2シーズン制導入について

Jリーグ
05 /28 2013
1シーズン制がスタートした2005年、
これで、世界と同じ土俵で戦える、同じ基準のリーグ戦を見ることができる、
これで、ドメスティックで、いびつなリーグ戦とおさらばできる、
そんなことを思っていたような気がします。

Jリーグがスタートした1993年以降、
延長Vゴールやら、チャンピオンシップやらの国内の独自ルールが、
いかにも“野球的”で安っぽい舞台装置に見えて、
本気で好きになれない自分がいたのを覚えています。

実はスタジアムに通いだしたのは、1シーズン制になってから。
それまではもっぱらテレビでした。

10チームで年間4回総当りできる時代であればまだしも、
今は18チームがやっとホーム&アウェイをこなせる状況です。
1ステージで1度しか対戦できない不公平なリーグ戦は、ナビの予選だけで十分です。

年間最ち点のクラブが、年間チャンピオンになれないどころか、
チャンピオンシップにすら出場できない可能性のあるレギュレーション。
1stステージだけ、2ndステージだけ頑張れば手の届くタイトル。
間違いなく、後期王者に有利なチャンピオンシップ。

2ndステージの最中、順位とは関係なく動くACL出場ライン、自動降格ライン。
年間基準と半年基準が錯綜するわかりにくいリーグ戦が、
どうしてファンの関心を集め、スポンサーをより多く集めることができるのか。

説明できる人間がいるのであれば、説明して欲しい。

最大の問題は、オープンな議論がされている気配のないことです。

国立での柏戦、
試合前に柏サポ?が、バクスタ中央の鉄柵に掲げようとした、
1リーグ制反対のフラッグは撤去されました。
試合後に浦和サポが掲げた、同じ趣旨の横断幕は、
マスコミに完全に黙殺されました。

スカパーの映像に映し出された横断幕の内容について、
実況の倉敷さんがその内容に直接触れることはできませんでしたが、ただ、

こうしたJリーグを支えてきた人たちの声に真摯に耳を傾けるべきだ、

そう、言葉を添えてくれたことだけが、救いでした。

最近、Jリーグにちょっと関わりのできたクラブの社長風情に、
どのような見識があるのでしょうか。
いまだに、声を上げようとしない他クラブのサポーターは、
いま、一体この問題をどう捉えているのでしょうか。

社長とクラブとサポーターが一丸となれている今の浦和には、
本当に、誇らしい気持ちでいっぱいですが、
一方で、このような予断を許さない状況がなぜ作り上げられているのか、
不安であり、不満であり、怒りを覚えます。

何が狙いかは理解できませんが、
もし、この話が規定路線化しており、反対意見が省みられることもなく、
利権を有する一部の人たちだけで推し進められるのであれば、
それはJリーグの私物化以外の何ものでもありません。

正しい決着を祈るばかりです。

スポンサーサイト

【J2】ガンバ大阪の存在感

Jリーグ
03 /27 2013
J2クラブのサポーターには、過酷な運用をもたらしている日曜固定開催ですが、
J1側のものとしては、これほどJ2の試合を見るようになるとは思いませんでした。

スカパー加入した(今ごろ?)昨年来、試合がなく暇していた日曜の午後が、
このように充実したものになるとは思いませんでした。

まあ、ただの引きこもりですが(その代わり午前中は大忙し

去年は、甲府、湘南、京都、千葉、東京Vあたり熱心に見ていたため、
J1よりもメンバーとサッカーを熟知してしまうという異常事態でした。

さて、そんな中でのガンバの参戦。

これはもう、見逃すわけにはいきません。5試合全部見ているw。
もはや可哀想な感じになってしまったヴェルディは置いておいて、
ガンバ、ジェフといった旧オリ10メンバーの活躍(ずっこけ)に、
毎週、釘付けとなっている方は、僕だけではないはずです。

もはや、ガンバ戦等は、地上波のコンテンツとして十分の価値がある。
今のJ2には、世間の注目を集めてくれる、かけがえのない財産でしょう。


ガンバはここまで長崎に3-1と快勝wしたのみの1勝4分け。
勝ち点7の8位と絶好の位置につけています。

第1節 G大阪3-3京都 (H)
第2節 G大阪3-1長崎 (A)
第3節 G大阪0-0横浜 (H)
第4節 G大阪2-2熊本 (A)
第5節 G大阪1-1千葉 (H)

