【展望】ACL ホームWSW戦 さあGL突破

展望
04 /24 2017
決めちゃいましょうね。


前回対戦時のWSW

____49____
07__10__楠神
__15__08__
03______12
__05__17__
____20____

その直前のシドニーダービーでのWSW

____11____
16__06__10
__24__15__
03______12
__22__18__
____20____


前回の対戦では、4-0と快勝した相手ですが、
あの時のWSWはシドニーダービーでの激戦直後で、
前線の4人のうちの3人、ボランチ1人、CB2人と、
ホームでありながら、主要メンバーを休ませざるを得ない、
ヘロヘロの状態で臨んだ試合ではありました。

特に1トップの11番(ダービーでは決勝ゴール)と、
トップ下の6番はキープレイヤーだと思っていましたが。

とはいえ、それぐらいの連戦もこなせないぐらいひ弱なのか、
ACLにはあまり望みを抱いていないチーム力なのか、
良く知りませんが。

あのソウルと、星を分けているレベルですし、
今度は、長旅するのはあちらさんになるわけですから、
過度に恐れることはないんじゃないかとは思いますが。

基本はスライドの緩い4バックで、前からも来ないし、
ロングボールでフィジカル勝負しかけてくるわけでもないので、
浦和にとって比較的やり易い相手であることには違いないです。

むしろ、GL突破の望みはほぼないわけですから、
主力が揃って来日するような気もしませんが。


浦和は上海をホームで下して勝ち点9。ドローでGL突破決定。
後は、グループHの首位を独走する江蘇を回避するために、
是が非でも1位確保を図るため、全力投球するかどうか。

まあ、2勝すれば文句ないわけですし、
今のWSW、ソウルであれば、そんなに力入れんでも大丈夫かも。
メンバー代えても、今の浦和はそれほど力は落ちませんし。

札幌戦のスタメン

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

これに割って入りそうなのは、ズラ、忠成、駒井、青木の4人。
次に控えるのが大宮戦だけに、どっちも力が抜けてしまいますが、
4人とも入れちゃってもいいような気がしますがね。

躓いたとしても、江蘇やっつけちゃえばいいんだし。
後半失速が続き、見えない疲労感が大きくなりつつあるだけに、
チームに刺激を与え続けることの方が、大事に思えますが。

それより、水曜、集まらないとね。
スポンサーサイト

【観戦記】Jリーグ 浦和3-2札幌 拍手に感じる緩み

観戦記
04 /23 2017
予想以上に手強かったですな、札幌は。
四方田さん、いい仕事してますな。

ゴール

20分 ラファ
34分 兵藤
40分 関根
74分 慎三(PK)
87分 福森

札幌

__都倉__菅___
田中______早坂
__兵藤__荒野__
____宮澤____
_福森_横山_ミンテ_
____ソンユン____

72分 田中→内村
79分 荒野→伸二
90分 早坂→上原

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______関根
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

75分 陽介→青木
82分 ウガ→駒井


前半は浦和の球回しに札幌がアジャストできないまま、
相手をつかまえられず、主導権をなかなか奪えませんでした。
基本的には5-4-1で森脇、槙野の上りをけん制してましたが、
浦和は構わず、縦パスをビシビシ入れて、真ん中から崩す。

札幌は、実際は、

______都倉______
_兵藤_宮澤__荒野__菅_
田中_福森_横山_ミンテ_早坂
______ソンユン______

な感じになってる時間が多く、パスミスも頻発して前に運べない。
後半、浦和のスピードに慣れた後は互角以上に渡り合っただけに、
前半、もう少し早く修正ができていれば、結果は変わってたかも。

CKの混戦から、ラファが蹴り込んで先制出来ましたので、
一方的な展開になるかと思いましたが、慎三が持ってなかった。
いくつかあった決定機をものにできすにいるうち、ゲームは難しく。

兵藤の飛び出しは微妙でしたが、ビデオ見たらオンサイドでした。
相変わらず、兵藤にはやられてしまいます。

しかしすぐに、ウガが個人技でチャンスメイク。
慎三にピンポイントで合わせ、GKはじいたところを関根がズドン。
上しかコース空いてなかったと思いますが、良く射抜きました。
まあ、偶然でしょうが。

後半に入ると、前に出た札幌に対して、浦和は防戦一方。
札幌のパスミスがぐっと減ったのに対し、浦和のミスが急増。
これで3試合続けての後半失速は、非常に不安が残るところ。
フィジカル面で落ちて来てるのかも知れんね。

カウンターからエリア内で慎三が蹴躓いてPK獲得。
札幌には気の毒な判定。ほぼ自爆と見えました。
この日は厚い負のオーラを纏った慎三にそのまま蹴らせてしまうも、
どうかとは思いましたが、無事決まって3点目。

札幌は伸二投入後、浦和PAすぐ外でFK、福森が決めて1点差。
しかし、浦和が何とか時間を使って、同点ゴールは許しませんでした。

慎三のPKがなければ、と思う方も多いとは思いますが、
サッカーとはそう単純なものではなくて、
1点差であれば、浦和の集中度ももう少し高かったでしょうし、
福森のFKが同じようにあったかどうかは定かではないですし。

