【観戦記】Jリーグ アウェイC大阪戦 次は流れの中から

未分類
07 /21 2018
・・・・・・・・・暑い。

動き回るのが日本サッカーかも知れませんが、
かなりの試合をこういう気候の中でやるなら、
動かないサッカーの研究も必要なのでは。

前節清水戦

__杉本__ドンヒョン_
清武______水沼
__オスマル__ホタル__
丸橋______松田
____ジンヒョン____

浦和も前半は動けなかったわけですので、
よそ様のことをとやかく言えませんけど、
清水がそこそこ動けていただけに、
C大阪の動けなさ加減は少し気になりました。

尹さんもプレス行けよと苛立ってましたので、
決して戦術的な省エネ策ではなさそうです。

前から行けてないので、ボールは奪えず
どうしても低いところから攻めを始めるので、
清水のブロックが待ち構えていますし、
スキルフルなスルーやフリックにも、
三人目が動いてないから相手へのプレゼント。

前線のツインタワーにはボールが届かない。

注目点はオスマルと清武。

オスマルはソウルで注目されてましたが、
実際対戦しても、さしたるインパクトはなく、
可もなく不可もなく、ボール散らすだけ、
という印象に変わりはありませんでした。

ソウザや山口を押しのけてのレギュラー、
というわけではないのかな。
ボランチの圧が下がったのが苦戦の一因。

清武は本来ロシアに行くべきタレントですが、
怪我からどこまで戻しているかが気になる点。
立田を舐めたのか、丸橋の花道作ったのか、
やけに中に右に流れていましたけど。
守備に大きな破たんは見られませんでしたが、
逆に中で渋滞して無駄な手数が増えてました。
2トップが大きいの揃えているわけですから、
もっと、サイドを崩してシンプルに上げて、
ピッチを大きく使うべきだったかなと。

左前のファーストチョイスは、
今のメンバーなら、トシだと思いますが。
ドンヒョンが杉本以上に空気だったので、
4-2-3-1で来るんじゃないですかね。


浦和の予想スタメン

(名古屋戦と同じ)

織部はそういう人だと。

C大阪が2トップだと、名古屋戦と同じですが、
4-2-3-1だとトップ下の清武を誰が見るか。
ボランチで見ると慎三と距離が空きますし、
トシ・水沼をSHで見ると5バック確定。

もしかすると4バックもあるのかなとも。
いずれにしても、また重たい試合になりそう。

セットプレイでゴール出来ていることで、
手をかけすぎず、迷わず攻め切れれば、
好循環していくような気がしますが。

たまには寿司食いたいです。
スポンサーサイト

【観戦記】Jリーグ 浦和3-1名古屋 CKで三連発

観戦記
07 /19 2018
赤道直下のような暑さが続く日本ですが、
W杯が終わったので、仕方なくリーグ再開。
現実を忘れさせてくれるというよりは、
現実に引き戻してくれる埼玉スタジアム。

贅沢は言いません。他に何もいりません。
勝ち点ください。

ゴール

40分 遠藤
45+1分 ガブ
70分 槙野
78分 遠藤

名古屋

__ジョー__ガブ__
児玉______玉田
__小林__アーリア__
和泉______宮原
__櫛引__新井__
____ランゲ____

76分 和泉→内田
80分 玉田→八反田
80分 児玉→寿人

浦和

____慎三____
マル______武藤
__陽介__青木__
ウガ______橋岡
_槙野_マウ_遠藤_
____周作____

59分 マル→荻原
68分 ウガ→アベユ
90+2分 慎三→森脇


名古屋はジョー、ガブシャブの2トップに、
玉田と児玉も高い位置取りで並び、
その後ろをSBが埋めて2-4-4気味。

ボールは支配するものの、ゴールには迫れず、
どこかで見たような無目的のポゼッション。
比較的余裕持って、チャンスを窺う浦和。

浦和はミシャ式のような可変3バック気味。
ただ、ストッパーの押し上げは慎重で、
5-4-1というのが正しい表記かと。

マルと慎三のいい連携が何度かありましたが、
暑さもあって、前への推進力は感じられず。

こういう時こそセットプレイ。
CKはいずれも左から、すべて頭でゲット。

まずはアーリア振り切って航が1発目。
至近距離から強烈な一発、GKノーチャンス。

前半最後に、バイタルを受けきれずに、
ガブシャブに叩き込まれたのは余分でしたが、
早く追いつかれたのは、結果的には幸いでした。

次は、航とマウがうまくブロックする後ろ、
ファーに回った槙野が遠目からミート。
元気も大喜び。

仕上げはまたもアーリア振り切った航が、
ニアですらして反対側のネットに突き刺しました。

監督が代わっただけで、アルウィンに続いての、
まさかのセットプレイ祭りでした。
こういう点の取り方ができると、夏場は助かる。
名古屋の守備の問題が多分にありますが、
三発ともあれだけフリーで叩けたのは、
スカウティングやキャンプでの練習の賜物でしょ。

一方、繋ぐだけに終わった名古屋のサッカーは、
かつて、浦和が通って来た道でもあります。
お金で買えないものがあるんでしょうなあ、
ってカード会社の方が。

地味に一番うれしかったのが、
浦和の運動量が最後まで落ちなかったこと。

これなら、戦える。

上の順位を望むより、早く勝ち点20加えて、
残留を確実にして欲しいと思いますが。

【展望】Jリーグ ホーム名古屋戦 点を取るには

展望
07 /16 2018
さて、夢のようなW杯期間は終わり、
厳しい現実に引き戻される水曜日。
暑いんで、まだ再開しなくてもいいのに。

5/20の柏戦(想像)

____ジョー____
児玉______ガブ
__玉田__和泉__
____ワシ____
秋山______畑尾
__宮原__櫛引__
____ランゲ____

ホーシャ行方不明でワシントンはクビ。
中断前は明らかに守備に課題を抱え、
ネット、中谷、丸山とわかりやすい補強。
守備の強度だけ見たら、似たり寄ったり。

元々、攻めに関しては迫力ありますが、
守備が破たんするにつれ、後ろ髪引かれて、
中途半端な戦術に陥ってしまって、
浮上のきっかけつかめずにいます。

浮上のきっかけを与えることに関しては、
Jの中でも定評のある浦和ですが、
今回はそんなに余裕のある状況でもなく、
勝ち点1でも積み上げたいのが本音。


天皇杯松本戦

____慎三____
__マル__武藤__
ウガ______橋岡
__青木__陽介__
_槙野_マウ_遠藤_
____周作____

4バックで行くのか、3バックで行くのか。
感触がまだましな3バックで降格圏抜けて、
余裕が出来たら来年見据えて4バックに。
とにかく、今は守り倒す。

そんな感じなんでしょうか。

暑いので運動量は落ちるでしょうし、
勇ましく攻めまくるのは得策じゃないですが、
勝ち点3取る力は、やはりゴール取れる力。
セットプレイにかけるには身長不足、
SHに深くまで抉る能力がない以上、
慎三に近寄った2シャドウに期待です。

どこで、リスクかけてスイッチ入れられるか。
怯えながら見守ろうかと思いますが。

【想像】天皇杯3回戦 松本1-2浦和 答えはまだ見えないかな

浦和レッズ
07 /14 2018
抜粋しか見てないもんですから。

ゴール

10分 永井
42分 マウ
85分 マウ

松本

____永井____
__セルジ__前田直_
下川______田中
__藤田__パウ__
_浦田_橋内_當間_
____守田____

74分 永井→高崎
89分 前田直→中美
89分 藤田→岡本

浦和

____慎三____
__マル__武藤__
ウガ______橋岡
__青木__陽介__
_槙野_マウ_遠藤_
____周作____

67分 マル→アベユ
75分 ウガ→荻原
89分 武藤→柴戸

松本はリーグ戦重視のターンオーバー。
守備的に甘えてカウンター狙いであれば、
十分なメンバーではあると思いますが。

前半、さっそく反町さんの狙いは奏功し、
下川に抉られ、航が対応しきれずに、
永井にフィニッシュされてしまい松本先制。

全国50万人のウィアーの頭には、
当然、かつてのアルウィンの悲劇が、
頭をかすめる展開となってしましましたが、

セットプレイの流れから、マウが二発決めて、
渋く勝ち切ってしまう、鹿っぽい勝利。

まあ、カップ戦は結果重視で。
マウも甲府戦の汚名挽回出来て良かった。

浦和は4バックをどうしてもこなし切れず、
磐田との練習試合で感触がよかったのか、
織部版守備的3-4-2-1で、シーズン再開。

リーグ戦から4バックに戻すとも考えられず、
かと言って3バックでも攻めは未だ重いまま、
ナバや直輝やズラも戻らず、苦しい後半戦へ。

まだ、答えは見つかっていないようですが、
後はフィジカルをどこまで上げてきているか。
走れれば、戦えますし。

アベユや柴戸の投入の仕方に、
試合中の局面を変えられる織部の手腕に、
いささか寄りかかった形で勝ち点を積み上げる。

降格ラインから早く離脱して、
広島以外は混戦の中、瓦斯、川崎に肉薄できるのか、
7月中には見えてくるのかも知れませんなあ。

【展望】天皇杯3回戦 松本山雅戦 3バック希望

展望
07 /07 2018
天皇杯のアルウィン、忘れたくても思い出せない。

前節J2リーグ新潟戦のガー

____ヒロクン____
_前田直__前田大_
石原______岩上
__藤田__パウ__
_浦田_岩間_飯田_
____守田____

反町さんらしい堅い守りには相変わらず。
まえだまえだの2シャドウに高崎の1トップ。
岩上のセットプレイ、パウリーニョの強さ。
開幕で躓いたものの、22節終わって首位。

調子は悪くなさそうです。

あとは、松本にとっての天皇杯の位置付け。
ここからも夏の盛りに厳しい連戦。
メンバーは落としてくるような気がします。
まずは自動昇格圏を確保し続けることが優先。

ただ、その方が無欲で来られるので逆に怖い。

さて、清水キャンプを終えた浦和。

磐田とのTM 4-2-3-1

____慎三____
忠成__陽介__武藤
__青木__アベユ__
ウガ______菊大
__マウ__岩波__
____周作____

清水とのTM 3-4-2-1

____慎三____
__マル__武藤__
ウガ______橋岡
__青木__陽介__
_マウ_アベユ_岩波_
____周作____

オリベイラの引き出しの数にもよりますが、
3バックの方が、浦和にはなじみやすいような。

清水戦で傷んだ慎三と、帰国した槙野、航は、
無理させないような気がしますが、
リーグ再開はこの試合の1週間先なので、
現時点のベスメンをぶつけていくとは思いますが。

慎三の代わりは、やはりチュンですかね。
とりあえず、中断中に何してたか確認したい。

でも、スカパー解約しちゃったので、
確認できませんが。

あかひと

浦和レッズをこよなく愛する不良社会人
Twitterではukimaakahito