【TV観戦記】親善試合 日本代表2-2ベネズエラ代表

日本代表
09 /09 2014
横国に64,000人?その人気、理解できません。

____大迫____
柿谷______本田
__柴崎__細貝__
____森重____
長友______高徳
__吉田__水本__
____川島____

武藤の鮮やかなドリブルからの左足で先制。
水本の鮮やかなタックルでPK取られて同点。
柴崎の鮮やかな右足ボレーで勝ち越し。
川島の鮮やかなハンブルで同点。

以上(なんちゅう貧相なボキャブラリー

札幌よりも、攻撃は様になって来たんじゃないですかね。
攻めているときは、森重下がってSB上がって3-4-3。
守るときには、4-1-4-1でブロック作ってました。

森重のアンカーとしての役割がよくわかりません。
ピルロみたいなかじ取り役なら扇原でしょうし、
潰し屋だったら文句なく萌ちゃん。
長谷部がいたら、彼がここでバランサーになっていたんでしょうが、
森重自身、どういう役割に徹するべきなのか、わかっていない模様。

瓦斯さんも米本は真ん中ではないし、
真ん中には、やはりクレバーさが求められているのかなあ。

守備がとにかく危なっかしくていけません。
後ろの方で判断遅れて、変な取られ方して大ピンチ、の連続。
ザックの時より、攻めが整備されていない分、さらに守りが弱体化。
寄せきれず、思いきり蹴られて、シュートの嵐。
まあ、大量失点しなくてよかった(してもよかったですが

一方、先日のウルグアイに引き続き、今日のベネズエラ、
真面目に真剣にプレイしてくれて、そこそこ強くて、いいマッチメイクでした。
やはり、ちゃんとした相手との試合は貴重です。ありがとうございました。

フィールドプレイヤー全部出すと言ってましたが、
扇原は手違い、松原は人間違いで、出場機会を失った模様です。
GKの2名は、半分居眠りしてました。

仕方ない話ですが、大事な試合が控えてたのに、ベンチ要員で呼ぶこたない。
少なくとも、こんなしょうもない試合を、ただ見ていただけなんて。
ナビ準々決勝進出した8クラブからの選手招集は凍結できなかったのか。
それによって、間違いなく試合結果は左右されましたから、
カップ戦を軽視しているのは、実は協会側なんじゃないの、と思う。
カップ戦の価値を貶めないためにはどうしたらいいか、真剣に考えて欲しい。

また、この時期に無理矢理海外から選手を呼び寄せる必要はあるのか。
アジアカップぐらい、国内組で戦ったっていいのではないのか。
海外組は、アジアの連中と戦うより、しっかりコンディション整えて、
欧州で世界の頂点の連中との真剣勝負に集中してればいいのではないか。

コンフェデの出場権は絶対ではありません。本大会成功のパスポートでもない。
国内組で構成した日本代表では、国内の有望な若手を積極的に抜擢できるし、
活躍すれば代表に手が届く状況は、必ずリーグを活性化させることになるし、
代表での露出は、必ず集客という形でフィードバックされてくる。

中指立てた人を追っかけまわす、風紀委員のようなお仕事ではなく、
そういうストーリーを描くのが、戦略なんじゃないですかね、本郷三丁目のみなさん。

あんたたちさえしっかりしてたら、1シーズン制維持できたんだよ。
その責任を、真面目に感じて欲しいわ。
スポンサーサイト

【TV観戦記】親善試合 日本代表0-2ウルグアイ代表

日本代表
09 /06 2014
アギーレさん初陣は札幌ドーム。
美味しいもん食って、帰って来てください。

先発 4-3-3

____皆川____
岡崎______本田
__田中__細貝__
____森重____
長友_____酒井宏
__坂井__吉田__
____川島____

こうやって見ると、美しい陣形ですね、4-3-3って。
直輝たちの4-3-3も楽しかったけどなあ。
森重が落ちればサイドが上がって、スムーズに3-4-3。
用途の広そうなシステムだと思います。

プレスバックという点では、そこそこできていたと思います。
ただ、本田がえらく深いとこまで下がって守備してたので、
とてもじゃないけど、点は取れそうにないなあ、と。

萌がアンカーより1枚上だったという点から、
この試合、格上ウルグアイ相手にどれだけ守れるのか、
というのが、第1回定期テストの問題だったのだろうと思います。

そういう意味では、坂井のトラップミス、酒井宏の判断ミスで、
しょうもない2失点は与えましたが、組織的にはできていたような。

ただ、ダイレクトプレイという点では、まだ時間が足りなすぎるのか。
ターンオーバーからのファ^ストプレイがいかんせん遅く、
ウルグアイの早い帰陣で、手の打ちようがありませんでした。

特に両翼の岡崎、本田も守備に奔走してましたから、
即座に前線の当てると言っても皆川だけではいかんともしがたく、
中盤の3人からボールを展開する前に潰されていたイメージ。

皆川の惜しいヘッドもありましたが、ほぼノーチャンスでした。

途中 4-2-2

__岡崎__本田__
柿谷______武藤
__森重__細貝__
長友_____酒井宏
__坂井__吉田__
____川島____

本田を前に押し出す4-4-2への移行、
最後面白い動きをしていた森岡は、ボランチにいたのかなあ(ビデオ見ろ

正直、チームとしての連動性は見るべきものがありませんでしたが、
皆川のCFとしての性能は合格点でしょうし、
萌とTJのインサイドハーフも、それぞれの持ち味は出ていました。
武藤の怖いもの知らずのプレイで、短い時間のなかポストにぶつけたり、
妙に貫禄のある柿谷が頼もしく見えたりと、新顔はまずまず。

むしろ、本田、岡崎、長友の常連組が元気がなかったように見えました。
従来のサッカーとの違いに、戸惑いが大きかったのかもしれません。

まあ、極めて妥当な0-2の敗戦。
ちゃんとしたチームで、ちゃんとしたサッカーを見せてくれた、
ウルグアイ代表には、本当に感謝です。また、胸貸してください。

しかし、借りたはいいけど、みんな胸板厚過ぎ。


やはりアギーレのサッカーは、多彩な陣形で相手に対応する、
守備を重視したリアクションサッカーに見えました。
これは攻撃主体、ポゼッション志向で、自分のスタイルを貫く、
ザックのサッカーとは対極にあるもののような気がします。

継続性と簡単に言いますが、
日本はまだまだ自分のスタイルなど、いまだ見出せぬ段階にあり、
ブラジル大会では、自分のやりたいことを貫く実力などないと痛感し、
まず、しっかり守ってカウンターでは、岡田ジャパンに逆戻りかも知れないが、
それでも、今の日本に必要な変化ではないかなと思います。

ザックのサッカーも、アギーレのサッカーもできるようになって、
初めて、日本のスタイルを模索できるような気がします。

コンフェデの出場権がかかるアジアカップが、すぐやってきます。
なかなか思い切ったメジャーチェンジに踏み切りにくいアジアの現状で、
すぐに結果も求められるアギーレの仕事は、生易しいものではありませんが、
なんとか、クリアしてほしいと思います。

そのためにも、JFAとJリーグは、
強化のための日程とはどうあるべきなのか、本当に真剣に考えて欲しい。
スポンサーや広告代理店に踊らされた、ただ試合を詰め込むのではなく、
彼らを、堂々とコパアメリカに送り込むぐらいの、
彼らを、思う存分ACLで力を発揮できるぐらいの、
そういうプログラムを、作り出して欲しいと思います。

疲れ切ってしまっては、何も手にすることはできませんよ。

ザックジャパン雑感

日本代表
06 /26 2014
まあ、頭に浮かんだことをメモ代わりに。

最後までちぐはぐな印象だったのはボランチ。南アフリカではアンカーに
阿部ちゃんがいたけど、攻撃特性の高い遠藤・長谷部のみで並べると、
どうしても長谷部の方が守備的なタスクを背負わされることに。

萌がそこに定着出来なかったのが悪いのだが、ブラジルならグスタボとか
の担う役割に、最後の最後で蛍が定着したのもそのせいで、でも、世界相手
のときはここのフィルターの弱さが命取りになってまう。

パラグアイ戦を繰り返したくないから、アンカー部分をトップ下に移動して、
攻め手を1枚増やした筈なのに、今大会も結局は再び腰が引けてしまい、
布陣のみ前体重の分だけ失点繰り返しちゃった印象あり。

で、あれば、いっそ蛍アンカーで、インサイドハーフ2枚に長谷部、香川、
両翼に岡崎、柿谷、1トップ本田みたいな4-1-2-3の方が、
今のタレントにはフィットしてなかったかな。香川の守備力はあれとして。

一方、今野の後に、岩波、牟田、植田あたりの、3大会ぐらい使えそうな
大型DF育てて、今はだめだめでも育てて、麻也と組ませる。
柏の鈴木やうちの水輝らロンドン組でもいいし(除くやまむー)。
アジリティにこだわり過ぎる必要もないのでは。

そこを新代表スタート時点の軸に、どんどんブレイクしてきた若手を組み込んで
いけば、新旧交代も一気に進むのでは。宇佐美、元気、齋藤らだけでなく、
中島・矢島らリオ世代も出てくれば。来ないか。

本当は豊田・ハーフナー系(桜の杉本みたいなの)が出てくれば、
バリエーションは増えるんだけど、戦えるのが地上戦闘員のみならば
それも已む無し。峻希や川崎の谷口なんかだって全然ありでしょ。

一方、宮市とか大津とか乾とか、あっちで試合出られてるのかね。
海外で年間1~2ゴールなら、Jで20~30ゴール狙って暴れてくれた方が、
将来の展望は開けると思うぞ(森本・大黒あたりを眺めながら

ザックの後が誰かは予想つかないけど、メキシコとかチリのテイストって、
イタリアよりよっぽど日本向きだと思うから、浮上してる候補の方々には
期待してる。ビエルサとかも偏ってそうでいいんだけどな。

日本代表監督に名乗りを上げてくれる方がいるというのはやはり嬉しい。
コンフェデやW杯だけでなく、アジアでの試合や親善試合も見てくれて
るんだと思う。どんな試合でも結果残すのは大切。

気楽にやれば、オランダと引き分けたり、フランスやベルギーを撃破したり
も出来たのだから、真剣勝負で渡り合えるようになるまでもう少し。
そして、今の日本、成長継続性なら世界のトップレベルなんでしょう。

たとえW杯が終わろうと、日本の快進撃は続いてるんだと思います。

【TV観戦記】2014W杯GL 日本代表1-4コロンビア代表

日本代表
06 /25 2014
まあ、とりあえずはお疲れさんでした。
コロンビアは世界ランキング通り、一枚も二枚も上手でした。

得点
17分 クアドラード(PK) 45分 岡崎 55分・82分 マルティネス
90分 ロドリゲス

コロンビア 

____ラモス_____
マルティネス_キンテーロ_クアドラード
__メヒア__グアリン___
アルメロ_______アリアス
__バランタ__バルデス_
____オスピナ_____

HT キンテーロ→ロドリゲス
HT クアドラード→カルボネロ
85分 オスピナ→モンドラゴン

日本 予想スタメン

____大久保____
香川__本田__岡崎
__青山__長谷部_
長友______内田
__吉田__今野__
____川島____

62分 青山→山口
69分 岡崎→柿谷
85分 香川→清武


吹っ切れたと言うのか、やけくそと言うのかは難しいところですが、
いい意味でも悪い意味でも、やっと日本らしさの垣間見えた試合でした。
どうせ敗退するのであれば、最初からこの調子でお願いしたかったところ。

ただ、昨年のコンフェデで突きつけられた課題に関しては、
最後まで答えが見つからなかったというのが、正直なところでしょう。
前掛かりになれば、攻撃力が上乗せされるのは当たり前で、
前で奪ってショートカウンター、を可能にする運動量が確保できるのであれば、
どこの国だって、同じ方法を採用しているはずです。

アジアの中ではバランスが取れていた日本の基本スタイルも、
世界の強豪相手では、どうしても守備にウエイトを割かれることになり、
それを無視して攻撃力を維持しようとすれば、守備の崩壊は避けられない。
結局、博打に頼らなければならないのが、日本の「自分たちのサッカー」です。

ましてや、ゲームメーカーの遠藤の衰えが顕著となり、
本田と香川は出場機会を失って、トップフォームを維持できなかった。
1分け2敗の勝ち点1、妥当な結果だったと思います。

ここまでのプロセスが間違っていたとは思いませんが、
W杯でベスト16に進出するためには、まだ奇策と幸運が必要なレベル。
世界レベルの中盤を手に入れつつあるのであれば、次はFWとDF。

一人で決めきったり、ゴール前で確実に枠に収められるFWや、
1対1、いや1対2でも、ピンチをなんとか凌げる屈強なDFを、
今後、どうやって育てていくか、という点なんじゃないですかね。

個人的には、オシムの「日本化」以来、そこから目を背けてる感じがあり、
有能な中盤が10人いさえすれば、いや、そうしたスタイルだけが、
日本が世界を驚かせる唯一の道だと思われてそうな印象があります。

それもひとつの考えでしょうが、それであれば、そのピッチ上の10人に、
世界に通じる決定力や、世界に通じる守備力を装備する必要があるはずです。

できんのかいな、そんなこと。

でも、ネガティブになることはないわけで。

商売目線のFIFAが、アジア枠減らしてアジアマネーに背を向ける筈もなく、
今のアジアレベルであれば、日本はまたこの舞台に帰ってくることはできる。
5大会連続出場しているような国は、本当に限られた、恵まれた国です。

それなら、次も実験の場にしてしまえばいいじゃないですか。
所詮、4年に1度のお祭りの場なんだし。

日本はまだまだ試行錯誤して、自分のスタイルを探せばいいし、
逆に、どんな監督のスタイルにも合わせられる柔軟性それ自体が、
日本固有のスタイルなのかも知れません。

マッチメイク、海外組・国内組のブレンド、コンディション調整、日程調整、
いろいろなファクターに関し、最適解を探し続ければいいんじゃないですか?

経済や政治や民族に関わる問題など気にせずに、純粋にサッカーに向き合える、
自国のリーグや若年層の育成組織から、次々に人材も送り込まれる、
夢のような国なんですから、日本という国は。

【展望】2014W杯GL 日本代表vsコロンビア代表

日本代表
06 /22 2014
状況確認。

1位 コロンビア 勝ち点6 得失点差+4
2位 コートジボアール 勝ち点3 得失点差0
3位 日本 勝ち点1 得失点差-1
4位 ギリシャ 勝ち点1 得失点差-3

日本は第3戦勝つことがまず必要。
その上で、コートジボアールが引き分け以下で得失点差勝負。
コロンビアに2点差つけて勝つことができれば、望みはつながります。

でも、できんのかね、そんなこと。
こういう余計な計算が必要なシチュエーションを得意とするほど、
我が国のサッカーの引き出しは、多くないと思います。

最終戦にブラジル戦を残していた8年前に比べれば、 
はるかに恵まれている状況ではありますが、望みはまだ限りなく薄い。
ただし、腰の引けた戦い方で、醜態を晒したこの2戦に比べれば、
点取るしかない、勝つしかないというのは、ポジティブな状況かと。

コロンビア 予想スタメン

____ゲティエレス_____
イバルボ_ロドリゲス_クアドラード
__サンチェス__アギラール___
アルメロ________スニガ_
__ジェペス__サパタ____
_____オスピナ_____

日本 予想スタメン

____大迫____
香川__本田__岡崎
__遠藤__長谷部_
長友______内田
__吉田__森重__
____西川____


周作の鬼フィードが見たいです。
僕には、川島は上等なギシにしか見えないものですから。
少なくとも、攻撃の起点になっているとは、とても。

攻めるなら、遠藤を頭から使えばいいんじゃないですかね。
遠藤を後半に使うようになってから、前半が消極的になった気がします。
後半だけ本気出して、ゴールが奪えるような甘い大会ではありません。

コロンビアは右からの攻撃が強いので、また香川が外れるかもしれません。
でも、あえてその強い攻撃を受けるのではなく、押し込んでしまわないと、
結局は、この2戦とまったく変わらない戦いになると思います。

世界を驚かすんじゃなかったの?
結果に拘って、相手を恐れて、何ができるというのでしょうか。

もう、大して期待されてないんですから、
やりたいことやって、帰ってくればいいと思います。

4年前のパラグアイ戦を、同じように繰り返すだけの今大会。
4年前以上の悔いを残すのだけは、避けたいところです。