都倉は確かに強さを見せましたが、結果は妥当だったと思います。
でも、札幌の見せた堂々としたサッカーは必ず結果を残すと思いますし、
きっと、J1残留を果たすだろうと感じるゲームではありました。


伸二投入時の大拍手、個人的にはどうかと思いました。
試合前にも、試合後にも自分は大きな拍手をしましたが、
試合中、投入された時間帯は、2点差とはいえ勝負は決していなかった。
あの拍手が、ピッチ上に緩んだ空気を漂わせたような気がしますし、
2失点目にもつながったんじゃないかと思っています。

埼スタはそういうことがよくわかってるスタジアムだったんだけどな。
浦和の好調さに、先にサポが緩んでしまえば、この先簡単に崩れますよ。
失速の予兆は、少しずつ見えて来てるんですけどね。

それでも、小さくまとまらず、3点取れたのは良かったと思います。
多少失点しても、相手を脅かし続ける方が、相手にとっても嫌なはず。
大宮相手にも、慎重になりすぎず、縦パス打ち込み続けて欲しいです。

【展望】Jリーグ ホーム札幌戦 手強そうですが

展望
04 /20 2017
おまえはもう死んでいる。

前節川崎戦の札幌

__都倉__内村__
田中______早坂
__兵藤__荒野__
____宮澤____
_福森_横山_ミンテ_
____ソンユン____

リーグ戦はアウェイ3敗ながら、ホームで2勝2分けと負けなし。
ルヴァンではアウェイ2戦2勝と好スタート切っているものの、
やはり、ホームでの強さが際立つのが札幌のここまでの戦いぶり。

攻撃時3-3-2-2、守備時5-3-2は甲府や吹田に似ている。
福森のロングフィードと宮澤のシュートパスを起点にして、
右の早坂、荒野、左の田中、兵藤を経由して、トップの都倉へ。

攻めの形は多彩ではないけど、迷いがないから動きに無駄もない。
そして、都倉のスペックが思いのほか高い。高さと強さだけでない。

一方、守っていても実に落ち着いていて、根拠のない自信に満ちている。
慌てないから、逆も取られないし、マーカーは相手を離さない。
川崎も、いつでも点が取れそうなのに、なかなか決定機が訪れない。

しかも、いるはずなのに見かけないのがちらほらいるし。
最近傷んだ深井、ジュリーニョ、内村だけでなく、
増川、菊地、稲本、石井、マセード、ヘイス、金園。
そんなに選手を欠いている悲壮感が全くなく、
昔からスタメンな顔してしれっと勝ち点伸ばしてるとか。

手強いですよ、札幌は。
みんなでかいし。


さて、浦和は基本的には味スタと同じ。右SHが変わるぐらいですか。
手強いとはいえ、5-3-2相手なら、甲府も仙台も叩いてるし、
周作も森脇もどうやらお目覚めのようなので、特段の不安はありません。

札幌、WSW、栗鼠、鹿との4連戦、力の入れどころが難しいですが、
調子のよさそうなのを、どんどん突っ込んで行って欲しいですね。
腰が心配だった慎三も、練習には戻っているようですし。

どうせ失速するんですから、走れるときは走らないと。

【TV観戦記】Jリーグ 東京0-1浦和 暑かったねえ

TV観戦記
04 /17 2017
どうしても、勝ってしまう。

ゴール

14分 慎三

瓦斯

__前田__阿部__
東_______永井
__梶山__橋本__
室屋______徳永
__丸山__森重__
____木木____

63分 永井→中島
80分 阿部→ユインス
84分 徳永→太田

浦和

____ラファ____
__慎三__武藤__
ウガ______菊池
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

51分 菊池→関根
76分 ラファ→青木
80分 慎三→忠成

瓦斯は、大久保、ウタカがベンチ外で、太田もスタメン落ち。
何となく、見慣れたメンバーの442。

浦和は駒井がおらず、関根も怪我明けのため、菊池が初スタメン。
上海戦お休みの慎三がシャドウ、ラファの1トップ。

気温は28度、上海との激戦から中4日。
最初からスタミナ勝負の様相。

先制シーンは、泥臭いボールの奪い合いから。

中盤でキャプテンが潰れ、航がこぼれたところをチョンと前に。
受けた陽介が倒れ込みながら、何とかかんとかラファに繋ぐと、
ラファがするすると前方に運び、狙いすまして慎三にスルーパス。
丸山背にして半身でボール受けると、間髪入れずに左足でつつき、
ゴール反対側の右下隅に、コロコロとボールが転がり込みました。

ラファのパスのうまさというのは、もう見慣れていますが、
見慣れていても圧巻だった慎三のボールの引き出し方。
密集地帯ではありましたが、縦関係を取ってゴールを許してしまった、
森重、丸山のCBコンビは、やはりこの日も脆弱ではありましたが。

但し、浦和のチャンスか、後は後半、
やはりラファの浮き球のパスを受けての、慎三の反転シュートぐらい。
時間を追うごとに、浦和の足が止まり始め、上海戦同様、後半は防戦一方。

この日の瓦斯の圧力は、かなり強烈だったと思います。

攻撃時は244のような陣形で、前からボールを追いながら、
上手くスタミナ配分しつつ、最後まで浦和を押し込み続けました。
それなりに、危機感を抱えて臨んだ試合だと思いますし、
補強組が外れ、しっかり準備をし、泥臭くボールを追い回していました。

ただ、逆に決定力は伴わない。

開始早々のビッグチャンスも、阿部が周作の正面に蹴り込み、
この日唯一の枠内シュートも、ゴールとはなりませんでした。
前半の梶山のドフリーのヘッド、ポストを叩いた橋本と東、
惜しいシーンはありましたが、浦和のバックラインは落ち着いたもの。

余裕のクリーンシート。

瓦斯は、まだまだ暗中模索を続けるんでしょうなあ。


浦和も、この2試合、決して満足できる内容ではありませんでしたが、
そういう時に、しっかりウノゼロに持って行くことが出来たのは大きい。
ミシャの目指す超攻撃的なサッカーも、毎度毎度うまくいくわけなく、
こういう試合の拾い方こそ、去年の浦和が身につけた勝負強さ。

早くも首位浮上ですよ。

瓦斯さんに構ってる暇はありませんのよ。

【展望】Jリーグ アウェイ瓦斯戦 俺たちの味スタ

展望
04 /13 2017
こっちは火曜も出勤でしたが、瓦斯さんは暇そうでええね。

前節札幌戦の瓦斯

____大久保____
中島__阿部___東
__橋本__田邉__
太田______室屋
__丸山__森重__
____木木____

絶好のスタートと思いきや、吹田では惨敗を喫し、
クラシコは圧勝したものの、鳥栖と札幌相手にまさかの足踏みと、
シーズン前は優勝候補の最右翼に上げられてた瓦斯さんが、
思うように勝ち点を伸ばせずにいる序盤戦。

毎年のように攻め駒コレクターとして話題を集めますが、
犬さん以上に毎年繰り返している感は否めません。
前田、東、中島、河野、阿部らを熟成させる間もなく、
大久保、ウタカ、永井と容赦なく新戦力に置き換えていく。
毎年毎年、土台作り。

人材難の左SBに、太田の復帰は的を得ていますが、
ヨーロッパ帰りは1年半勤務でコンディションは厳しいはず。
高萩がラストピースかと言えば、機能面では梶山に近く、
決して、米本の後継機種ではない。
GKから笑いの要素が取り払われたのは、まあいいとして、
代表とは名ばかりの脆弱なCBは今年も健在。

なんか、毎年もったいない。

みんな(今野抜けてから)性格は良さそうだし、サッカー巧いけど、
肝心なところでの勝負弱さには、親近感しかありません。

浦和の潮目が変わったのは、
闘莉王とロビーの存在だったのかな、と個人的には思ってますが、
チームに一本筋を通し、厳しい局面を支えることが出来る、
メンタルリーダーみたいなのが欠けてるんじゃないかなあと。

それは、今の浦和も同じことなんですがね。

いくら、代表すれすれのテクニシャン集めても強くはなれない。
ドゥンガのような存在こそが必要で、決して大久保には務まらない。
いい監督といいリーダー、ここにこそ金かけるべきだと思いますけど。


今の瓦斯のサッカーは、丁寧というか、弱気というか、
サイドとバックラインをボールがただ回るだけで、中には当てない。
だから、俺を信じられないのか、と大久保が荒ぶる。
田邉も散らすのうまいし、阿部もボールをしっかり収められますし、
ガンガン真ん中に入れてくれば、結構怖いと思うんですが。

昨年の篠田さんは、前から追っては、足が止まって崩壊するの繰り返し。
じっくり構えても、2CBと2DHに鞠さんや鹿さんほどの強度がなく、
栗鼠のように、3ラインフルスライドを根気よく続ける根性もない。
と言って、5バックでミラーゲームしかけるメソッドも持ってなく、
篠田さんの引き出しが思いのほか少ないのは周知の通り。

おまけに唯一の希望の星だったウタカが故障、大久保、東も微妙と、
まあ、アジジアジジとは思ってますけど、万全ではなさそうな状態。
勢いはありませんな。

浦和の予想スタメン

____慎三____
__武藤__忠成__
ウガ______駒井
__アベユ__陽介__
_槙野_遠藤_森脇_
____周作____

中4日なんだし、メンツ落とす理由もないでしょう。
日に日に、守備なんかどうでもよくなっている感はありますので、
大久保にカウンターの一発や二発は食らうかもしれませんが、
逆に、前半に必ず来る決定機をきっちり仕留めることが出来れば、
今年は畳みかけることが出来てきたので、大量点もありうる。

細かいことは気にしないで構わんでしょう、ワカチコワカチコ。

俺たちの味スタですし。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito