【TV観戦記】Jリーグ G大坂1-1浦和 価値ある勝ち点1

TV観戦記
03 /19 2017
運がなかったかなあ。

ゴール

57分 今野
90+3分 ラファ(PK)

G大坂

___長沢__アデミ_
_今野_______
______倉田__
オジェソク_ガチャ__初瀬
_正也_ファビ_三浦_
____ガヤ____

73分 ガヤ→田尻
82分 オジェソク→井手口
89分 アデミ→赤崎

浦和

__慎三__ラファ__
____陽介____
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

67分 関根→駒井
76分 青木→武藤

ガンバは東口と藤春が不在。
いつもそうなんですが、今野が左前目で倉田が右後ろ目。

浦和は陽介がシャドウというより2トップ下に入りましたが、
ここでアンカーのガチャの監視役を仰せつかります。

浦和はこれにより、ほぼほぼガチャを消すことに成功。
攻め手を限定されたガンバは、プレスの激しさはあるものの、
そこからのショートカウンター頼みで、対応は容易。
後ろと分断されたアデミウソンにもいい形でパスは入れさせず、
ゲームは概ね浦和が支配。ただ、今日はシュートが悉く入らない。

そういう意味ではいつものガンバペース。

不気味だったのは今野の位置。
殆ど3トップの左ウィングのような場所から、森脇近辺を狙う。
しかし、浦和のビルドアップも改善されつつあり、うまくかわす。
何とか掻い潜れば、関根と連動して相手陣への侵入は出来てました。

関根と言えば、甲府戦で縦突破を連発して無双してましたが、
オジェソクに縦切られたのか、自分から裏をかこうとしたのか、
執拗にカットインを選択して、前方ではノッキングを起こしてましたが。

どうせ、またワンチャン決められるんだろうな、と思っていたら案の定。

倉田のドリブルの持ち上がりを誰も止められずに中央に入り込まれ、
左に展開されてオジェソクの狙いすましてのクロスを今野がヘッド。
気になってた今野にやっぱりやられてしまいました。
彼の決定力はFW並ですから、前にいられるとやはり怖い。

それよりも、そのちょっと前の時間帯にも倉田にロングドリブルされ、
危ない場面を作られていたのに修正できなかった点が悔やまれます。
去年の大宮のマテウスやソウルアウェイの追いつかれた一発もですが、
ドリブルされた時にどこで当たりに行くか、整理は必要だと思います。
まあ、4月までの宿題ということで。

良かったのはその後も焦ることなく浦和のサッカーを続けたこと。
パワープレーしてみたり、極端に前掛かりになったりせず、
地に足の着いたビルドアップでチャンスを量産したところ。

そのご褒美のようにいただいたPKをラファが決めてドローで終了。
むしろ、ATで勝ち点2を失ったホームチームのダメージは大きい。
また、今一番強そうだったガンバを圧倒できた点もポジティブな要素。

むしろ、中途半端な相手に大勝した試合などよりも、
浦和の強さが際立った試合だったような気がしますけどね。
失点はしましたが、守備も徐々に改善されつつあるように思えました。

周作もこの日は安全運転でしたし。

また、陽介の復活も朗報。
今日の前3枚はボールの収まりが良く、前で時間を作ることが出来る。
トップ下で2トップを操るタスクは、陽介に向いているようですし、
KLMとはまた毛色の違うユニットを持てるのも今後にはプラス。
若干お疲れ気味の青木も少し休ませることが出来ましたし。

ガンバの3バックに対して、アンカーに蓋をしてしまうという戦術が、
どこまで他クラブに参考になったかはわかりませんが、
この早い時期に、ガンバの勢いを止められたことも大きい。

もちろん、浦和はまだ勝ち点7の6位に過ぎませんが、
長い長い1シーズン制、どっしり構えていれば強いところだけ残ります。

サッカーは全部勝てるわけではないし、ゴールも全部入るわけではない。
運の悪い負け試合をドローに持ち込めた価値あるゲームでした。
去年の吹田では負けているわけですし。

慌てる必要はありません。
スポンサーサイト

【TV観戦記】Jリーグ 横浜3-2浦和 繰り返し

TV観戦記
02 /25 2017
この試合を見て、点数たくさん入ったから面白かったでしょ、
ミシャに随分舐められてんだな、僕たち。

ゴール

13分 バブンスキー
63分 ラファ
65分 ラファ
86分 ウーゴ
90+2分 前田

横浜

____富樫____
学_バブンスキー_マルティノス
__天野__喜田__
金井______松原
_デゲネク__中澤__
____飯倉____

71分 富樫→ウーゴ
81分 バブンスキー→前田

浦和

____ラファ____
__慎三__陽介__
ウガ______駒井
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

61分 青木→関根
73分 柏木→那須
90+3分 森脇→ズラ


まずは、序盤から横浜の猛プレス。
前線から鋭い出足でボールを追い回し、チャンスを量産。
右の森脇が齋藤に対して後手を踏み続け、
青木が援軍に行ったところを折り返されバブンスキーがゴール。

このシーンだけでなく、周作が何度も1対1の決定機に曝され、
相変わらずプレスかけられた時の掻い潜り方に問題を残しています。

特に齋藤に気が行き過ぎて、全員がボールウォッチャーになり、
バイタルの侵入者に誰も何の注意も払わない惨状は、
前半の前半当たりの時間帯、ずっと続いていました。

相手の圧力も弱まり、駒井・森脇サイドがやっと落ち着くと、
ウガ・槙野サイドから反撃開始。
特に今日はウガが抜群の出来で、何度も松原の裏を取る。
プレスも90分続くわけもなく、横浜の失速も予想されましたので、
まあ、軽く逆転できるかな、とは思ってましたが。

そして、後半に入ると案の定浦和が攻勢を強め、
ラファが立て続けに2ゴール決めたまではよかったのですが、
ここでまた、浦和は恐るべき勝負弱さを発揮します。

青木が喜田と絡んで負傷し、結局交代を余儀なくされます。
前線で精彩を欠く陽介を一列下げるかと思いきや、
関根を右に入れて駒井ボランチという奇策に出ます。

さらに、シャドウの陽介に代えて、那須を投入するという、
極端に守備的な采配が結局命取りになったような気がします。
何がしたかったのか、僕も、きっと選手もわからなかったと思う。

シャドウには忠成、ボランチには長澤、右サイドには関根、
それで何の問題も起こらなかったと思いますが、
この謎の一手で浦和はとどめを刺すどころか相手を自陣に引き込み、
結局セットプレイで同点に追いつかれる。

そして、慌てて前掛かりになったところを、
1点目と同じく、斎藤に右サイドを引き裂かれ、
1点目と同じく、バイタルの監視を忘れて前田にとどめを刺されました。

あまりにも軽率、あまりにも稚拙。
すべての責任はミシャのあると思います。

点数がたくさん入ったら面白いかって?そんなわけないでしょ。
ターンオーバーに文句?誰も言ってないでしょう。

齋藤にやられた試合と総括していましたが、
槙野がマルティノスをしっかり消してくれていたわけですから、
後は唯一の横浜の希望である齋藤さえしっかり手当てしておけば、
なんてことなかった試合でした。

しかし、相変わらず男のロマンあふれるハーフコートゲーム仕掛けて、
わざわざ齋藤に広大なスペース与えてるんですから、自殺行為としか。
ゼロックスで露わになった課題も、WSWに快勝してうやむやになり、
何ら改善されることなく、同じスタジアムで同じ失態を繰り返す。
やはり勝負師としては三流と言われても仕方ないんじゃないかなと思う。

この時期、1試合負けたぐらいでアタフタする必要もありませんが、
2012年に戻ってしまったような浦和の未熟さを見て、
また今年も同じこと繰り返すんだな、と改めて覚悟させられる試合でした。

こっちはフィンケの時に、理想のサッカーなんて言葉は捨てましたけどね。
どう立て直していくのか、ぬるく眺めていようと思います。

【TV観戦記】ACL WSW0-4浦和 初戦快勝

TV観戦記
02 /21 2017
17時試合開始とか、真っ当な社会人には無理ですぅ。
都内某所のHUB入りしたのは後半開始直前でした。

ゴール

56分 慎三
58分 忠成
68分 槙野
86分 ラファ

WSW(適当です)

____49____
15__10__楠神
__07__15__
03______12
__05__17__
____20____

66分 49→29
69分 07→21
77分 楠神→02

浦和

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______関根
__アベユ__青木__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

70分 武藤→ラファ
79分 青木→那須
85分 慎三→ヤジ


遠藤 と
周作 を
縦に並べるとなんかあれだな。


直前のシドニーダービーがおそらくガチのメンバーだった気がします。
そこから6人入れ替えた時点で、ある程度力が落ちるのは予想の範囲。
11番と6番が攻撃の柱だけに、楠神や10番だけではどうにも。

前半はタイムラインの情報に頼るしかありませんでしたが、
概して浦和ペースで推移して、じわじわ相手にダメージ与えたようです。

彼らの特徴としては、

・4バックで、やたら中に絞ってサイドを空ける。
・ボランチも守備的で、前線含めて前に出てガツガツという感じではない。
・攻撃構築は前の4人とSBの2人が多いかな。
・ロングボールは使わず、短く繋ぎたがり、サイドからのクロスも少ない。

フィジカルを生かすのはゴール前だけなんだから、ほぼほぼ浦和の大好物。
しかも、5バックで構えるといった浦和対策も全く用意していませんし、
浦和の中盤にパスを絡め捕られ続けても、特段攻め方も変えてこない。

浦和の5トップにも4枚で当たれば、両翼はボール持ち放題なので、
最後のところで跳ね返されますが、抉り続けることで消耗は進みます。

そして後半、WSWの守備が破たんします。

人は多いが寄せてこない真ん中で、忠成が持つと、ためてためて、
走り込んだ慎三に通して、完璧なファーストタッチで抜け出しゴール。
2分後には、青木が回収したボールを左の慎三に展開し、
ダイレクトの浮き球を中央で忠成が押し込みゴール。
続いて、左コーナーが流れてきたところを槙野がプッシュしてゴール。
最後は、反転してヤジが出したボールをラファが持ち出しゴール。

面白いように決まったゴールラッシュでした。

アウェイの初戦を拾ったのは大きいですし、
ヤジやラファがあっさり結果出してくれたのも、今後に向けて心強い。
いいことづくめのシドニーい遠征となりました。

が、今日は相手が弱すぎた。
メンツ落ちもありますが、あまりに戦術の引き出しが無さ過ぎました。
これで、勘違いはしないように気を付けないと。
多分、マリノスの方がよっぽど強い。

でも、いい方向には進んでいると思います。

【TV観戦記】ゼロックス杯 鹿島3-2浦和 払拭できない未熟さ

TV観戦記
02 /18 2017
いつまで同じようなことしてるんですかね。

ゴール

39分 遠藤/鹿
43分 遠藤/鹿
74分 慎三(PK)
75分 武藤
83分 鈴木

鹿島

__PJ__金崎__
土居______遠藤
__レオ__満男__
三竿雄______西
__昌子__植田__
____スンテ____

65分 金崎→鈴木
69分 レオ→永木
82分 三竿→山本

鹿は意外にもほぼほぼファーストチョイス。
ACLは捨てた模様です。

浦和

____ズラ____
__武藤__忠成__
菊池______駒井
__アベユ__青木__
_ウガ_遠藤_森脇_
____周作____

HT 忠成→慎三
64分 菊池→関根
64分 駒井→長澤

槙野、陽介は営業なのかベンチ外。
周作が復帰、1トップはズラ。
両サイドは駒井、菊池、ボランチに青木。
十分に戦えるメンバー。


ぶっちゃけ本番ではないので、テストするのは構わない。
しかし、相手の元気な前半からリスキーなハイラインで、
ラインブレイクを繰り返され、続けざまにピンチを迎え、
まんまと2点のリードを許した前半の戦い方に、
どんな展望を見出していいのか、よくわかりませんでした。

自分たちのサッカーを試すというのも大切でしょうが、
いかに強い相手に勝ち切るかという観点は全くありませんでした。

確かに、前線からの囲い込みや、ワンタッチの増えた前線の崩しに、
好調の菊池と復調の駒井が抉るサイド攻撃も有効に機能しており、
キャンプの成果はそれなりに見せてはもらいましたが、
鹿にとって、ある程度の備えがあれば、大きな脅威ではない。

むしろ、ちょっと引っ掛けたり、跳ね返ったりして、
浦和の最終ラインの裏にこぼれたボールへの反応があまりに鈍く、
鹿の前線に走り負ける場面が散見されれば、決壊は時間の問題。
後追いで対応していたのでは、鹿の精度に抗することはできません。

2012~2013頃の腰高の戦いと同じとまではいいませんが、
サッカーの1点の重み、先制することの大切さに対して、
まだまだ軽視しているし、厳しさが足りませんし、
そうしたことが、最後の最後でタイトルを逃してきた一因なんですが。

去年、勝ち点74を取れた理由を、ミシャは本当に理解しているのか。

ACLが心配です。

【TV観戦記】Jリーグ 瓦斯1-3浦和 お得意様

TV観戦記
09 /18 2016
俺たちのホーム、味の素スタジアム、大好きです。

ゴール

48分 森重(PK)
77分 忠成
85分 OG
87分 慎三

瓦斯

____前田____
中島__魚君__河野
__梶山__橋本__
徳永______室屋
__森重__吉本__
____秋元____

58分 河野→丸山
67分 中島→高橋
80分 梶山→ユインス

浦和

____ズラ____
__トシ__武藤__
関根______駒井
__アベユ__陽介__
_ウガ_那須_モリ_
____周作____

46分 トシ→忠成
64分 武藤→慎三
86分 陽介→青木

城福の作り上げた、なんとなくサッカーしてるというスタイルからして、
正直言って速さも強さも感じない最近の瓦斯さんではありましたが、
不思議と浦和とやるときは、なかなか落ち着いた展開にしてもらえない。

この日、オーバーペースなのはわかり切っているものの、
猛然とハイプレスしかけてくる瓦斯さんをいなし切れずに、
前半は、終始怪しげな展開で、自分の時間を作れませんでした。

いくつかあった決定機も、ズラが決めきれず、
ちょっとしたミスや不運で、アドバンテージを奪われかねない雰囲気の中、
後半の立ち上がり、中島にすり抜けられて、那須が引っ掛けてPK献上。

まあ、多分、高山さんの誤審ですが。
那須の足は確かに触ってるけど、転ぶほどの強さでは全くなかったけどね。

ただ、とにかく味スタで勝ったことのないトラウマと、
埼スタで2-0からひっくり返された前回のトラウマから、
瓦斯が自分たちを信じ切れなかったことが、浦和には幸いしました。

また、瓦斯の先制点が早過ぎたというのも、ポイントでした。

58分、前半つかまえきれなかった河野に代えて丸山。
67分、後半になって唯一の攻撃の起点だった中島に代えて高橋。
両翼もげてしまえば、鳥栖だって飛べませんよ。
専守防衛へと切り替え。これで、前田と東だけで攻めろと言っても酷な話。

前半にパワー使って、後ろに人数かけるしかなかったのでしょうが、
ハーフコートのタコ殴り状態になれば、甲府レベルのMでない限り、
持ちこたえるのは簡単ではありません。

ここで壁を破ってくれたのは、前回も勝負を決めてくれた忠成。
彼の反骨心は、浦和の中でも一人異色というか、抜けて強いというか、
去年までならシュンとして終わってたような局面を。
今年は悉く彼がひっくり返してくれているような印象があります。
KLMの中でも、彼のゴールは重いものが多い。

同点の場面も、背後の丸山を抑えきる身体と気持ちの強さがあって、
初めて決められるクリーンゴールだったと思います。
彼には、もう感謝しかない。

ここで、瓦斯の足が止まりました。
後ろに数は揃っていても、ナクスタの段ボール客同然、役には立たない。
中途半端に橋本に攻めさせたところで、そんなセンスはないんだから、
潔く全員引きこもればいいんだが、そういうトレーニングも積んでない。

ズラがきっちり東に合わせ、駒井がきっちり慎三に合わせ、終了。
結果はいつも通りの味の素スタジアム。

守りに入るのが良手でなかったのは間違いないんだけど、
それ以外に手がなかったのであれば、采配ミスとも言えんのでしょう。
あのサッカーするなら、前半3点取るぐらいでないと勝てない。

それでも、真っ向勝負してくれる瓦斯さんは、リスペクトします。
スコアレスで粘って、ひたすら浦和の失策を願う志の低いのが多いから。

KLMが2ケタに乗せ、熊谷の匂いに川崎がやられて後期も首位。
広島、吹田と難敵が続きますが、勢いに乗れたんでしょうか。