特に開幕戦の京都戦は迫力のある撃ち合いでしたし、
横浜戦はテンションの高い攻防に目を離せませんでしたし、
千葉線はJ2とは思えないクオリティの高い接戦でした。

熊本のキャラクターの首もいじゃあいけませんが、
後半ガス欠するまでのガンバは、格の違いを感じさせるような展開。
全般的にはホームチームに押されてはいたものの、
チャンスは逃さないキレとしたたかさを見せ付けてくれました。

5試合通して、健太監督の守備戦術も浸透しつつあり、
次第にバランスは改善されているような気はしますけどね。


彼らにとって気の毒なのは、多分、千葉もそうだったんでしょうが、
J2クラブの「舐められたくない」「ひと泡吹かせたい」という意地が、
どうしてもこの強豪クラブに集中してしまうという点です。

どのクラブも負けてもともと、勇気300%でぶつかってきますから、
受ける方はたまったもんじゃありません。
J2とはいえプロですから、アマチュアの世界ではみな化け物クラス、
そんな連中が捨て身で挑んでくれば、そう簡単に勝てるもんじゃない。

落ちなくて本当によかったよぉ・・・。


毎日が白鵬みたいな状況ですから、メンタル弱いとやってられません。
今野さんは、いつもノイローゼみたいに見えますが、大丈夫でしょうか。
ましてや、あそこのサポーターは、目線が高いからなあ。
スタジアムのお金集めも、頓挫に向かって驀進中のようですし。

しかも、忍び寄る老いの気配、迫り来る世代交代の潮時。
一方で、安田だの宇佐美だの、有能な若手は海外へドロン。
家長やレアンドロの契約延長も、予断を許さないところですし、
また、バレーでも引っこ抜きますか。

うちみたいに、微妙なところ集めないとな。

しかし、今のこの泥沼から抜け出せば、
一段と強くなったガンバが、万博に戻ってくるのでしょう。
やはり、あの華麗なパスワークは魅力ありますしね。


早く復調して、しっかりと残留して欲しいですね。

【自主TOTO】第3節J1リーグ勝敗予想

Jリーグ
03 /15 2013
こういうのもさ、そのとき他のチームをどう見てたのか、という定点観測に・・・・、
なるわけないわな、適当だもの。

仙台vs木白 2 勢いで柏かな。仙台は角田・富田がいないと辛いね。

横浜vs磐田 1 とりあえず、今の鞠さんの根拠のない勢いを信じて。

鳥栖vs川崎 1 布団さんの決定力ときたら・・・。ホームの鳥栖は強いよ。

大分vs浦和 2 いい加減、ビッグアイで勝たせてください。

大宮vs新潟 1 栗鼠さんは、今、史上最強じゃないですか(棒

大阪vs調布 2 注目の全勝対決、瓦斯さんの方が本物臭い(ガスだけに

湘南vs清水 1 心情的にチョウさん推しで、ゴトビは嫌い。

甲府vs豊田 2 さすがに、城福さんにだったら勝てるでしょ、闘さん依存症進行中。

広島vs鹿島 2 鹿さんにいやらしさが戻りつつあるような。広島は野戦病院。


怪我人に苦しむ広島と仙台を見ていると、1年間つつがなく過ごすには難しいんだな、と。
よほど、運に恵まれない限り、拮抗したリーグで上位に行くのは大変です。
逆に言えば、幸運は2年続かないので、ACL行く頃にはチームの運気は下向きで、
ここのところ、Jがアジアでコテンパンなのは仕方ないのか。

運が悪くても、うまくいってなくても、強引に勝ち点をもぎ取れるような、
抜けた存在のチームでない限り、アジアに、世界に立ち向かえないんだな、と。

呼んだ?

そういう意味では、決してよく見えないのに前に進んでいる柏は本命かもしれません。
(だって、うちが本命とか言うとさ、また、各方面から叩かれたり謗られたりブツブツ・・)

横浜の強さは意味不明なんですが、もともとのDFの強さとマルキの決定力?
ランチャー大阪は、また夏の人事異動で落ち着きを取り戻すんじゃないですかね。
ホボ東京(調布だけに)、じゃなくてポポ東京も、メンバーが揃ってきた感じです。

一方で、新潟は悪くないのに結果に恵まれず気の毒。
ピクシーはなんか香ばしい状況に突入していますな。
ゴトビもさすがにあれだけ選手が抜けていくと、気の毒な気もしてきます。
そして、風間一家の革命の火も、いつまで灯してられるのか。
昇格組も、なかなか勝ち点積み上げられそうにないし。

一見、明暗が分かれつつあるリーグのように見えますが、まだ2試合が終わったところ。
去年の今ごろ横浜も、勝てなくて苦しんでいましたが、結局4位ですからまだまだです。

まあ、最後まで混迷していた鹿さんと、そのままバイバイした・・・。
とりあえず、勝ち点3もらわんと。


【結果】

今節は4つ。引き分けが多かったな。

仙台vs木白 1 →1 ○ 仙台の勝ちは意外でしたが、番号間違えてた。

横浜vs磐田 1 →1 ○ いつまで勝つ気なんだろう。逆の反動あったりして。

鳥栖vs川崎 1 →1 ○ 凄いバカ試合だったみたいなので、あとでゆっくり見ます。

大分vs浦和 2 →0 × ほんとうに、しょうもない失点でした。

大宮vs新潟 1 →0 × 新潟、よく追いついたね。でも次節は頑張らないで。

大阪vs調布 2 →1 × 瓦斯には不運な判定だったと思うけど、まあいい気味だ。

湘南vs清水 1 →0 × ある意味、ピクシーより心配なゴトビさん。

甲府vs豊田 2 →2 ○ 最後のワンプレーまで完璧だったのにね、GKの子。

広島vs鹿島 2 →0 × 一つのミスも許されない緊迫した好ゲームに眠気が。

【TV観戦記】J1第2節 川崎1-1大分 雑感

Jリーグ
03 /15 2013
3月9日(土) 2013 J1リーグ戦 第2節
川崎F 1 - 1 大分 (15:04/国立/21,657人)
得点者:28' 安川有(大分)、53' 大久保嘉人(川崎F)


昇格の立役者、デカモリシは何で出てないん?
つうか、高松、森島、小松という品揃えはどうなんだろう(似てないか

高松というのは不思議な選手で、うちも散々痛い目に遭っていますが、
瓦斯さんに移っても、何にもできずに大分に戻った彼が、
大分のサッカーの中では、不思議と輝くような気がします。

難しいことはせず、なんとなくゴール前に放り込んでおけば、
何度かは競り勝ち、その周囲で必ず何かが起きる。
4発のシュートブロックの末、安川が止めを刺した大分の先制点は、
まさにそんなシーンでした。

怪我が多いのは、とても残念なんですが。
今の名古屋が最も必要とする人材かもね。

スピードはそこそこあるFWの西も、一人で何かできるわけではないですが、
高松の周りをうろちょろすることで、活路を見出すのかな。

多少の偶発性に依存することになっても、
しっかりとしたDFを構築して、辛抱強くボールを跳ね返していれば、
拾える勝ち点というのは、そこそこあるのかも知れないな。

川崎の3トップを、3バック+1ボランチの宮沢で潰して、
両サイドは完全にマッチアップし、2シャドウが稲本・憲剛に圧力かける。
ただ、前から追えば剥がされるので、しっかりリトリートしてスペース潰す。

川崎相手には、結構嵌っていたような気もしますね、大分の3-3-2-2.。
前半だけでしたが。

浦和とだと、木村・丸谷で、どう啓太・槙野・森脇に対応するかかな。
そこに2トップのが加勢すれば、阿部と永田が動き出すでしょうし。
なかなか面白い駆け引きが見られそうです。

50分過ぎに川崎の攻勢となった際、ゲームを落ち着かせることができず、
バタバタしてるうちにゴール前で大久保にボール収められ、あえなく失点。

そこら辺から、足の止まり始めた大分の戻りが遅くなったことで、
中盤がスカスカとなったところを、川崎が蹂躙、大分はサンドバック状態。

しかし、川崎もフィニッシュにたどり着けない。

フィンケサッカーに心躍らせた者としては、
風間理論にwktkする川崎周辺の方々の気持ちもわかりますが、
(まあ、浮かれているのはライターの方で、サポは意外と冷めてますが、)
結果を残せるサッカーかどうかは未知数なわけで。

バルサが凄いのは、結局フィニッシャーにも化け物がいるからですし。
筑波大で、学生相手のサッカーではうまくいったのかも知れませんが、
Jの屈強なDF陣に囲まれながら、そんな上品なサッカーしていて、
ゴールをこじ開けられるとは思わないんですよね。

むしろ、後半、ミドルレンジのパスで、縦に速い攻撃始めてから、
川崎のチャンスが増えたように見えました。
そのやり方は、憲剛の真骨頂でもありますし。
それは、ミシャサッカーでも同じことが言えるんじゃないかな。

結局、一方的に攻めた川崎が勝ち点2を落としたゲーム、
決定力というのは、全世界共通の悩みなわけで。

【ACL】こんなところで負けるわけにはいかない

Jリーグ
03 /14 2013
僕らの愛するACLは、まだそれほどその価値を見出せていない方々からは、
罰ゲームと揶揄されることが多々あります。
確かに、ACLに出場すること自体で、極端にクラブが潤うようなことはないので、
資金力のないクラブにとって、その為の強化費や経費が簡単に出るわけもなく。

土壇場で、かなり積極的な駆け込み補強を断行した柏はともかく、
広島と仙台については、去年レベルの戦力を維持できたかどうかという状況。
とてもじゃないですが、アジアのタイトルを取る準備が出来ているとは思えない。
(まあ、浦和が悪いんですね、はいはい)

その準備の差が、そのまま成績に反映しているようで。


〈グループE〉 勝ち点 得失点差
FCソウル(KOR) 4 +4
ベガルタ仙台 2 ±0
ブリーラム・ユナイテッド(THA) 2 ±0
江蘇舜天(CHN) 1 -4

2013/02/26 19:00 仙台 1-1 ブリーラム/仙台
2013/03/12 20:40 江蘇 0-0 仙台/南京


〈グループF〉 勝ち点 得失点差
広州恒大(CHN) 4 +3
浦和レッズ 3 ±0
全北現代モータース(KOR) 2 ±0
ムアントン・ユナイテッド(THA) 1 -3

2013/02/26 21:00 広州 3-0 浦和/広州
2013/03/12 19:30 浦和 4-1 ムアントン/埼玉


〈グループG〉 勝ち点 得失点差
ブニョドコル(UZB) 4 +2
北京国安(CHN) 4 +1
浦項スティーラーズ(KOR) 2 ±0
サンフレッチェ広島 0 -3

2013/02/27 19:00 広島 0-2 ブニョドコル/広島
2013/03/13 20:30 北京 2-1 広島/北京


〈グループH〉 勝ち点 得失点差
柏レイソル 6 +3
水原ブルーウィング(KOR) 2 ±0
セントラルコースト・マリナーズ(AUS) 1 -2
貴州人和(CHN) 1 -1

2013/02/27 20:30貴州 0-1 柏/貴陽
2013/03/13 19:00柏 3-1 セントラル/柏


柏は、さして出来上がっているようには見えませんが、
むしろ、不十分な状況でしっかり結果を積み上げている点からすると、
相当、地力のあるチームと思われますねえ。
グループリーグに関しては、そんなに心配はなさそうです。

広島・仙台は早速怪我人だらけ。100%の状況で戦えていない。
まあ、、そんなの不運というよりは準備不足で自業自得なんですが。
もう、無理そうな雰囲気が漂ってる王者広島に比べれば、
仙台はまだまだこれから、どこまで粘れるかにかかります。

浦和もまったく予断を許さない状況ではありますが、
レギュラーに怪我人はなく、ターンオーバーもソフトランディング。
連携も高まってきており、死角はだいぶ消せてきてるかな、と。
次の全北2連戦で、勝ち点4以上積み上げられれば、
決勝トーナメント進出は見えてくるんじゃあないかな、と思います。
勝負どころは、4/9アウェイ全北戦になるんじゃないかな。

結局、ホームをいかに取りこぼさずにいけるかだと思うんです。
2007年もホーム2勝アウェイ3分けで、最終戦ドローでOKでしたし、
あのとき勝ち点10でTOPでしたから、2桁行けば安全圏かな。

いずれにせよ、不十分な戦力でも、運がよければ優勝できるJリーグ。
ACLの準備ができないチームが実際に存在し、
残留争いを恐れて、リーグ戦にプライオリティを置くのは当然の流れ。

協会として、Jとして、アジアのタイトルを取りたいのであれば、
そこに、うまい汁を用意しないことには、何も変わらないのでは。
一方で、自信のないクラブの出場辞退を受け入れてみたり、
グループリーグ敗退チームの翌年の出場権を剥奪してみたり、
このタイトルに真剣に望まざるを得ない状況を作り出すのも一案かと。

もう、毎年のように出場はするけど、やる気のかけらも見せることなく、
力が足りなかっただの、来年この経験を生かすだの、聞きたくないわ、もう。
それで、ちょろっと途中参加でナビスコ掻っ攫うとかね。

鹿とかのように。

別に応援はしちょりませんが、柏さんも、仙台さんも、広島さんも、
こんなところで負けるわけにはいかんよな。雁首揃えて上行こうぜ、上。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito