加藤大配置しましたが、そこ破られて2点。
慎三の逆転ゴールでゲームの大勢が決まってしまいました。

それでも、後半は槙野のヘッド以外にも、武藤、チュン、高木が、
大谷との1対1を決めきれずにいるうちに、
新潟のパスワークを許して、次々にシュートを打たれる醜態。
大量リードしているからこそ、もう少し染めて締めて欲しかったのですが。

前半の大谷の判断ミスでリード広げてもらったようなものですが、
後半の大谷の恩返しには手を焼きましたな。

ボールロスト時に囲んで取り返す、取れなくてもパスコース限定する。
でも、それができないときにどうするかがなかなか見えてこない。
ファーストディフェンスがかいくぐられた時に、
続けてディフェンスできずに追いかけないから人数が足りなくなる。
真面目に追いかけてプレスバック続ければ、体力の方が足りなくなる。
ディレイさせられても、ボールホルダーへの寄せが本当に甘いから、
武蔵の先制シーンみたいなのは、何度も訪れます。

そして、これから暑くなるわけですが。

3点打線が火を噴き続ければよいのですが、
相手にうまく守られたり、先制されて引きこもられたりしたときに、
この3試合連続ウノゼロ負けみたいなことも十分ありうるわけで。

まあ、今年は他所さんも適当にこけてくれそうな気もしますが。

【TV観戦記】ACL ソウル1-0浦和 トシとウメの帰還

TV観戦記
05 /12 2017
森脇の問題は、状況をわきまえずすぐに過剰に熱くなる本人の責任。
劣勢の時こそ、チームを落ち着かせ、冷静にゲームを進めるべきところ、
相手や審判に無用に噛みついて、無駄に時計の針だけ進める行為は、
猛省の上、必ず改めて欲しいところだと思います。

仲間を守るのも大事だし、相手に気持ちで負けないのも大事ですが、
野球じゃあるまいし、それとこれとは違います。

今後、狡猾な連中の罠に、二度と嵌らないためにもね。
世間が少しうるさいかも知れんけど、それは僕らが守るから。
済州戦、頼むな。


ゴール

38分 ユンスンウォン

ソウル

もうどうでもいい

浦和

____ズラ____
__トシ__忠成__
ウガ______菊池
__青木__駒井__
_槙野_那須_田村_
____榎哲____

56分 菊池→矢島
78分 田村→ウメ
90+1分 青木→アド


仕事が終わらず、都内某所のHUBにたどり着いたのは前半半ば。
押され気味の中、DFの裏に2人抜け出されて、あっさり失点。
埼スタで木っ端みじんにされたホームチームに勇気を与える先制点。

双方、面子を落とした中で、お互い思うような繋ぎができず、
低調なまま推移した試合は、次のゴールを生むことなく終了の笛。
いかにも消化試合といった様相の試合でした。


そんな中、収穫だったのは出場機会のなかった選手を試せたこと。
そして、トシとウメが帰ってきたこと。

トシはスタメン出場だけで驚きましたが、まさか90分持ちこたえるとは。
故障明けでも、長澤やヤジより依然としてプライオリティは上ですか。
それだけ、昨年勝ち取ったミシャからの信頼が大きかったということ。
彼の正確でスピードのあるプレスキックは、陽介も及びませんし、
破壊力のあるミドルや、キレのあるドリブルも浦和の欠けたピースでした。

ウメが交代でピッチに入った時は、ただただ怪我が心配でしたが、
嬉しそうに、気持ちよさそうに、ピッチを駆けまわっててうれしかった。
彼がトップフォームを取り戻すと、さらにポジション争いが熾烈になるし、
何より、背中でチームを引っ張ってくれる頼もしい存在です。
彼の人望と経験とキャラクターが、チームを明るくしてくれる。
多少イビキがうるさくても、十分に元は取れます。

榎本、田村、菊池、ヤジ、アドも、
十分に持ち味を出せた、というわけにはいきませんでしたが、
それでも、まずはピッチに立ち、ソウルという強敵と対峙できたことが大事。
今後も熾烈なベンチ入り争いは続き、辛いことも多いと思いますが、
腐ることなく、チャンスを待って欲しいな。りょーたろーも含め。

楽しみな中盤戦になってまいりました。

【TV観戦記】Jリーグ 大宮1-0浦和 口先だけのリスペクト

TV観戦記
04 /30 2017
塩、送ってる場合かよ。

ゴール

63分 茨田

大宮

__江坂__瀬川__
アーリア__岩上__茨田
和田山越河本金澤渡部
____塩田____

HT アーリア→大山
72分 瀬川→清水
87分 江坂→高山

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

HT 陽介→青木
53分 武藤→忠成
66分 ウガ→駒井


栗鼠の出来は素晴らしかったと思いますが、浦和の自滅ですね。

栗鼠に負けたからとか、分けたからとかで、
いつも腹を立ててるというわけではないんです。

相手は確かに、吹田の時より数段ギアを上げてきたかも知れない。
それでも、普通にやれたら負ける要素はあまりなかった筈です。
浦和の方から、この結果に歩み寄っていた部分が必ずある筈です。

勝手に特別な試合と定義して、気合い入れてくれるのなら構いませんが、
いつもそれを余計なプレッシャーにして、腰が引けてる気がします。
だから攻め倒せないし、冷静さを欠き、悉く決定機を外すことになる。
その癖、どこかで相手を舐めてるから、90分集中力が持たない。
自陣で不用意なフリックしでかし、何人で寄せても捕まえられない。

勝って当たり前、ドローでも大騒ぎという相手は難しいと思いますが、
それだって毎年の事なんだから、どう気持ちを持って行けばいいか、
いい加減、答えを見つけてもらえないかなと思います。

結果ではなく、戦い方が気に食わないんですよ、このカードは。
最近勝ってこそいましたが、不満なのはいつも一緒。


それと、リアリストであるべき監督が、一番冷静さを欠いてしまえば、
誰がチームを修正できるのかという点。

シドニー戦で早くカードを切りすぎ、終盤冷や冷やしたにも拘らず、
この日もふがいない前半見て、怒りに任せて後半早々カードを切る。
28度を超すこの天候を考えれば、終盤のトラブルに備えるべきでしょう。
実際に、遠藤もキャプテンも慎三も怪しい状況でしたし。

この試合、前半見終わって、スコアレスドローでいいかなと思っていました。
ダービーとは言いますが、うまくいかないこともあるわけで、
焦って無理押しするより、引き分け覚悟で最後の10分に賭けたいな、とか。
相手の足が止まっていく下降線に合わせて、ジョーカー切るべきでしょう。

早く切ってしまえば、それ以上の加速は望めない。
陽介が怪我なら青木投入は仕方ないでしょうが、
前半チャンスがなかったわけではないので、リズムを大きく変える必要もなく、
次に切るカードは、もう少し相手の出方を窺うべきでした。

簡単に勝てない相手とわかりながら、簡単に勝ちに行ってしまった。
ミシャにその部分の改善を望むのが、ないものねだりであることはわかってますが。

結局、何人かが不十分なコンディションのままピッチに立ち続け、
短く繋いで前に行くための力はもうなく、パワープレーへの移行を余儀なくされ、
追いつく可能性は限りなくしぼんでしまいました。

口では特別な試合と言いながら、気構えは鹿島やガンバと同じで決してない。
相手を恐れないで、結果だけを恐れているうちは、
いつまでも同じこと繰り返すと思いますよ。
気持ちで負けない方法というのが、どうも間違ってるのではないかと。

リスペクトを口にしながら、実はリスペクトをしていないことではないのかな。、

後半の失速が続き、守備の怪しさは増すばかり。
鹿島戦が踏ん張りどころになってきました。

【TV観戦記】Jリーグ 東京0-1浦和 暑かったねえ

TV観戦記
04 /17 2017
どうしても、勝ってしまう。

ゴール

14分 慎三

瓦斯

__前田__阿部__
東_______永井
__梶山__橋本__
室屋______徳永
__丸山__森重__
____木木____

63分 永井→中島
80分 阿部→ユインス
84分 徳永→太田

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______菊池
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

51分 菊池→関根
76分 ラファ→青木
80分 慎三→忠成

瓦斯は、大久保、ウタカがベンチ外で、太田もスタメン落ち。
何となく、見慣れたメンバーの442。

浦和は駒井がおらず、関根も怪我明けのため、菊池が初スタメン。
上海戦お休みの慎三がシャドウ、ラファの1トップ。

気温は28度、上海との激戦から中4日。
最初からスタミナ勝負の様相。

先制シーンは、泥臭いボールの奪い合いから。

中盤でキャプテンが潰れ、航がこぼれたところをチョンと前に。
受けた陽介が倒れ込みながら、何とかかんとかラファに繋ぐと、
ラファがするすると前方に運び、狙いすまして慎三にスルーパス。
丸山背にして半身でボール受けると、間髪入れずに左足でつつき、
ゴール反対側の右下隅に、コロコロとボールが転がり込みました。

ラファのパスのうまさというのは、もう見慣れていますが、
見慣れていても圧巻だった慎三のボールの引き出し方。
密集地帯ではありましたが、縦関係を取ってゴールを許してしまった、
森重、丸山のCBコンビは、やはりこの日も脆弱ではありましたが。

但し、浦和のチャンスか、後は後半、
やはりラファの浮き球のパスを受けての、慎三の反転シュートぐらい。
時間を追うごとに、浦和の足が止まり始め、上海戦同様、後半は防戦一方。

この日の瓦斯の圧力は、かなり強烈だったと思います。

攻撃時は244のような陣形で、前からボールを追いながら、
上手くスタミナ配分しつつ、最後まで浦和を押し込み続けました。
それなりに、危機感を抱えて臨んだ試合だと思いますし、
補強組が外れ、しっかり準備をし、泥臭くボールを追い回していました。

ただ、逆に決定力は伴わない。

開始早々のビッグチャンスも、阿部が周作の正面に蹴り込み、
この日唯一の枠内シュートも、ゴールとはなりませんでした。
前半の梶山のドフリーのヘッド、ポストを叩いた橋本と東、
惜しいシーンはありましたが、浦和のバックラインは落ち着いたもの。

余裕のクリーンシート。

瓦斯は、まだまだ暗中模索を続けるんでしょうなあ。


浦和も、この2試合、決して満足できる内容ではありませんでしたが、
そういう時に、しっかりウノゼロに持って行くことが出来たのは大きい。
ミシャの目指す超攻撃的なサッカーも、毎度毎度うまくいくわけなく、
こういう試合の拾い方こそ、去年の浦和が身につけた勝負強さ。

早くも首位浮上ですよ。

瓦斯さんに構ってる暇はありませんのよ。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito